Q.赤ちゃんが産まれてから、犬との生活についてどうしていますか?

妊娠する前から犬を飼っている、妊娠初期の妊婦です。赤ちゃんが生まれてから、犬と赤ちゃんの両方のお世話をするコツや、注意点を教えてください。また赤ちゃんとワンコとの心あたたまるエピソードなどがあれば教えてください!



ベストアンサー,犬との生活について,

A.赤ちゃんのお世話をする時、犬はケージへ。一緒に散歩をしています

あいはな0910さん,ママ,37歳,神奈川県

同時に二つのお世話は難しいです。半年くらいまでは、赤ちゃんのお世話をするときは、犬たちにはケージに入ってもらっていました。ケージに入れるときは、相手をできないときとわかってくれます。

1日2回のブラッシングなど、犬を世話するときは、赤ちゃんをおんぶしてお世話していました。

お散歩は犬と赤ちゃんで一度に全員できます。散歩中は赤ちゃんをおんぶしています。犬に合わせて赤ちゃんも1日2回散歩します。刺激になり、よく昼寝してくれて助かっています。

編集部からのコメント

赤ちゃんのお世話をする時は、犬はケージに入ってもらっていた、というあいはな0910さん。同時に両方のお世話は難しいので、工夫が必要ですね。また、犬が寂しくならないよう、コミュニケーションも大切にされています。

赤ちゃんが成長すると、部屋の中で犬とじゃれ合ったり、一緒にリードをもってお散歩したり、微笑ましい姿が目に浮かびますね。

他の先輩ママからも、妊娠中や赤ちゃんが産まれた後のお世話や気をつけていたこと、また赤ちゃんと犬のほっこりするエピソードがたくさん集まりましたよ。

A.犬との生活について 妊娠中の注意点はこちら!

えり?さん,ママ,22歳,埼玉県

私は2歳のスピッツを飼っています。まだ遊びたい盛りで、つわりがひどかったのでとても大変でした。でも辛いときにいつも犬がいてくれるのが、旦那よりも心の支えになりました(笑)。気分転換のためにも、毎日散歩にいくようにしていました。

ろんぽぐさん,ママ,34歳,埼玉県

うちにも犬が二匹います。中型犬ですが室内で飼っています。

つわりがひどいときは、ほとんどかまってあげられなかったのですが、やはり犬にも妊娠していることはわかるみたいで、お腹に乗ってきたり、散歩のときに引っ張ったりすることなく、最近は寄り添ってくれています。

みんすけさん,ママ,22歳,長野県

実家で飼ってる愛犬は中型犬で、ジャンプするとちょうどお腹に圧力のかかる押し方をしてくるから、まず部屋に入る時は、お尻から背中で入って前をむいて撫でていました!

普通に入るとお腹を思いっきり押されて、赤ちゃんが心配だったから…。

wakamekzyさん,ママ,36歳,東京都

ずっと仕事をしていて留守番が多かったので、私が産休に入って犬は大喜びしていました。今まで寂しい時間が多かったせいか、私の隣を片時も離れず、顔を舐めたがっていましたが、心を鬼にしてそれだけは拒否!

また、体力をつけるため、運動がてら犬の散歩に出られることがとても良いと思っています。休みに入ると1日のメリハリを付けるのが難しくなるので、犬のおかげで毎日気分転換も出来て助かっています。

A.犬との生活について 赤ちゃんが生まれた後の注意点はこちら!

こりす☆さん,ママ,33歳,大阪府

3ヶ月が過ぎるまで、なるべく離していました。犬がどうしても舐めてしまうため、これぐらいは離すべきかなと思います。

どうしても赤ちゃん中心になってしまい、寂しい思いはさせてしまってるかと思いますので、すこしでも撫でられる時は撫でてあげたいと思います。

べびまるくんさん,ママ,29歳,長野県

わんちゃんと赤ちゃん、どっちも大切です。でも、赤ちゃんを抱っこしてると、わんちゃんがヤキモチを焼いてしまいます。そのため、うちのわんちゃんは、ソファに座りながら赤ちゃんにミルクをあげてると、上に乗ってこようとするので大変です。

匿名さん

我が家にもトイプードルがいますが、産院から退院して赤ちゃんと初対面時、犬がとても興奮して大変でした。時間が経つにつれ慣れてきて、今では一緒に寝ている姿に癒されます。たまに興奮して踏みそうになるので、そこは注意しています。

ちゃんさや27さん,ママ,27歳,兵庫県

うちの犬は赤ちゃんを連れて帰ってから2~3日は興奮していましたが、だんだん落ち着いてきました。最近は赤ちゃんが大泣きしても、寝ているレベルです。

興奮している時はやはり噛むかもしれないと思い、近くには絶対に寄せ付けないようにしました。今も油断はせず、絶対に目を離さないようにしています。

アヤ1104さん,ママ,25歳,静岡県

妊娠前から犬を室内で飼っていました。子どもが産まれて、やはり子どもメインになっています。

なかなか子育てと家事と仕事に終われ、犬をかまう時間が減ったので、ヤキモチを凄い心配しましたが、最近は慣れたのか子どもの近くに座ったり触らせたりしています。

ふーまさん,ママ,30歳,福岡県

うちには2匹のダックスが、赤ちゃんが産まれる何年も前からいるのですが、赤ちゃんと犬を仲良くさせたいと赤ちゃんが産まれる前から思ってました。

産まれて初めて対面させたら、赤ちゃんがその後湿疹が出まして、病院でアレルギー検査してみたら、犬アレルギーでした。

犬と赤ちゃんの仲良し写真なんて撮れないのが悲しいですが、今は犬と赤ちゃんのお部屋は完全別にしております。そんな事もあるので犬を飼ってる人は要注意です。

ゆっこbbさん,ママ,27歳,東京都

赤ちゃんが生まれると、どうしてもお世話で赤ちゃんばかりにかまってしまいがちですが、犬は赤ちゃんの存在をすぐに理解できません。犬と遊んであげるのがどうしても後回しになってしまい、赤ちゃんにやきもちも焼いてしまいました…。

それからは、旦那と二人でいる時は、二人で赤ちゃんに構わず、犬と赤ちゃん同時にかわいがるようにしました。赤ちゃんにつきっきりにならなきゃいけない時は、お世話が終わったあと、たくさん褒めておやつをあげたりしました。

だんだん赤ちゃんを理解したのか、今では仲良く昼寝しています(^^)。

パンのすけさん,ママ,29歳,愛知県

退院して1ヶ月は初めての育児の為、親戚の家へ預けていました。犬もヤキモチを焼くので、なるべく自分に余裕が出来るまでは無理せず、預けるのもワンちゃんの為だと思います。

無理に一緒に生活して寂しい思いをさせるのも、と考えました。

ひまここさん,ママ,23歳,広島県

産後間もない頃は、ベビーベッドや目の届く所に赤ちゃんが居たら安全ですが、ハイハイをし始める頃には色々と興味が出てきて、自ら犬に寄っていくこともあります。

犬がご飯を食べている際や、犬のしっぽや足を引っ張ろうとすることもあるので、目の届かない所に居ると、犬がいつ怒ってしまうか分かりません。

また赤ちゃんは、犬が怒っているということすらまだ分からないので、要注意です。

わかなくろーすさん,ママ,23歳,鹿児島県

赤ちゃんが生まれてすぐは隔離状態でした。徐々に慣らして行くために、最初は犬をゲージに入れ、赤ちゃんの足を近づけるだけでした。

徐々に1日の中で犬と過ごす時間を増やし、ケージから出す時間も増やしました。犬が登れないよう、ベビーベッドにのっけてました。

かじこ321さん,ママ,33歳,徳島県

私も実家で犬を飼っていて、産んで実家で過ごした際、必要以上に気にかけていました。室内犬だったので、赤ちゃんがいる部屋には必ず入れなかったり、扉の締め忘れをしないよう家族で徹底していました。

あと、父が赤ちゃんを抱っこするとヤキモチを焼いてすごく吠えたので、その点も充分配慮しました。

はなたれさん,ママ,26歳,神奈川県

我が家は柴犬で抜け毛がすごいので、子どもを高さのある場所に寝かせるようにしています。夜はベビーベッド、日中は基本的にはベビーラックに寝かせています。

よく犬が子どもの手や足をなめるので、その度にウエットティッシュで拭くようにしています。子どもはすぐに自分の手を口に入れてしまうので、すぐに拭けるようにて手の届く所にウエットティッシュ等を置いとくと便利です!

ごんきちさん,ママ,26歳,宮城県

赤ちゃんの衛生面を考えると、やはり犬の毛が気になります!常に掃除に気を配っていたのと、赤ちゃんはベビーベッドで寝かせてました。

赤ちゃんが生活する部屋には犬は入れないようにしてました。今は子どもも成長したので、一緒に遊んでます(・∀・)。

A.犬との生活について 赤ちゃんと犬のお世話のコツはこちら!

匿名さん

大型犬を室内で飼っているんですが、下の子が産まれてすぐの頃はなかなか部屋に出すことが少なくなっていましたが、つかまり立ちをするようになってからは、一緒に過ごすことができてます。

最近では、少し話すようになって、「あーあー」っと床をパンパン叩いて犬を呼んでいるようです。今は一緒にいる時間が増えています。

あじゃさん,ママ,30歳,静岡県

うちにも今の旦那と同棲中から飼いはじめた犬が1匹、そして1歳の男の子が1人います。甘えん坊な犬のせいか、はじめは子どもに嫉妬したり、構ってもらえないことが分かるとふてくされて、2階から降りて来なくなったりすることがありました。

子どもが産まれてから、どうしても子ども優先になってしまい、家の中でおもちゃで遊んであげることが少なくなったり、「ちょっと待って」と言うことが多くなってしまったからだと思います。

なので、最近は犬と遊ぶ時間をきちんと作ったり、犬のおやつなどは息子からあげてもらうようにしています。

犬は飼い主に忠実な分、いろいろ我慢していることも多いと思うので、息子にも犬にも寂しい思いをさせないように気をつける必要があるなぁー、と感じながら過ごしているところです。

また、息子も犬も、お互いの存在をきちんと理解しながら仲良く成長してもらいたい、という思いがあるので、息子からおやつをあげたり、一緒に散歩に連れてくなど、なるべくお互いが関わる時間を設けるようにしています。

おかげで、今では犬が嫉妬してる様子も見られなくなりましたし、なによりも愛犬だけでなく動物が大好きな男の子になりました!

匿名さん

息子が生まれる前から犬を飼っています。元々甘えん坊な犬でしたが、生まれてから構ってあげれることが少し減ってしまったのか、もっと甘えるようになりました。忙しくてもちゃんと構ってあげることが大事だと思います!

ソンミさん,ママ,23歳,兵庫県

出産後の入院は大体1週間ほどですが、うちの犬は相当寂しかったみたいで、ずっと落ち込んでいました(笑)。なので退院して自宅に帰ったら、真っ先に犬と遊んであげました。

結構嫉妬するのではないかな?と思っていましたが、意外と赤ちゃんは守ってあげないと!という意識が強いみたいで、常に目の届くところに赤ちゃんがいるようにしているみたいです。

子育てで犬に構ってあげる時間は減りますが、赤ちゃんが寝たら自分も眠いけど、数分でも犬とたくさん遊んであげるようにしたらいいのではと思います。

A.犬との生活について  赤ちゃんと犬とのエピソードはこちら!

saizoさん,ママ,28歳,埼玉県

妊娠前からわんちゃんがいます。とても甘えん坊で、赤ちゃんが産まれたらやきもちをやいてしまわないか心配でした。

出産後初めて赤ちゃんに会ったわんちゃんは、尻尾を思いきり振って赤ちゃんを迎えてくれました。泣いていると心配そうに見ていたり、何をするにも片時もそばをはなれませんよ。

ともゆかさん,ママ,30歳,大阪府

私のお腹に赤ちゃんがやってきてから、明らかに飼っているチワワ2匹の態度が変わりました。

今までは私が寝ていたら、お腹や太ももにぴょんぴょん乗ってきたり、そこで寝そべったりしていたのですが、何かを察したのか私の横で寄り添うように寝ることしかしなくなりました。お兄ちゃんの自覚かな?と凄く微笑ましかったです。

真衣。。。さん,ママ,32歳,福岡県

うちは、子どもが産まれる前からずっと犬を飼っています。子どもが産まれたばかりの時は、犬との接触は少し心配していましが、1歳になった今では、とても仲良くなっています。

子どもが犬を追いかけたり、犬の方から子どもに寄り添って寝ていたり。見ていてとてもかわいいですよ!

梢さん,ママ,28歳,東京都

3歳のパグを飼っています。はじめは赤ちゃんの匂いを嗅いだり、頭や足をペロペロしたりしており、犬の方から近づくことはありませんでした。少しずつ慣れてきたのか、お昼寝中に添い寝したり、自分のおもちゃを赤ちゃんの方に持っていくようになりました。

夜も同じベッドで寝ていたのですが、夜泣きのたびに犬を起こしてしまい、寝不足で昼間寝ていることが多くなってしまったので、今はゲージで寝ています。一緒に散歩に行ったり、昼間は一緒に過ごしているので、寂しい様子はありません。

yuka3nさん,ママ,31歳,三重県

実家でパピヨンを飼っていて、4ヶ月程里帰りしていました。毛が抜けたり来客があるたびに吠えたりしていましたが、娘は1ヶ月程で慣れたようでした。

また、娘がお風呂前のぐずぐずタイムに犬のゲージ前に行くと泣き止んだりと、いい面もありました。

ちゃんちいさん,ママ,29歳,埼玉県

子どもがまだ寝てばかりの頃は、犬がクンクンと匂いを嗅いでみたり、気になって何度も顔を見にいっていました。

お昼寝を一緒にしたりと仲良しで、子どもがハイハイや動き回るようになると、追いかけっこをしたり、逃げたり追いかけられたり…。お散歩を一緒に行ったり、とても仲良しで、子どももすでに動物が好きになってくれたようです。

りりもんママさん,ママ,33歳,東京都

里帰り出産のため、3ヶ月実家にいましたが、実家では10歳になる犬を2匹飼っています。産む前はどうなるんだろうと心配していました。

でも、もう10歳にもなると、とても母性本能が強いようで、子どもが泣くと、周りをウロウロして知らせてくれたり、寝てる時はそっと隣に寄り添っていました。踏んだりかじることも一切なく、母親のように近くで見守っていました。

ayakaaaさん,ママ,30歳,大阪府

10歳になるワンコと2ヶ月になる娘がいます。ワンコは生後1ヶ月半の時から、私とずーっと一緒にいて、いつも私にベッタリです。

出産後、絶対にヤキモチ妬くだろうなーとは思っていましたが、出産し病院から帰ってくると、やっぱりヤキモチが凄かったです(笑)。

授乳中におもちゃを目の前に持ってきて、遊んで!と誘ってきたり、気を引こうと自分の足をずーっと舐めてみたり、わざとトイレを失敗してみたり…(笑)。ヤキモチは凄く妬いていましたが、娘には悪させずにお利口さんでした。

2ヶ月経った今は、やっと娘を守る存在と認識したようで、娘が寝ていたら横でくっついて寝るようになりました(^^)。

匿名さん

赤ちゃんが産まれてから犬は甘えんぼになり、拗ねたり怒ったりと見たことない行動ばかりでした。

ですが、空いている時間等で愛犬を抱きしめたり遊んだりしていると、赤ちゃんの事を舐めたり赤ちゃんの横で寝たりとしていました。とてもほっこりしました。

ムギちゃんこさん,ママ,29歳,福岡県

退院して初めて赤ちゃんを連れて帰り、ベビーベッドに赤ちゃんを寝かせたところで、散歩に行っていた愛犬が帰ってきました。

静かに眠っていたので愛犬は気付いていない様子。しばらくして起きた赤ちゃんの泣き声で、愛犬がベビーベッドの周りをぐるぐる。どうにか泣き声の主を見ようと必死にジャンプしたりしていて、とってもかわいかった。

赤ちゃんがベッドなどではない、布団など届く範囲にいると必ず横で寝て、鷲掴みにされてもじーっと我慢して、側を離れずにいました。

痛いからだめだよー、と子どもに声をかけて手を離し、愛犬には赤ちゃんだからわからないからごめんね、と必ず声をかけていました。

すると一歳になる前から、子どもは優しく愛犬に触れるようになりました。今ではいつも隣にいて、とっても仲良しです。

shiyukikiさん,ママ,33歳,新潟県

赤ちゃんを寝室で寝かせて、家事などをすることがよくあったのですが、泣いたりするとわんこが吠えて教えてくれて、とても微笑ましかったです。

昼間プレイマットで寝かせたり、遊ぶこともあったのですが、一緒に横になったり、ずり這いについて回ったりしてました。

攻撃するような、いたずらするようなこともなくて、アレルギーもなかったので、とてもかわいく見守りました。

110373さん,ママ,28歳,山梨県

赤ちゃんの頃は興味があまりなかったのですが、最近は名前を呼んだり、愛犬のお気に入りのおもちゃをポーン!と投げたり遊ぶように。たまーに愛犬に無視されると、悲しい顔もしたり。動物好きになってくれるとうれしいです!

いちごよーぐるとんさん,ママ,28歳,福岡県

我が子は生まれた頃から犬がいる生活です。里帰り中にもいたし、自分の家にももちろんいます。座れるようになってからの我が子は、犬が大好き!とにかく犬と遊んでます。もう少し大きくなったら、命の大切さや、生き物の大切さを分かってくれるかな、と思います。

咲心mamaさん,ママ,22歳,埼玉県

生後4ヶ月の娘がいます!うちはミニチュアダックスとトイプードルの女の子、2匹を飼ってます!

最初は犬側がどーしていーか分からないの、と何だこれは状態でしたが、いまでは娘のそばに来て寝たり、お腹の上に乗って寝たり、娘は犬のことナデナデしたりちょっとつまんでみたり、とお互い様なことしてます!

さやちゃん?さん,ママ,27歳,愛知県

実家に犬を飼っているのですが、私が出産の為入院していて会えなかったので、久しぶりに実家に行くと、うれしくて触ってーー!とくるのですが、抱っこしている赤ちゃんも気になるし、私とも触れ合いたいしで初対面はとても賑やかになりました。

その後は、赤ちゃんは気になるけど、赤ちゃんより僕をみて!って感じで、アピールがすごかったです。

ai1217さん,ママ,26歳,大阪府

はじめて対面したときは愛犬のほうは恐々、でも興味あり…、でもなんだろうこの生き物は…!といったような反応でした。

娘のほうははじめから怖がる様子もなく、今ではぐずっているときでも愛犬が近寄ると笑顔になってくれます!愛犬も、娘の鳴き声がすると近寄ってくるようになりました。

きゃささん,ママ,26歳,兵庫県

実家で犬を飼っていて、里帰りを臨月から生後2ヶ月ほどいました。赤ちゃんを最初見たとき、犬は興味をもって来ていました。

ご飯の用意や家事をしているときに泣いたときは、呼びに来てくれたり赤ちゃんのことを見守ってました。少しずつ時間がたつにつれ、犬も赤ちゃんに寄り添って寝るようになりました。とてもかわいくて、日々の成長を見守ってくれてます。

あゆみ0730さん,ママ,35歳,鳥取県

最初は慣れない育児とワンチャンのお世話と大変で、子どもが寝ている間にワンチャンのお世話をしていました。お散歩に行くときは、子どもを抱っこ紐で抱っこしながらでした。

最初は私が心配に思って、積極的には触れさせてはいなかったけど、子どもが一歳過ぎて歩くようになってからは、子どもとワンチャンのコミュニケーションが取れるようになりました。

子ども自身も私がお世話するのをずっと見ていたので、自分から触ったり撫でたり声をかけたりしていました。

子どもが1歳5ヶ月の頃からは、ワンチャンに「耳!目!」など教えていて、ワンチャンの方はパワフルな子どもに押されぎみです(笑)。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード