Q.やってよかった長距離ドライブ対策のうち、最もやってよかった方法を教えて!以下の質問についてもお答えください!

・具体的な対策方法
・商品の名前、メーカー名、値段(使ったものがあれば)
・お子さんの性別
・お子さんの月齢、年齢
・どのような点がやってよかったと思ったか
・いつからはじめて、いつまで行ったか

A.やってよかった「長距離ドライブ対策」は、「子どもの好きなDVDや絵本を持っておく」が33%!

やってよかった長距離ドライブ対策グラフ,長距離ドライブ,

コズレ会員のみなさんに「長距離ドライブ対策」についてアンケートを行った結果、

・1位:子どもの好きなDVDや絵本を持っておく(33%)
・2位:子どもの好きなおもちゃを準備しておく・休憩場所などを決めておく(18%)
・3位:子どもの好きな食べ物を準備しておく(12%)
・4位:大きめの車を用意する(10%)
・5位:酔い止めを準備する(1%)

という結果になりました。

以下では、アンケート結果の中から先輩ママパパの口コミの一部をご紹介します。ぜひみなさんも「やってよかった!」と思える方法を見つけてくださいね。(n=175)

A.やってよかった「長距離ドライブ対策」は、子どもの好きなDVDや絵本を持っておく!

ちゃんむうさん

キャンドゥで100円DVDが売っていたので、旅行用に数枚買った。まだ子どもが小さいのでミュージカル調や歌が多いものを選択した。飽きてきたときに再生すると興味を示して、機嫌を持ち直せたので持って行ってよかった。コスパ的にも問題なかったので今後も活用していきたい。

匿名さん

長時間の移動で子どもが小さい頃は、母乳をあげたり色々しないといけないことが多いので、大きくて身動きが取りやすい車にしといて良かったです。

それと不機嫌になった時の対策として、お気に入りのDVDや、小さいおもちゃなども持っていき、長距離移動がしやすいようにしたのも良かったです。

匿名さん

子が2歳から3歳の頃、旅行や遠出の際は飽きないように、前もって好きなアニメや番組のDVDやCDをレンタルしたり、好きな絵本やおもちゃを持って行きました。渋滞した時用にDVDやお菓子等も多めに用意しておき、何とか飽きないように気をつけていました。

yoppyさん

はじめは好きなおもちゃを持って行っていたのですが、子どもが一歳近くなるとだんだん飽きてしまうことが多く、ポータブルDVDプレーヤーを購入し、好きなDVDを持って出かけるようなりました。

DVDは子どももとても気に入り、長時間のドライブや新幹線等の長距離移動の際も、ぐずることなく静かに見て過ごしてくれているので、とても助かっています。

もうすぐ3歳になりますが、好きなアニメだけでなく、知育教材のDVDなども集中して見ているので、見せている親としての罪悪感も少し軽減されます。長距離移動にはかかせません。

Chanmi36さん

アンパンマンやディズニーなどのDVDをあらかじめレンタルしておいて、子どもは飽きやすいのでいろいろ見れるようにしておく!気がまぎれるようにお気に入りのおもちゃも用意しておくと、長距離ドライブも少しは楽しめると思う。

れいんのままんさん

いくらどこどこに行きたいってなっても、同じところに長くいると飽きるのが子どもなので、ちょっとでも退屈しないように、DVDやその場所のホームページなどを見せて、最初はなになにをしたいなどと会話とするようにした。

トイレもパーキングごとに停まって、思っているよりも時間はかかってしまうことになるし、大人は着いたら疲れきっている。

ゆっき12さん

出発時はウキウキしていてじっと外を見たりと大人しいが、30分もたたないくらいから落ち着きがなくなるのでDVDを見せる。その後は大人しいものの、終わるまでには寝てしまうか飽きてしまう。休憩も入れると三時間は余裕。

きゃめちゃんさん

好きなDVDを用意して正解でした。ただ、前の座席に付けるので、角度の調節等が必要になってくると思います。あとはずっと同じ姿勢で前を向いたりしてるので酔いやすく、うちの子は車の中で吐いてしまいました。

その点では善し悪しなのかなと。機嫌は良かったので、その子に合わせて時間も決めながら休憩も取りながら、車に乗るといいいかもしれません。

y.N anaさん

我が家の車は子どもを助手席に乗せないとDVDは見れないので、絵本や好きな歌で楽しく車に乗っていられるようにしています。とくに効果があったのは、子どもの好きな歌や手遊び歌を流して、一緒に踊りながら行くことでした。

はるまくんままさん

飽きないように途中休憩をして、お気に入りのおもちゃやDVDは必ず持参します!!そこにプラスおやつ!それでもダメな時は1度どこかによって、気分転換してから再出発しますよ!(´・ω・`)!子連れの移動想像以上に大変でした!

匿名さん

田舎の方なので、車移動がマストな我が家は本当に苦労しました。チャイルドシート嫌いで暴れていた1歳までの間は、仕方ないのでちょこちょこ車を停めて授乳したり、おもちゃを渡してみたり。

1歳半過ぎると動画に興味を持ち出したので、プライムビデオの子ども向け番組にものすごく助けられた。とはいえ、ずっと見せるわけにはいかないので、100均のシールブックを渡したり、おやつを与えたり。

100均の知育おもちゃはおすすめですよ。飽きて捨てることになっても諦めがつくし、ことばカードなんて破れるまで遊んでました。なので、長時間の時はあらかじめ100均のおもちゃを用意してます。

匿名さん

三人子どもがいるため、トヨタハイエースでの移動です。後部座席が三列あるため、ケンカをしないようにバラバラに座らせています。長距離移動のときは、必ずそれぞれが見たいDVDをレンタルし、じゃんけんで順番を決めて観させています。

’Maro’’さん

うちの子は「いないいないばあ」と「おかあさんといっしょ」が大好きなので、それの色々なバージョンをずっとかけてますが、飽きずに車に乗ればリアモニターを指差して写してって言います。なので、長距離も全然平気でした。

匿名さん

出かける際、必ず「まだ着かない?あとどれ位?」と聞いてくるので、DVDがあると気が紛れて、私たち親のストレスも減って良かった。

妊娠中ということもあって、4時間が限界かと思い、産まれたらそれこそどこにも連れていけなくなるので、意を決して出かけました。DVD2本で、サービスエリアに寄りながら、苦なく出かけることが出来ました。

匿名さん

どうしても、長距離の移動は子どもには暇だしつまらないと思うので、子どもの好きなアニメなどのDVDを用意したり、お菓子だったりゲームだったり持っていくと、暇をつぶせるし子どもも、退屈しないと思いました。

実際に、子どもも好きなアニメ見ながらだと、おとなしく見てくれています。

そらしさん

横浜から大阪にいくのに、DVDを数本用意すると寝てくれる。お菓子はなるべく汚さず食べられるもの。おもちゃは気に入っている物と新しい物を用意しました。パーキングエリアにちょこちょこ寄って、少しでも気分転換させてあげたりしました。

aykmさん

子どもの好きなお菓子はもちろんですが、それだけだと道中ずっと食べてばかりになるので、我が家では子どもの好きなキャラや、お話のDVDや童謡、手遊び歌が入ったDVD、絵本の話が入ったDVD、車内でも遊べるおもちゃなどを持って行き、道中は飽きないようにしてました。

あんこ1さん

子どもの長時間のドライブで、子どもがぐずぐずになると運転にも集中できなく、危険だと思います。子どもがすきなキャラクターのDVDなど準備しておくと、夢中で見てくれるので快適に運転も出来ます。

とても助かっています。歌が収録されてるDVDだと、親も一緒に歌い楽しくドライブができます。

匿名さん

1歳前後の頃、チャイルドシートに縛り付けられるのを嫌っていました。それでも旅行などでは車移動が長時間になってしまいます。

図書館で新しい絵本をたくさん借りて飽きないようにしたり、シールがブームのときは100均でシールブックを買っていったり、ミキハウスのボタンを押すと歌が流れる絵本がお気に入りのときはシリーズで3冊持っていったりと工夫しました。

ボタン押しまくり音楽なりまくりなので、大人は覚悟が必要です(笑)

匿名さん

色んな種類のDVDを用意したり、温度調節も大事です。子どもは汗っかきなので。太陽の光も昼寝するときに遮断できるように、窓に布はるなりしました。トイレも高速道路でなかなか停まれない時の為に、ペットボトルのカラを用意して、間に合わない場合はそこにしてました。

匿名さん

朝早くから出発して、寝ながら行く。車内でDVDを観ても、2時間に1度は休憩所に寄り休憩すること。トイレは必ず行くようにする。なるべく楽な位置で椅子を調整する。おやつなど気をまぎらわせるアイテムを持って行く。

A.やってよかった「長距離ドライブ対策」は、子どもの好きなおもちゃを準備しておく!

ちっけさん

生後半年で車で2~3時間のところへ旅行に行きました。場所見知りが始まっており、車に乗ってもグズってしまうのでどうなるか心配でしたが、お気に入りのおもちゃをチャイルドシートに2つ取り付け、おでかけしました。

その日は機嫌がよかったのもありましたが、おもちゃで遊びながら車の揺れでよく寝てくれ、困らずに済みました。

つぐりんさん

4ヶ月の女の子。車に乗ると大泣きすることが多かったですが、月齢に応じたCDを聞かせたり、サッシーの手に着けれるおもちゃをつけてあげたりすると、泣くことが少なくなりました。

1人でない時は赤ちゃんの隣に座り、シャカシャカするおもちゃで一緒に遊ぶのも効果的でした。

nana0713さん

まだ小さい時に初めての遠出をしました!夕方に家を出て、寝る時間のタイミングでミルクを飲ませて、車で目的地に着くまで寝てもらうようにしました!幸い、我が家の子どもはよく寝てくれる子だったので、慌てることなく遠出出来ました。

nachu07さん

生後4ヶ月の男の子がいます。車は心地いいみたいで基本寝てますが、長距離の時は起きた時用に、おもちゃを手の届くところにつけておきます。カラフルな色と音が鳴る物をつけています。飽きないように2つは絶対必須ですね。

mei2828さん

3.4ヶ月のころから、色が鮮やかなメリーを吊り下げてます。メリーはミキハウスで買い物した時にもらったもの。チャイルドシートに乗せる時もそれを見てくれるので、嫌がらずに今でも乗ってくれます。

寝る前などもメリーを見ながら気づいたら寝てくれるので、とっても助かりました。

匿名さん

泣いた時用におしゃぶりを持っていくと、とても助かりました。また、空調調節はこまめにして、水分摂取もこまめに行いました。メリーを付けておくと喜んでいました。

遮光も必要なので、次からはなにか遮光できるものを持っていきたいです。おもちゃはなくならないように、100均でいる紐をつけておきました。

匿名さん

子どもたちが寝ている間はとにかく移動する!起きている間はDVDを観せたり、おもちゃで遊んだりお菓子を食べさせたりして、楽しめるようにする!ぐずったら無理せず休憩する!

女の子1歳 男の子0歳の年子

A.やってよかった「長距離ドライブ対策」は、休憩場所などを決めておく!

かっちゃん289さん

まだ車酔いなどはしないのですが、車に乗るとすぐ寝てしまって首などしんどそうなので、休憩できる所ではできるだけ車から降りて、体を動かすようにしました。大人より子どもの方がチャイルドシートで身動き取れないので、そこだけは注意しました。

ひびさまさん

ママパパマップというアプリを使用。授乳室やおむつ替えできるトイレの場所を確認。口コミを参考に休憩するサービスエリアを決めた。完ミの為お湯が用意されているか、場所によっては哺乳瓶洗いの貸し出しもある。

出発前にアプリで情報を得ていたので、安心して長距離ドライブ(帰省)ができました。

匿名さん

事前にパーキングエリアの場所や休憩出来そうな施設をスマートフォンの地図アプリで検索しました。

30分に1回はチャイルドシートから降ろして、抱っこや車から出して少し歩いたり、座席を倒してフルフラットにしてベッドのように寝かして、寝返りや10分ほど遊ばせてから出発するようにしていました。

そうしていても、眠い!疲れた!乗りたくない!とぐずりますが、事前に休憩場所をかなり多めに決めておいたので、どこだっけ??と心配することも無かったです。

その時は車がファミリーカーだったので、一番後ろの荷物置きだったので、3列目シートを上げてクッション性のあるブルーシートのようなものを敷いて、遊ばせてました。メーカーなどは覚えてないのですが値段は1000円前後だったと思います。

うちは男の子で初旅行は8ヶ月頃に行きました。ちょうど春先だったので、暑くなく快適にドライブ出来ましたよ!

mahooooさん

初めての子が生後3ヶ月になる前に、東京から長野に二泊三日で行く予定がありました。それまでは、長くても15分ほどしか車に乗せたことがありませんでした。

長野までの長距離ドライブと、SAでのおむつ替え&授乳が初めてになるのは不安が大きかったので、事前に車で1時間半ほどかかる商業施設に行き、子どもの車慣れと、大人達の外出先でのおむつ替え&授乳の練習をしました。

また、当日までにSAのおむつ替え・授乳室の有無をネットで調べ、当日の道路の混雑に合わせて、何パターンかの休憩場所をシミュレーションしておきました。

当日は、高速道路の混雑状況を見ながら、余裕を持って出発し、授乳室の混雑も考えながら、SAも早め早めに止まるようにしました。

事前練習・下調べ・当日の余裕を持った行動で、大人も焦ることなく、また子どもを泣かせることなく、長距離ドライブを無事に終わらせることが出来ました。

ゆちゃむちゃむさん

2ヶ月の男の子を連れて、里帰り先の関西から関東の自宅まで車で帰宅しました。授乳もおむつ替えも頻回だった為、休憩も兼ねて複数回立ち寄る必要がありました。

事前に授乳室やおむつ替え質についての情報を調べ、大体の所要時間も計算して移動したため、比較的スムーズに行けました。時期の調整が可能ならば、混雑時期を避けるのが1番かと思います。

wakatantanさん

子どものおむつをかえたり授乳したり、車が動いているとなかなかしにくかったりあげにくかったりするので、前もって休憩所やコンビニなどは確認しておくといいかもしれません。

あと、一人でなにもかもするのは大変なので、車をとめて夫婦二人で子どものことができるか、その点でもちゃんと確認は大事だとおもいます。

匿名さん

インターチェンジなどを事前に調べて、大きなところをまわるようにしました。気分転換もできるし、ずっと座っておくのはきついので、良かったと思う。

パパも喜んでいた。ご当地B級グルメも食べられたし、ソフトクリームも食べられて良かった。楽しい旅行になった。

匿名さん

産まれて2ヶ月で、どうしても兵庫県から神奈川県まで車で移動しなければならないときがありました。前もって授乳室やおむつ替えができるサービスエリアを調べて、2時間ごとに休憩して態勢を変えたりして、息子1番に考えて長距離を移動しました。

ちぃのすけ0909さん

実家と自宅を行き来する際、授乳と寝るタイミングを考えて、高速に入る頃に寝られるよう逆算して出発したりしていた。車が停まると嫌なのか泣いてしまうため。どうしても無理な時のために、いつでも休憩出来るように考えていた。前もってサービスエリアに入っておいたり。

あaaaさん

チャイルドシートが大嫌いなうちの子を連れての長距離ドライブは、一大事でした。高速できれいなサービスエリアをあらかじめ調べたり、子どもとちょっとお散歩できるような環境かなど把握しておきました。

あと、少しでもぐずったら手をつけられなくなる前に、すぐにパーキングで気分転換させていました。

A.やってよかった「長距離ドライブ対策」は、子どもの好きな食べ物を準備しておく!

きょーこ#さん

食べる事が大好きな子なので、車で食べてもこぼれにくいものを用意しました。手口拭き取りとエプロンとお茶も一緒に準備しました。やはり食べていると機嫌が良く、お腹いっぱいになると寝てくれたので良かったです。

子どもの年齢は1歳で男の子です。

miwa0326さん

車に長時間乗せる時は、乗せる前にお昼寝をできるだけさせずに、一緒に遊んであげて、車に乗った後に寝てもらえるように、お腹も満たしておくと、チャイルドシートでギャン泣きとなる機会が減りました。ただ、途中で起きたら、その後はギャン泣きです。

匿名さん

ぐずる事が多い、長距離移動でおせんべいや、こぼれないパウチタイプのゼリーが大活躍でした。タブレットやDVDは、飽きるし目が悪くなるのが心配だったので、お菓子でご機嫌になってもらう事が多かったです。

クーのゼリータイプなどは、落としてもこぼれなくておすすめです。

tomaiさん

子どもの性別:男の子
子どもの年齢:4歳

3歳ごろまではチャイルドシートが嫌いで、長距離のドライブにはかなり苦戦しました。好きな飲み物や食べ物で気をそらしたり、隣に乗れる時は絵本を読んだり、100均のマグネットでお絵描きができるものでいろんな絵を描いたり、折り紙を折ったりしました。

それでもダメな時は、スマホのYouTubeで好きな動画を見せたりしました。

匿名さん

遠出する時、チャイルドシートにのせますが、一歳ごろになると座っていることに飽きてしまうのか、気づけば肩紐をとり抜け出している状態になっていて、1人の時はとても危なく感じました。

好きなおもちゃで遊んでもらうのもいいですが、やはり好きな食べ物などを渡しておくとちゃんと座って食べているし、お腹が膨れてくると勝手に寝てくれているので、一番はそれかなとおもいます。

めちゃモンさん

7歳・6歳・3歳の女の子、1歳の男の子がいます。出かける時は基本車で、ファミリーカーです。

必ず、好きな食べ物(食べこぼしを考えて一口で食べられるものがベスト)、飲み物、好きなおもちゃを用意していきます。一口サイズのおにぎりや一口サイズの歌舞伎揚、グミ、ラムネ、じゃがりこ、ポップコーンなど…。

そして適度にSAに寄って休憩します。ずっと座っているのも辛いですし、気分転換になります。走行中は、夏場も冬場も時々窓を開けて風や気温を感じてみたりして、変化をつけたりもしてます。

A.やってよかった「長距離ドライブ対策」は、大きめの車を用意する!

りおのかあちゃんさん

子どもが産まれてベルファイアにしました。チャイルドシートに乗せたり降ろしたりもとても楽で、子どもも足を伸ばせるし窮屈そうではありません。後部座席にもモニターがあってテレビやDVDが見れますが、ナビも10インチの大型なので、子どもはそっちの画面をみてそうです。

大人も乗ってる方も運転している方もとても楽です。振動もないので長距離なら大きい車の方が楽です。

10106さん

5ヶ月の男の子の赤ちゃんです。大きめの車を用意し、チャイルドシートはなるべく深く倒れるものを選びました。高速道路を使用したので、サービスエリアなどで必ずチャイルドシートからだし、伸びをさせてあげるようにしました。

吏沙さん

現在生後3ヶ月の女の子です

ファミリーカーで、チャイルドシートに乗せて運転していると、よく夜泣きする我が子でもいつのまにか眠っていました。特に気をつけて運転しているわけでもないですが、車の揺れが心地いいみたいです。

匿名さん

夫と3人で車に乗る際には、私は助手席に乗らずに子どもの隣に座るようにしています。もし泣いてしまったときでもすぐにあやせるように、また一人だと不安で泣いてしまうこともあるので,、安心させるためにもそうしています。

匿名さん

結構、服が汚れたりすることが多くて、車が大きいとわざわざどこかに寄って着替えさせなくても、車の中でパパッと着替えさせることが出来るので、やっぱり大きい車だと便利です。あとは、荷物がどうしても多くなるので。

匿名さん

大きい車でのんびりゆったり休みながらドライブ!途中ぐずり出したら車を停めて、シートをフラットにして遊ばせる!そうすると子どものストレスが軽減し遠くへ行けた。また、おむつ替えについても広く使えるため、交換しやすかった。

A.やってよかった「長距離ドライブ対策」は、酔い止めを準備する!

匿名さん

7歳と6歳の姉妹です。子どもが良く車酔いするので、飴タイプの酔い止めを常に車に常備しています。ドラッグストアで600円ほどでした。エチケット袋と着替えも常に常備しています。エチケット袋は家にある紙袋の中にビニール袋を入れています。

A.やってよかった「長距離ドライブ対策」 その他の回答

匿名さん

おむつが取れている子の場合、100均で買える携帯用トイレを持っていくと便利だと思います。子どもは急にトイレに行きたくなるので、トイレが近くに無い場合は、車の中で済ませられるので持っていて助かりました。

手を拭く除菌シートと、匂いを閉じ込めるビニール袋などがあるとなお良いと思います!

匿名さん

子どもを連れて長距離ドライブに行くには、まずはチャイルドシートに慣れさせておくことが大事だと思います。私が住んでいるところはわりと田舎の方で、生活に車が欠かせません。生後2ヶ月からチャイルドシートに乗せてよく買い物に行っいたので、車での移動は慣れっこです。

そのため長距離ドライブへ行ってもチャイルドシートを嫌がることなく乗ってくれるので、ドライブが楽しめます。

nsaさん

ミルク・ジュースを運転時間によって、セットしておく。車の中では、2人だと急には停まるところがなかったりするので、YouTubeや音楽などを登録しておく。おむつは、トイレをみつけたらきれいでも替えてしまうようにしている。

kyoko8822さん

赤ちゃんの場合、長距離移動するからといって、1日のサイクルを変更しないこと。いつもと同じサイクルにして、お昼寝の時間などを移動にあてること。

サイクルを乱すと、意外に寝てくれなくて悪循環になるから、途中休憩場所で遊ばせたりして、お互いリフレッシュすること。

3114_わこさん

月齢2.3ヶ月頃から車でよく出かけていました。住んでいる土地柄、車での移動は必ずなので、車に慣れてもらうためにたくさんおでかけをして慣れてもらいました。

対策としては、寝る時間帯を狙って車に乗せるようにしていました。そうしていたら車=寝るになり、今でもすぐ寝てくれてグズる事もなく助かっています。

匿名さん

こまめに休憩を取って、車から降りて外に出る回数を増やして気分転換をする。おもちゃのほかに、塗り絵なども用意する。チャイルドシートに付けられるテーブルは、おやつを食べたり、塗り絵で遊んだりするのにも便利でした。

mavelさん

子どもがグズってどうしようもない時は、良くドライブに行っていました!車の揺れがちょうどいいのか割と直ぐに寝てしまい、起きたら休憩でおむつ替えたりミルクを上げたり。

今は7ヶ月になり、チャイルドシートも慣れてきて、窓から景色を眺めていたりします。今の時期からは熱くなるので、後部座席にクーラーがついていない場合は、充電式の小型扇風機なんかを付けておくと便利だと思います!

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード