Q.やってよかった「保活対策」のうち最もおすすめは?以下の質問についてもお答えください!

・具体的な対策方法
・お子さんの性別
・お子さんの月齢、年齢
・どのような点がやってよかったと思ったか
・いつからはじめて、いつまで行ったか

A.やってよかった「保活対策」は、「入りたい保育園に足を運んだ」が43%!

保活グラフ,保活,

コズレ会員のみなさんに「保活対策」についてアンケートを行った結果、

・1位:入りたい保育園に足を運んだ(43%)
・2位:自治体から情報提供を受けた(31%)
・3位:先輩ママから情報をもらった(12%)
・4位:職場復帰を早めた(6%)
・5位:仕事の調整をした(4%)

という結果になりました。 以下では、アンケート結果の中から先輩ママパパの口コミの一部をご紹介します。ぜひみなさんも「やってよかった!」と思える方法を見つけてくださいね。(n=124)

A.やってよかった「保活対策」は、入りたい保育園に足を運んだ!

匿名さん

私は里帰り出産のため、妊娠8ヶ月から9ヶ月の間に家から通える距離の認可保育園三ヶ所を見学に行きました。実際に家の周辺に住んでいる知り合いの方の口コミを集め、保育園に直接電話して見学をさせていただきました。

さよっぺさん

保活前は、認可保育園は市の基準があるとのイメージから、どこも同じだと思っていました。公立は見学していないのでわかりませんが、私立保育園は特色が様々でした。

持ち物が多い保育園がある一方で、お布団まで園で購入して管理してくれる。おむつなし育児で0歳から布おむつ1歳からパンツで過ごさせる保育園。などなど、自分の生活状況(洗濯物多くても大丈夫かなど)と照らし合わせて選ぶ事が必要かなと思いました。

匿名さん

現在妊娠10ヶ月ですが、保活を始めたのは妊娠7ヶ月頃からでした。私が住む地域は保育園の数が少なく待機児童も少なからずいるということを聞いていた為、何も知らないよりはと思い、実際に保育園に足を運びました。

実際に足を運ぶメリットとしては園の雰囲気、先生方の雰囲気を直接感じられる所だと思います。いいなと思っていても先生の態度が良くなかったと感じたり、自分の子育て方針とは合わないなと感じたり。

書面やサイトだけでは分からないことがたくさんありました。また妊娠中に保活を始めることをおすすめします。出産の時期にもよりますが出産から保育園の申請までに時間がないこともあります。

そういった中で前もって保育園の見学が出来ていると産後もスムーズに保活が出来ると思います。

匿名さん

生後半年で保活しはじめ、保育園の先生や働くママさんや市役所の人に相談し、保育園選びしました。家から職場に行く途中の場所にある保育園を選び、通勤前にスムーズに送って行けるので大変便利だと思いました。

匿名さん

実際入園してみないと思ったのと違うと思うこともあるかも知れないが、園の保育方針を重視した方がいいと思う。実際に足を運んで先生達や教室の雰囲気も把握しておくべき。子育て支援センターや園庭開放している所ならば参加することで先生達から話を聞くことも出来る。

saーchanさん

たまたま仕事が落ち着いていたのと、里帰り出産で戻ってくる頃には自治体での4月入所応募が始まってしまうということで、できる限り足を運んでみた。

園の広さや力を入れていること、案内してくださる園長先生又は主任の先生の様子から、どこに預けたいかというのを考えることができた。また、使用済みおむつの処理やお昼寝布団のシステム、キャラクターものの可否など、必ずしもHPに載っているものばかりではないので、そのような情報も収集できてよかった。

あと、預け始めが生後6ヶ月の頃になるので、ミルクに慣れられるようにする工夫なども教えてもらえてよかった。

匿名さん

もうすぐ妊娠6ヶ月です。出産後はすぐに仕事復帰しなければならないので、近所の保育園が0歳児を預けられるのかなどを聞くために、早めに保育園に足を運んで園長先生とお話ししました。

ものすごく歓迎してもらえて、保育園の先生方や他の園児の様子を見させてもらったり、保育園開放の日程を教えてもらったり夫婦2人で行くようにしていたら、他のPTAとも知り合いになれて、言うことなしでした。

産んでからだと忙しくてゆっくり足を運べないので、早めに保育園に出向いておいてよかったと思っています。

winchan28さん

まだ数件しか行っていませんが、外観だけでは分からないことがたくさん知れるので、時間があれば保育園見学にいくべきだと思います。先生達の雰囲気、園の子どもたちの雰囲気がそれぞれ全然違うなーと。

あと、教育方針や力を入れてることなども知れたのでイメージがつきやすくなりました。

匿名さん

・対策は、市役所と園での情報収集
・子どもは男児の予定
・2019年7月11日出産予定
・子どもが産まれたら保活しにくいと考え、妊娠中から保活を始めました。具体的には市役所での情報収集と、保育園の見学をしました。

total10件ほどの園を見学しましたが、実際に園長先生と話し、子ども達の様子を見ていると自分自身が預ける上で大切にしたいことが見えてきました。
また、出産前に行うことで、産後の生活を見通せて不安の軽減にも繋がる

・妊娠安定期に入ってから行動しました。

みーちゃん23さん

近くの保育所から通勤可能な保育所を視野を広げて、見学に行きました!

見学に行く前にホームページなどで教育方針など、どのようなことに力を入れているかなどを各園によって違うのでどういった子どもに育って欲しいか、親の思いと一致する園を探す為にも見学に行き、園の雰囲気や先生方は話しやすいかどうかを見てきました!

匿名さん

もともと保活の厳しい地域ではなく、正社員共働きだったため、条件的に恵まれていたとは思いますが、入りたい保育園の園庭開放によく行きました!そこで入園してからのこともいろいろ相談できたから安心して入園できました。

さゆママ★★さん

保育園探しは生後5ヶ月頃からはじめました。近所にある保育園をとりあえず2ヵ所ピックアップして、見学の予約をとり保育園見学をしました。保育園によって方針や園の雰囲気、給食の内容なども違うので、保育園見学は絶対に必要です。

223tさん

ホームページだけではわからない園の雰囲気が分かり、カリキュラムや、どの粉ミルクを使っているなどの細かいことを知れた。どんな風に子ども達が生活しているか、部屋の作りなど、自分の目で確認できるので見学はした方が良い。

匿名さん

一時母子家庭だったため、子どもに寄り添ってしっかり対応してくれる所をと考え人数が少なめの保育園を2~3程見学に行きました。先生方の園児達への接し方を自分の目で見極めことができたため、預けている時の安心感が違います。

匿名さん

私は事前に保育園のHPや家からの距離で候補を絞り、娘が8ヶ月過ぎたころくらいから、見学に行きました。清潔感や先生の言葉遣い、セキュリティを重視に思ったことや感じたことをメモしました。後々見返して第何希望の順位を付けるのに役に立ちました。

匿名さん

保育園選びで重要なのは、なんといっても家と保育園までの距離 だと思います。一日であれば遠くてもいけますが、仕事をこなしながら毎日のことになります。風邪をひいていようと、仕事でどんなに疲れていようと毎日です。

また子どもが2歳頃になるとイヤイヤ期も始まりすんなり保育園に行ったり、帰りに家に帰ったりしようとしません。何度も子どもを担いで帰りました。母親が毎日送迎しやすいか、パートナーがいってくれそうな距離かを事前にシュミレーションすることをおすすめします。

その上で直接保育園に足を運び、ご自身と合いそうな保育園を探してください。

ちびこ129さん

私の保活スタートは子育て支援ひろばでの保活講座でした。最初はこども園?保育園?認可?認定?それぞれの違いなどが良く分からず、また入園までの流れも分からず何をどう進めたら良いのか悩んでいました。

なので最初に専門の方のお話を聞き、自分に合った施設がどのようなところかを先に調べました。そこからは通勤順路や実家からの距離(お迎えを頼むかもなので)を考え、候補に上がったところを順に見学に行きました。

ひよこひめさん

まず、我が家の場合は認可と認可外とで保育料に大差がありませんでした。自宅から徒歩1分の距離に認可外の保育園があり、先輩ママから保育園を選ぶならまずは自宅からの距離を優先すべきとのアドバイスを受けていたので、どうしても近所の保育園に入れたかったです。

そのため、臨月の時に見学に行きました。その保育園は良心的で、必ず入園するのであれば予約することもできるとの事でした。申し込み用紙に記入し無事予約することができました。

妊娠中から子どもが入る保育園を予約でき、現在3ヶ月の男の子を育てていますが、将来入る保育園は既に決まっているので安心して育児に取り組めています。職場にも復帰予定日を正確に伝えることができているので、安心しています。

匿名さん

少し早いかなと思いましたが、妊娠中に見学に行きました。その分、ゆっくりと先生からのお話を聞くことができたり、実際に遊んだりお誕生会のイベントなどを見せていただけて、雰囲気や園の特徴がよくわかってよかったです。

匿名さん

子どもが生まれる前に、保育園をいくつか見学に行ったことで、保育園の雰囲気を知ることができた。また同地域の友人に入りやすい保育園などの情報を得て、あらかじめその保育園の希望を高くした。結果、その保育園に入ることができた。

ブチャアコさん

まだ生後2ヶ月なので成果はわかりませんが、産後すぐから保活を始めました。まず、産前、区役所に行って概要を保育園の入園状況について教えてもらったところ、私の住んでいる地域では0歳児でも認可保育園への入園が難しそうでした。

そのため、通園可能な認可外保育園をリストアップし産後すぐに見学の予約を始めました。園によっては見学人数にも制限があり先着順だったりするところもあったので、産前にリストアップ等の情報収集をしておいてよかったです。

今後、夏から秋にかけて説明会があり、冬には申し込みがあるので、逐一ホームページを確認し、出遅れないようにするのが大事なぁと思っています。

匿名さん

産休前に有給も使って休みに入れたので、体調にも気をつかいながら保育園の見学に行くことができた。お腹が大きいと保育園までいくにも時間がかかるので、距離など把握しやすかった。

行きたい優先度が高い順に保育園の見学をすることで、優先度が低い場所は産まれたあと余裕があれば行こうかなくらいに心にゆとりできました。

匿名さん

妊娠7ヶ月に入ってから探し始めました。なかなか希望日に見学できず、意外とスケジュール調整に時間もかかるし、9月末の出産のため、申し込み時期に産まれたばかりの赤ちゃんを連れて見学にまわるのは大変だと思い、今のうちにみていて正解だと思ってます。

さやか☆☆さん

希望する地域は、年度内入園を一括で募集。どこの保育園も入園手続きのスタートが1年前の10月の為、12月生まれの息子の場合はお腹の中にいながらの保活でした。

希望する園に足を運び、情報収集。生まれていたら体験保育に行くなどして顔を覚えてもらうことも大切みたいです。結局希望園からは不許可通知を受けとり更に市街へ引っ越した為、現在入園希望の園は保活なしで希望出します(笑)

ひよこちゃんさん

認可園は、希望の園に入れる可能性は低いですが、実際に足を運んで雰囲気を見たほうが、自分自身の中でも納得して優先順位をつけることが出来ました。また、第二子の保育園を考えるとき、すでに大多数の保育園の見学は済んでいるので、楽でした。

匿名さん

妊娠中から自分が行ける、又は希望の保育園にアポを取って見学に行った方がいいと思います。

産後よりは妊娠中からの方が覚えて頂けるし、復帰前に子どもを抱えて見学行ったりバタバタ焦って探したりするより話もゆっくり聞けていつ申し込みする方が入りやすいとかの情報も得られる。

バタバタ申し込みするよりは、自分に合いそうかな?とか考える時間も出来ると思う。妊娠中に1度行き、産後にも行くチャンスも出来るので妊娠中から保育園を選んでおくのはいいと思います。

mai0716さん

4月の入園を希望していて12月に申し込みの地域ですが、7月くらいから希望する可能性のある保育園を10箇所ほど見学にいきました。早めの時期だったこともあり、園の方も余裕をもって対応して頂き、質問もたくさんすることができました。

匿名さん

産前休暇に入る前から調べて予約し、休暇に入りすぐ動けるうちに近くの保育園や自治体の説明会にいった。0歳で預けたかったので、産後すぐの申し込みをするために自分の目で施設や職員の方達を見て回れた。計画的に早めに準備することができた。

A.やってよかった「保活対策」は、自治体から情報提供を受けた!

あーちゃん1234さん

出産前から市役所で情報を聞きに行った。周りのママなど、保育園の様子などを聞きながら、調べたりしました。産休に入ってからは、何回か市役所へ行き、必要な書類、手続きの流れ、空き状況などを聞きながら準備していました。

匿名さん

現在妊娠7ヶ月で保育園の見学をしている。妊娠中に保育園の見学をすると、赤ちゃん連れの大変なときに見学をする必要がなくなるので良いと思う。自治体に話を聞きに行くのも、妊娠中の早めの時期に行くと身体の負担も少なくて良い。

rabbiさん

ネットで保活を調べたら出産前からした方がいいということが書いてあったので市役所に行くとまだ、早いと言われて帰されてしまいました。地域によるとは思いますが、出産して赤ちゃんと一緒に行った方がどんな対応して頂けるかも感じられるのでいいかもしれません。

匿名さん

区役所でお話しを聞いて、質問をクリアにすると良い。保育園一覧をよくみて、総合的に検討すると良い。自宅からの近さ、開園時間、小規模か大きい保育園か、費用、保育園の雰囲気。0歳で入園した小規模保育園は、先生に1対1で、丁寧にみてもらえてとても良かった。

匿名さん

広報、ネット、などで情報を集め、不明点は出産前から市の担当者に確認をとりました。人気の園、途中入園ができる園、園によって準備するものの違いなど調べ、見学などの予定を立てました。また、復職のために会社の人事課にも復帰時期の確認をとりました

匿名さん

引っ越し予定の2ヶ月前から自治体に問い合わせて、引っ越しと同時に子どもを保育園に入れられるようにした。下の子の妊娠がわかってからは、妊娠初期の段階で保育園見学をして、自宅から近い保育園を調べまわった。とにかく早くが保活の基本だと思う。

まこりさん

いつから応募可能なのか、いつできた施設なのか色々分からないことは聞いておくことが大事だと思います。私の場合は同じ地域で保育士をしている友人がいるのでここはどんな保育園かっていうのを尋ねることができたのも大きいです!

第1希望のところに入れるわけではないので、送り迎え可能な範囲のところはリサーチするべしです。

みーたんですさん

妊娠7ヶ月目に市役所に行って保育所の申込み方など情報収集しました。来年度の申込み用紙配布が生後1、2ヶ月のタイミングになることが判って、妊娠中に行って良かったと思いました。生まれてからだと、既に募集終わってた、という事態になっただろうなと思います。

匿名さん

自分の職場に時短勤務制がなく、復帰後はパートになることを選びました。同時に副業もしていてそちらも継続予定で、保育点数の算定方法が分からず聞きに行きました。

すると、本当に細かく丁寧に説明してくれ、かなり理解が進んだ。ちょっとでも不明点があったら、自治体の保育課に行くのが1番早いし、多くの情報を入手できると思う。

匿名さん

事前に市役所で情報をもらい、産休に入ってから保育園に直接見学に行きました。自分の通勤途中にある保育園は出来るだけ見学に行った方がいいと思います。実際に何件か見てみることでそれぞれの園の特徴など見えてくることがあると思います。

匿名さん

出産前で時間があったので区役所で近隣保育園についての話を色々教えてもらえた。日曜保育の事など、知らなかった情報を知れたので行って良かった。

本当は見学も行きたかったが絶対安静になってしまったので、見学は産後に行こうと思う。時間があるうちにしっかり調べて検討することが大切だと思う。

k210さん

6ヶ月の女の子を育ててます。前から早めに保活しようとは思っていましたが、4ヶ月の頃に病院で友達に会い聞いてみると空きがなくなるから早めの保活が大事と念押しされました。

近所の支援センターの先生方に聞くと、アドバイスや実際に保育園への電話での問い合わせもしてくださり、自分の住んでる付近にある保育園の3つのうち2箇所は空きがなく、あと1箇所に見学に一緒に行って話をしてギリギリの人数だけど入れそうな話の運びになりました。

本当に早めの保育園探し大事だと痛感した。

匿名さん

ホームページで認可保育園だけでなく、認証保育園の空き状況を確認し、ひたすら電話と見学を繰り返す。激戦区なので、どうしようもないが、妊娠中から保活をする方が多いとのこと。職場に保育園がある場合は越境も考慮するとよいかもと思う。

匿名さん

現在双子の男の子妊娠6ヶ月。フルタイム勤務のため育休後の保育園入所手続きについて市役所へ出向き問い合わせ。待機児童についてや申込み時期等を前もって情報収集することで、計画的に保活しようと思っている。

実際通わせたい園に入りやすくするための情報は直接市職員に聞くことが正確な情報源になると思った。

A.やってよかった「保活対策」は、先輩ママから情報をもらった!

匿名さん

・事前に近くの保育園をしらべた。確認すべき項目をピックアップした。説明会に行った。
・インスタグラムやアプリ
・女の子1歳
・事前準備せずに行くと、聞きたいこと、確認すべきことを忘れただろうなと思う。
・生後8ヶ月頃。

まつのかんきちさん

市役所に頻繁に足を運び情報を得たが、同じ境遇の保活ママからの情報の方が早く、色んな子育てサークルに参加して知り合いを作るようにした。

中でもベビースイミングは先生や看護師・薬剤師等、職場復帰に意欲的な方が多く、考え方がしっかりしており、情報網も広かったので、大変参考になった。

匿名さん

まずは同じ地域に暮らしている先輩ママへ情報を聞きました。申し込みを入れるのが5つの保育園までなので、5つの保育園を見学し直接園長と話し保育園を決めました。

結局決めた保育園がまだ新しい保育園だったので、先輩ママからの情報よりは直接見学へいって、色々と質問したのがよかったと思います。

匿名さん

とにかく初めての事で分からない事だらけだったが、周りに先輩ママや、保育園で働いてる方もいたので、気になる事はたくさん聞いた。いつ頃から見学に行けば良いか、希望の保育園に入れるのかなど。

産後はすぐに動けないみたいなので、出来れば産前の時に保育園の見学に行った方が良いとのこと。まだ私はこれから見学に行く立場なので、自分の経験を次の人へ伝えれるようにいろいろ経験していきたい。

匿名さん

点数制のため、1年間は認証保育園に通い、その後に認可保育園の申し込みをした。希望の保育園に通っている先輩ママに話を聞いた。

子どもは男の子、1歳で認証保育園をいくつか申し込み、実際に足を運んで面接をした。その中でも園長先生の人柄で選び、1年間通った。その後2歳で認可保育園を申し込み、見事合格、それから4年間通うことになった。

やはり0歳児から申し込むほうが、入園しやすいそうだが、早生まれのためそれはできず、1歳児は多少距離のある保育園を選んだ。

匿名さん

周りに先輩ママがたくさんいるのでみんなに聞きまくりました!ああしておけばよかった。という体験談も教えてくれたのでとても参考になりました。保活を呑気に考えていましたが、早めの行動が大事な事がわかりました。

見学も1人で行くのではなく主人と一緒に行き、主人にもどんな保育園なのかを把握してもらおうと思います。

匿名さん

妊娠初期から、仕事復帰している先輩や同期と積極的に会う機会を作り、情報収集をしました。

今までも子どものいる友達とそういった話をしたことはありましたが、いざ自分の番となると聞こえ方が変わってきます。具体的な疑問が出てきてこれからの漠然とした不安ごとが解消されてとてもよかったです。

くろずさん

両親教室に参加した際、先輩ママに地元の保活情報を教えてもらいました。一般的な情報はネットなどでも得られるけれど、地元特有の情報は同じエリアに住んでいる方でないと聞けないので参考になりました。

出産して子育てが始まるとなかなか情報収集に時間が取れないと思うので、妊娠中にできることを少しずつしていくと不安が軽減されるのではないかと思います。

匿名さん

妊娠7ヶ月から友人とご飯に行けるようになり、同じ地区に住んでいる先輩ママから保育園やら幼稚園の情報を貰っています。実際に保活をしたみんななので、実用的な参考になる話をたくさん聞けるのが良いです。

我が子は男の子なので、思いっきり遊べるところで、かつ、遅くまで預かって貰えるところを教えて貰えるところが良かったです。我が子はまだ8ヶ月。産んだら早く働きたいので今のうちから1歳くらいまでの間に出来るだけたくさん情報を集めたいと思っています。

A.やってよかった「保活対策」は、職場復帰を早めた!

ジニーさん

初めは1歳になってから保育園への入所を考えていたのですが、それだと7.8月になってしまうので、入所が難しくなるかと思って、4月1日入所になるように職場復帰を早めました。やはり、途中入所よりは4月入所の方が入りやすいみたいなので、職場復帰を考えていた私には良かったです。

匿名さん

育休を取って復帰するときは娘は1歳。私が住んでる地域は1歳の入園は応募が殺到するため、希望する園に入園できる可能性が低く、1歳からではなく10ヶ月から預けることにして、入園できない状態をなくしました。

匿名さん

1人目の時は0歳。4月入園がやはり一番入りやすい為、そこを狙いました。今回2人目が6月に産まれましたが、次も同様に来年4月入園を目指す予定です。本当はもっと育休取りたいですけどね(^_^;)2年取ると逆に入りづらいので、泣く泣く10ヶ月で復帰予定です。

huygensさん

12月生まれで、4月に仕事復帰しました。保育園に預けられるギリギリの月齢だったのですが、0歳での保育園入園の方が当選確率が高いと聞いて、早めに対策しました。結果、無事に希望の保育園に入園出来ました。

saecciさん

妊娠中に見学に行き通える範囲の認可を受けたが全滅。保険で予約をしていた横浜保育室2園も片方しか受からず、しかも通うのにかなり遠く時間を要し困っていたところで、ダメ元で落選したもう1園に電話して落選理由を聞きつつ何とか入りたい意志を伝えた。

すると、3月最終週にキャンセルが出たとこことで入園が決まる。自宅前の園なので迷わず復職を決意し、急遽準備に追われるが、0歳児入園ということもあり、やはり自宅近くで通えることが一番負担が少なかったので正解だった。

A.やってよかった「保活対策」は、仕事の調整をした !

ゆみこ0307さん

息子は1月生まれなので、保育園は4月から、なので1年と3ヶ月あります。夏頃には本格的に動く必要があるのでそれまでに情報を片っ端から集めています。

1.自治体のホームページの資料を読み込む
2.実際復帰したときの事を脳内シミュレーションする
3.職場に復帰の時にお願いしたい事(勤務時間の変更、場所移動なと)を事前に伝えておく
4.お散歩がてら保育園めぐり、自宅からの道のりの確認

以上のことを日々行い、夏になったら窓口で申請方法の確認をし、保育園の中の見学を申し込む予定です。

A.やってよかった「保活対策」 その他

かりなままさん

市役所の子育て支援課に足運んで相談にのっていただきました。あとは電話で何度も長々と話を聞いていただきました。また、友人と意見を交流して考えています。他にもいい方法があればうれしいのですが、中々倍率が高くなかなか入れないのが現実です。

さむつさん

これから出産予定で妊娠8ヶ月の間で保育園見学を終えようと考えています。友達は産後に行ってましたが、子どもがいるとゆっくり見学できないと言っていました。そのため産前に見学しにいこうと私は思いました。待機児童も多い地域なので色々見てみようと思ってます。

るちるさん

職場復帰するつもりなので前もって自治体に確認に行きましたが、担当者からまともな手続き方法やサポートなどの話をして頂けませんでした。近隣に住む知人に手続きや必要な事などを聞いて現在準備をしています。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード