3歳から習い事を始めるメリットとは?

3歳習い事メリット,子ども,習い事,ランキング

たくさんの「楽しい!」が脳の成長を促す

脳の80%がほぼ完成するのは、0~3歳まで、遅くとも5歳までと言われています。

幼少期のうちから頭の良さや集中力につながる「脳」を成長させるためには、「楽しい」と感じる体験がとても大切です。

脳の成長が著しい3歳頃から子どもの好奇心を刺激し、子ども自身が楽しめる体験をたくさんさせてあげると良い影響が生まれます。

その一つとして、普段のお家での生活とは少し違った楽しみを体験させてあげられるような習い事を選ぶといいですね。

運動神経や手先の器用さ(巧緻性)が高められる

習い事を通して鍛えられるのが、主に運動神経と巧緻性(手先の器用さ)です。

幼少期の適切な運動経験が、後の運動神経のよさにつながったり、丈夫でバランスのとれた体を育むことにつながったりするので、運動系の習い事は生涯を通して身体的に良い影響を与えてくれるかもしれません。

また、子どもの頃から細かな作業をすることで手先が器用になるとも言われています。細かい作業をしたり、指を動かして遊んだりすると、脳の働きが活発になり、思考力や記憶力も鍛えられるので、芸術系の習い事もおすすめです。

できることが増えると自信につながり、積極的になれる

3歳頃になると、大人の言葉が理解でき、お友達との関わりが増える時期でもあります。

習い事を通して、指導してくれる先生の伝えたいことを理解し、他のお友達との触れ合いの中で、コミュニケーションの仕方や新しいことに集中して取り組む経験を得ることができます。

そしてその経験からできることが増えていき、「自分でできた!」という成功体験が自信につながり、今後の集団生活のなかでも積極的になれるという良い影響が生まれることが期待されます。

習い事の選び方|4つのポイント

習い事選びのポイント,子ども,習い事,ランキング

①子どもの好きなこと・やりたいことを選ぶ

まずは親のやらせたいことより、本人の好きなこと、やりたいことを優先して選んであげるといいでしょう。

子ども自身が興味関心を持ったことで、好奇心を伸ばしてあげられる習い事を選べば、初めての環境にも馴染みやすく、積極的に長く続けることができます。

②時間・曜日・月謝・送迎距離を確認する

習い事を選ぶ際には、時間・曜日・月謝・送迎距離なども重要です。

まず、時間・曜日、送迎距離、ドアtoドアの時間、雨の日には送迎方法に変化があるかなどの確認をしておきましょう。

習い事は、着いてからの時間以外に準備や移動時間も含めて予定を立てておくと、送迎するママやパパの負担も少なく、本人も無理なく通えますね。

月謝以外にかかる費用(道具、発表会など)がないかの確認も忘れずに!

③自宅での負担(親のフォローなど)の有無を確認する

習い事を始める前に、自宅での負担がどれくらい必要なのかを確認しておくことも大切です。

例えば、
・練習用の楽器や道具などを自宅で購入しておく必要があるのか
・自宅で親が一緒にフォローしなければならない宿題や練習があるのか
などです。

もしこれらが必要な場合、必要なものを購入する費用に無理がないか、親が自宅でフォローをしてあげられる時間を確保できるのか、といったことを事前に確認しておくといいですね。

④体験レッスンで①~③をチェック!

習い事の教室では、体験レッスンや見学ができるものがほとんどです。まずは気になっている習い事を体験してみましょう!

体験レッスンの際に、
・子どもも親も楽しく通えそうな内容か?
・先生と子どもたちの様子は?
・参加している親の雰囲気は?

などをチェックしてみてください。

①~③についても、体験や見学時に気になるところは先生にしっかりと確認しておけば安心ですよ。

3歳の習い事ランキング!

習い事ランキンググラフ,子ども,習い事,ランキング

コズレ会員のママパパに3歳で始めた習い事を大調査!ランキング形式にして発表します。

その習い事を始めた理由も聞いてみましたよ。

1位:スイミング

全身を使って行うスイミングは泳ぎの技術だけでなく、基礎的な体力や健康な体づくり、心身の発達にも良い影響を与えてくれるのでとても人気の習い事です。

3歳児向けの教室では、まずは水に慣れ、水の中で楽しんで過ごせるようになることを大切にしています。

大きなプールが初めてと言うお子さんや、水に怖さを感じているお子さんもいるので、おもちゃなどを使って遊びながら水に親しみ、慣れてきたらビート板やヘルパーを使ってバタ足をするなど泳ぎの基礎を学んでいきます。

先輩ママがスイミングを選んだ理由

avator ホットミルクティーさん
小さいうちから水に慣れてほしいと思ったので。

avator そのはさん
姉がスイミングを習っていて、そこのスイミングが3歳~入会できたため、姉と一緒に通わせたく入会させました。また潜ることもできなかったので、小学生になりプールの授業に慣れさたかった。

avator ありもさん
3歳から一人で参加するレッスンに通えるようになるから

avator ふぇいじょあさん
すでに保育園には通っていましたが、引っ込み思案だったのもあり、もっとたくさんのお友だちの中で世界を広げていって欲しいことと、健康的に運動できる機会をもって欲しいと思い習わせました。

avator なっぺ7756さん
体を動かす習い事をさせたくて、通わせました。ベビースイミングもやっていたので水の中は好きみたいで楽しく通っています。

2位:英会話

人間の耳は3~7歳頃に急速に発達すると言われていて、この時期に英会話を始めると、正しい英語の音が聞き分けられる「英語耳」を育てることができるとも言われています。

3歳児のレッスンでは、歌を歌ったり体を動かしながら、楽しく英語に親しみます。カラフルなイラストの教材やゲームを取り入れている教室もあり、3歳児の興味を引き出しながら、英語での挨拶やアルファベットなどの基礎を遊びながら学ぶことができます。

先輩ママが英会話を選んだ理由

avator Nininaさん
もともと家庭学習で英語をしていたので、連携して進められる英会話教室にはいりました。宿題も家の教材でするのでレッスン費用以外かからなかったのも魅力です。

avator kudakakoさん
英会話が出来ると後々良いこと尽くしなので、英会話は必ずさせたいと思っていました。耳が慣れると抵抗なく英会話が勉強出来るようになるかな?と、思い、3歳から始めました。

avator ka-nさん
同年代の子どもと一緒に英語をすることによって楽しみながら英語が好きになってくれたらなと思いはじめました。

avator megu_jolさん
英語は聞く耳が大切なので、どれか一つだけ3歳から習い事を考えていて、英語にしました。 とりあえず、結果はあまり求めず、習い事の雰囲気に慣れてもらって、英語が嫌いにならないように、楽しくできるものにしました。

3位:通信教育

通信教育は、自宅に教材が送られてきて、ワーク学習や体験教材を親子で一緒に取り組めます。大人数での習い事はまだ早いかな?という場合でも、自宅でできる通信教育なら自分のペースで進められるので安心です。

3歳児の発達段階に合わせたものになっているので、学習の基礎となる内容を幅広く身につけることができ、初めての習い事として人気です。

先輩ママが通信教育を選んだ理由

avator miokasuさん
しまじろうは3歳になってから始めました。本人が毎月届くお試しを楽しみにしていて、やりたいやりたいと言っていたのでやることに。

avator ぐっさん0810さん
保育園でのワーク活動がとても好きだったので、家でもできる物をと思いこどもチャレンジをはじめました。

avator K-0507-Rさん
ひらがななどの文字や、数字に興味を持ってもらいたくて。園に通いだすじきだったので、友だちとの関わりや、ルールが遊びを通してわかるように

avator ゆのmama8さん
どんなおもちゃを買ってあげればいいのかわからず、年齢にあったものでしかも知育玩具が毎月とどくので、こどもちゃれんじにしました。その後も、ひらがなやカタカナを自ら覚えようとしてくれたり、息子にとってはすごく合ったものでした。

avator Megumi0822 さん
ひらがななどを遊びながら学んで欲しかったため。

4位:ピアノ

ピアノを3歳頃から習い始めると、音感やリズム感を身につけることができるのはもちろん、弾くときに指先を使うので、知性・知能を伸ばす効果が期待できます。

その他にも左右の手が違う動きをする、楽譜を先読みして弾く、楽譜を暗記するなどから、脳の発達に良い影響を与えると言われています。

3歳ごろのピアノ教室では、ピアノだけでなく歌やダンスを取り入れているところもあり、楽しく音楽に親しめるので人気です。

先輩ママがピアノを選んだ理由

avator もん72さん
リズム感、音感をつけてほしかった。

avator じぇにーめいさん
音楽を好きになってほしいのと、将来、どこに行っても何か披露できるものがあるため。また、ピアノであれば、頭も良くなるだけではなく、指も器用になることをどこかで読んだので、メリットが多い習い事を思い、子どもの最初の習い事として選びました。

avator Megumi0822 さん
家に私の使っていたピアノがあったので初期投資をせずに始めれるし座って30分間レッスンを受けるのでピアノを習う以外にも集中することや先生の話を聞くことも学習できると思ったため。

avator なんちゅりんさん
ステキなピアニストに出会い、その人のピアノをたくさん聴いて自分も弾けるようになって音楽好きになってほしかったので。

avator いもぞうさん
リトミックや音楽に合わせて身体を動かす事が中心のレッスンで、子どもが楽しそうだったので始めた。

5位:サッカー

サッカーは、スポーツの習い事の中でもとても人気の習い事です。

基本的にボール一つあれば練習できるので、3歳頃からでも自宅でも練習しやすく、チームプレーなのでチームのお友達とのコミュニケーションの中で社会性も身につきます。

また、運動量の多いスポーツなので、楽しみながら幼児期から体力をつけることができます。

3歳頃は、試合形式ではなく、ボールを使った遊びや基礎的な体力をつけながらサッカーを楽しめる練習が中心となっています。

先輩ママがサッカーを選んだ理由

avator sohayaさん
子ども本人が習いたいと言ったので、規律も学べ、体力もつくので良いと思い習わせました。

avator あいたん1211さん
父がサッカー部で興味を持ったから

5位:体操

基礎的な体力や柔軟性を身につけられる体操も運動系の習い事の中で人気です。

将来的に運動を続けていく際にも、いろいろな種目に応用できるので、初めての習い事としては最適です。

3歳での内容は、手遊びやリズム遊び、ボールなどを使った運動など遊びの要素を取り入れている教室も多く、楽しみながら運動能力を高めていくことができます。

先輩ママが体操を選んだ理由

avator いところもちさん
身体を動かすことを好きにさせるため

avator こぶちゃん1さん
体力づくりのため

avator はやけんママさん
身体を動かすのが好きだから

親が子どもにさせたい習い事ランキング!

させたい習い事ランキンググラフ,子ども,習い事,ランキング

コズレ会員のママパパが「やらせてみたい!」と思っている習い事も聞いてみましたよ。

1位:スイミング

実際に三歳児でしている習い事のランキングでも1位だったスイミングですが、親も自分の子どもにやらせたいと思っている人が多いです。

全身を使って行うスイミングは泳ぎの技術だけでなく、基礎的な体力や健康な体づくり、心身の発達にも良い影響を与えてくれ、他の種目にも応用がきくためとても人気です。

親自身が泳げなくて困った経験や、健康で運動神経の良い子に育って欲しいという願いから、習わせたいという親が多いようです。

2位:英会話

国際化が進み、小学校からの英語学習も進んでいる昨今、就学前の早い段階から英語を身につけて欲しいと考えている親も増えてきました。

人間の耳は3~7歳頃に急速に発達すると言われているので、この時期に英会話を始めるのはその後の英語学習に良い影響を与えてくれます。

歌やダンス、ゲームなどを取り入れている教室もあるので、英会話を身につけるだけにとどまらず、総合的なコミュニケーション能力を身につけられるというメリットもあり、初めての習い事としては最適です。

3位:ピアノ

小さい頃から良質な音楽に触れ、感受性豊かな子に育って欲しいという願いから、ピアノを習わせたい親も多いです。

また、ピアノは、音感やリズム感を身につけることができるのはもちろん、弾くときに指先を使うので、知性・知能を伸ばす効果が期待でき、脳の発達に良い影響を与えると言われています。

心を豊かにする情操教育と知性を伸ばす知育的な要素を兼ね備えた人気の習い事ですね。

4位:習字

美しい字を書く技術が身につく習字は将来的にも社会人としてとても良い印象を与えるため、習わせたいという親が多い習い事の一つです。

3歳ごろは、鉛筆や筆を扱うための基礎になる「運筆」から習い、少しずつひらがなやカタカナを練習していきます。

きれいな字を書けるようになることだけでなく、正しい姿勢や、集中力が身につくなどのメリットもあります。

これらは他の場面でも子どもにとって良い影響を与えるので就学前に身につけさせたいと思う親も多いです。

5位:体操

基礎的な体力や柔軟性を身につけられる体操は、健康な身体を作り、身体を動かすことが好きな子になって欲しいという願いから習わせたいと考える親が多いです。

将来的に運動を続けていく際にも、いろいろな種目に応用できるので、初めての習い事としては最適です。

3歳では、まだ家で過ごすことも多いので、習い事で体操をすれば安全な環境で習慣的に身体を動かせるというメリットもあります。

習い事に関するお悩みランキング

習い事お悩みランキンググラフ,子ども,習い事,ランキング

最後に、実際に3歳で習い事をしている先輩ママパパから習い事に関するお悩みを聞いてみました。

1位:月謝が高い(月謝以外にお金が何かとかかる)

習い事に関するお悩みで一番多いのが、費用がかかるということです。

月謝以外にも道具やユニフォームなど、中には消耗品もあるので当初の予定よりも何かとお金がかかってしまうと言う場合もあります。

2位:送迎が手間

次に大変なのが毎回の送迎です。

子どもの習い事の送迎時間を考えて、親も予定を立てたり、教室が遠いと行き帰りにかなりの時間を取られたりしてしまう場合もあります。

これが毎週、毎月、となると意外と大変になってきます。

3位:教室が近所にない

習い事を続けるにあたって、通いやすさはとても大切です。

習い事が遠いと、子どもは通うだけで体力を使ってしまいますし、ママパパも送り迎えが大変ですよね。

やりたい習い事があっても、通学の負担が少なくなる年齢になるまで待つというママパパもいますよ。

4位:教室開催時間・曜日と都合が合わない

やってみたいと思う習い事があっても、曜日や時間が合わない場合もあります。

3歳ごろの子どもは、まだ決まった予定通りに毎日過ごすのも難しい場合もあるので、曜日や時間に、無理のない範囲で習い事を見つけるのは意外と大変かもしれません。

習い事は時間が取られる…それなら、通信教育もアリ!

通信教育のすすめ,子ども,習い事,ランキング

通信教育のメリットとは

通信教育(こどもちゃれんじ、Z会など)のメリットは、

・いつからでも始められる
・すきま時間に勉強ができる
・教材が充実している(子どもが勉強に興味がわくよう工夫がされている)
・費用が安い


などがあります。

年齢に合わせた偏りが無く楽しめる内容になっているので、何から始めればいいかわからないというお悩みも解決してくれます。

また、家にいながらちょっとした時間でできるので曜日などにとらわれることなく自分のペースで進められますよ。

まとめ

子どもの習い事は、脳や身体が著しく発達する3歳ごろから始めると将来的にもとても良い影響を与え、可能性を広げてくれると言われていますが、それぞれのお子さんの成長段階に合った時期に始めればOKです。

スポーツ系から芸術系、お家でできる通信教育など幅広いジャンルがあるので、お子さんが興味を持ったものを大切に、ママやパパにとっても無理なく楽しんで続けられる習い事を選んであげられるといいですね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。