Q.妊娠初期ですが、つわりやストレスですぐにイライラしてしまうことありますか?

妊娠初期の妊婦です。妊娠前に比べてつわりなどで思うように体調がすぐれず、すぐにイライラして旦那に八つ当たりしてしまうことがあります。みなさんはどんなことでイライラして、なにをしてしまいましたか?エピソードを教えて下さい。



お悩みベストアンサー,妊娠初期,イライラ,

A.妊娠初期はすぐに旦那にイライラしていました!やってほしいことを具体的に伝えたら、気持ちが軽くなりました。

なーちゃんままさん,ママ,26,三重県

妊娠が初めてで不安のなか、初期の段階では仕事も定時まででした。つわりがひどい時には仕事も思うようにいかず、帰宅してから旦那の晩ご飯を準備する事も苦痛で、なんで自分ばっかり仕事も家事もすべてしなくてはいけないのか、と旦那に毎日イライラしていました。

もちろん喧嘩もしました。思っていることやイライラを旦那に説明しました。そうするとわかってきたことが、旦那も嫁さんが妊娠したということはわかっているが、何をしてほしいかを具体的に言ってほしいとのことでした。

たとえば、つわりでご飯が作れないから責めないで弁当やお惣菜にしたい、家事も掃除機をかけてほしい、洗い物をしてほしい、など。面倒かもしれませんが、お互い初めての妊娠なので、男も女も戸惑って当たり前なんだなと思い、私の場合は気持ちが軽くなりました。

編集部からのコメント

妊娠が発覚した時にフルタイムで仕事をしていた、というなーちゃんままさん。つわりの症状がありながら仕事をこなし、さらに帰宅してから家事も行うのは負担が大きいですよね。

また、旦那さんにイライラを伝えたところ、旦那さんも妊婦さんになってからのなーちゃんままさんの変化に戸惑っていたとのこと。妊娠前よりもさらに夫婦の助け合いが必要になりますね。男性はつわりなどの症状を理解するのが難しいので、話して理解してもらうことと具体的にしてほしいことを伝えることが大切なようです。

その他の先輩ママからも、同じようにイライラが止まらないという経験をしたエピソードやおすうすめの解決方法を聞くことができましたよ。お腹の赤ちゃんのためにもできるだけリラックスしてすごせるよう、ぜひ参考にしてくださいね。

A.妊娠初期はよく旦那にイライラしてしまいました

旦那がやってくれたことに過剰に感謝しました

こんなにきついんだからしてもらって当たり前!という気持ちになりがちだけれど、家事を結局やらざるを得ず苛立つ気持ちもありました。旦那自身は何も変わっていないから、気遣いはできても完璧は無理だと最初から諦めて、してくれたことを過剰に感謝するように心がけました。(uki0614さん,ママ,25,福岡県)

育児が始まったら、きっともめることも。練習になったかもしれません!

つわりで食事も思うようにいかなかった時、主人にはこれでもかってくらい八つ当たりしていました。申し訳なさはあるものの、こんなに辛い思いをしなくても男の人は親になれるんだからラッキーじゃん、と思ってしまっていました(笑)。

今思うと、ひどいことも言ったし、態度も最低でしたが…子どもが生まれたら育児でもめることもあるかと思うので、思いをそのままぶつけられて練習にもなったかと思います(笑)。
(ふみなつさん,ママ,26,宮城県

主人へのイライラは食べ物で解消!

私は主人が洗濯物をカゴに出さないことにイライラ、お風呂になかなか入らなくてイライラ、夜ご飯を食べながらダラダラすることにイライラ、八つ当たりもしていました。そして、冷たく「洗濯物は?ないの?」「ご飯食べないなら全部片付ける。」と言いながら片付け始める、ということをしていました。

そのイライラは、主人に内緒でランチにでかけたり、ちょっとお高いものを買って食べたりと、食べ物で発散していました。
(pon1224さん,ママ,30,千葉県)

上の子のイヤイヤ期と重なった。旦那は「しかたがない」の一言

現在二人目妊娠中で、つわりで思い通りには身体が動かないのに、長男の面倒を見る時にイヤイヤ期と重なっていたこともありイライラしました。旦那に伝えても「仕方ない」の一言で終わってしまうので、やはり感じ方が違うのかなと思いました。(ゆうゆっけさん,ママ,29,大阪府)

ちょっとしたことで悲しくなったり、不安定でした

いつもはなんとも思わない夫の言葉や行動に、涙腺がゆるくなったりしていました。例えば、帰宅時間が予定より遅くなって悲しくなったり、お願いしたいことを断わられると悲しくなったり。

私は仕事をしていたから他の人と関わる機会があり、逆にそれが気分転換になってよかったかな、と振り返って思います。きっと、甘えられる人には妊婦だから大切にして欲しい、と欲求が強くなったのかもしれません。
(おおたきささん,ママ,36,東京都)

引越し準備を進めない旦那さんにイライラ

私は臨月に引越が重なってしまい、引越準備の進まなさにイライラしました。旦那さんは「自分がやるから無理しないで、何もしなくても良いよ」と言っていてゆっくり過ごしていましたが、引越日が近づいても旦那さんは引越準備を全然進めず部屋は片付けないまま…。

イライラして、体調が良かったこともあり、不機嫌なまま結局私が片付け等を進めてしまいました。体調は良かったものの、やはり良くはないことでした。
(レオレオさん,ママ,34,北海道)

今思えば、普段に比べて怒りっぽかったかな?

当時はそんなこと思ってもいませんでしたが、今思うとかなり怒りっぽかったなぁと感じます。だけど自分でもそれが妊娠によるものだとは思いませんでした。とにかく気が短くなっていて、普段は流せるようなことも流せませんでした。

もし自己嫌悪に陥ることがあれば、それで良いのです。自分を振り返ることができているのだから、同じことを繰り返さないよう気をつけられる証です。先は長いですから、思い詰めることなく進みましょう。
(なか3さん,ママ,31,宮城県)

こっちは辛いのに自分は遊べていいよね!

わたしは吐きづわりで、とにかく気持ち悪い毎日でした。それなのに旦那は好きなことをして、趣味のサッカーだって楽しんで…。とにかく腹が立ちました。こっちがこんなに辛い時に、自分はそんなに遊べていいよね!と。(さっつ??さん,ママ,23,北海道)

ご飯も作る気になれなかったけど、旦那はほとんど手伝ってくれず…

妊娠初期の2ヶ月あたりはつわりが酷く、ご飯もほしくなく、作る気にもならず…。仕事には行っていたので、帰っては横になる日がしばらく続きましたが、一人っ子の旦那は家の事はほとんどせず、待っているような状態でした。(y-t-rさん,ママ,35,島根県)

情緒不安定で旦那の冗談にも泣いてしまいました

私の場合は、つわりもあり情緒不安定になり、旦那に「掃除がんばってよ」など冗談を言われても、冗談に受け取れずにイライラしたりすぐに泣いたりしていました。

イライラすると、妊娠したくなかったなーとか嫌なことばかり考えていました。そんな時には、旦那に何でも話して話を聞いてもらうようにしていました。
(てるくんママさん,ママ,25,宮崎県)

煙草とコーヒーのにおいが今まで以上にダメになり…

私の場合は初期から中期の中頃まで悪阻がひどく動けない状態で、元々嫌いだった煙草とコーヒーの匂いが更に苦手になりました。ですが主人はやめられず、車に乗る前に煙草とコーヒーの摂取をするため、車ででかける度にイライラしてしまいました。

お腹の子にも悪いということで、主人はでかける30分前に煙草を摂取し、私は後部座席で喉飴を舐めながら互いにマスクを着用するということで和解しました。
(モモマロさん,ママ,30,京都府)

妊娠初期、旦那の行動の一つ一つにイライラ

旦那の行動ひとつひとつが気になってしまい、常にイライラしていました。例えば、使ったティッシュを捨てないとか脱いだ服をそのまま床に放置したままとか。

普段なら気にせずまたか…と片付けていましたが、初期は特にイライラして常にプンスカ怒っていました。
(まこ99さん,ママ,30,香川県)

いつ生まれてもおかしくない時に「飲みに行ってくる!」と言われ不満が爆発!

しょっちゅう友達と遊びに行ったり飲み会に行ったりする旦那にイライラしていました。子どもが生まれたらなかなか行けないし、仕事が多忙で休みが週1しかないから息抜きもさせてあげないと、と思ってずっと我慢してきました。

そして臨月を迎え予定日超過し、いつ生まれるかわからない時に、飲みに行って来ると言われもう我慢!と思い、もし飲み会中に陣痛きても連絡しないし一人で育てる、と旦那にぶちギレました(笑)。

そこでやっと反省してくれて、私が今まで我慢していたことに気付いてくれました。今では子どもにメロメロな旦那は、家事や育児を一緒にしてくれるようになりました。キツく言わないとわかってくれないこともあるんだなー、と思いました(笑)。
(みいちゃんすうちゃんさん,ママ,27,大阪府)

家事に協力してくれると思っていたのに…

私の場合、主人と同業職であるため、自身の労働時間の長さや得意先の都合で色々と融通の利かないことが多いことなど理解し、家事に協力してもらえると思っていました。

しかし、実際は気分によってお手伝い程度に少しやってくれるだけだったので、1つは自分の役割として必ずやる家事を選択してもらい、食後の洗い物は主人担当となりました。それも1ヶ月と持たず、明日やると言い、結局翌日の夕飯の時間まで残っているため私がやるはめに…。

また、主人の方が遅く出勤し帰りが早かったため、毎日何時に帰ってくるか確認されることも本当にストレスでした。私が辛いのは仕事のせいだから辞めてほしい、とも言われましたが、もう少し家事に協力であったらもう少し穏やかに産休まで働けたと思います。
(riku_710さん,ママ,30,埼玉県)

つわりが辛かったけど、仕事で帰りが遅くなる夫。妊娠初期は不安でした

私は妊娠初期つわりがひどく、仕事を終え帰宅すると何も出来ず、寝てばかりでした。夫も仕事が忙しく夜中にしか帰ってこられず、つわりのきつさや話せない不安、これからの不安から、夜中に夫が帰ってくると責めたてる日が多かったです。

ただ初期を過ぎると、自分の精神も安定して、お腹の子がいてくれることでほんわか出来る日がほとんどでした。
(こっこ0208さん,ママ,28,福岡県)

旦那の手際の悪さに腹がたった!

つわりで気持ち悪く、どうしてももやしサラダが食べたくなり旦那に買い物と調理をお願いしたところ、すぐに食べないと気持ち悪いのがおさまらないのにのんびりと買い物に行き、帰ってきてからももやし茹でるだけなのに、あまりにも手際が悪くやってくれているのに腹が立った。(うみちゃんさん,ママ,37,東京都)

不安な気持ちを共感できない夫に少しイライラしました

妊娠初期だからかわかりませんが、うれしい気持ちと同時に、これからの生活への不安などで、気持ちも不安定に。おそらく男の人はまだそこまでの実感もなく喜びのみ、という感じで、少しイライラしてしまう場面もあった。(ぴょんぴょんぴょんさん,ママ,36,千葉県)

ホルモンバランスのせい?大げんかしました

妊娠が確定するかしないかの頃に、我が家も大げんかしました。些細なことでイライラしてしまいますよね。胎教にも悪いと反省…今思えばホルモンバランスがおかしかったのかな?と。妊娠初期に限らず、妊娠中は感情の起伏が激しくなります。パートナーにもわかってもらいましょう。(こうちゃんmamaさん,ママ,33,北海道)

こっちの気持ちも少しは理解してよ!

私の場合は、つわり中ご飯も食べられない、トイレ以外行動するのと辛いという状況だったため、気持ちが満たされないストレスでイライラしていました。

今考えると本当に申し訳ないなーと思うのですが、「(夫)はいいよねー、お腹に赤ちゃんいるわけじゃないから毎日自由で楽しくて。こっちの気持ちも少しは理解してよ。」なんてひどいこと言ったりしていました(^^)
(りささーさん,ママ,26,岩手県)

何も言わずに追加!一言いって!

私はご飯を作って旦那が仕事終わるのを待っていました。自分なりにたくさん作っていたつもりでしたが旦那には足りなかったようで、いつも追加で何かを食べていました。

一言足りないと言ってくれればいいのに、なにも言わないで追加されたのがめちゃくちゃイライラしました(笑)。それからは大量に調理するようにして、追加で食べる時は一言声をかけてもらうようになりました(笑)。
(何が何でもやるぞ-さん,ママ,24,愛知県)

生活が変わって辛いのは女性だけ?

つわりとお腹の赤ちゃんが元気かどうか気になり、イライラ。食べたいけど食べられない、通勤が辛い、など今までとは違う生活になる私に対し、今までと同じように振る舞い、お酒を飲む旦那を見てイライラ。生活が変わるのは女性だけ??(あーがさん,ママ,34,神奈川県)

イライラしすぎと言われて悔しくて泣きました

小さなことでイライラすることが多かったです。普段だったら何でもないことが気に障って、穏やかな気持ちでいられることのほうが少なかったと思います。旦那さんにあるときイライラしすぎだ、と言われ、悔しすぎて泣いたことがあります。イライラするのも嫌だけど、そうなってしまう自分がすごく嫌だったからです。(yuka0821さん,ママ,27,群馬県)

協力してくれたけど、たまにイライラしてしまいました

つわりで家事が思うようにできなくて、ストレスを感じていて、最低限の掃除はしなきゃと頑張っているのに、旦那の脱ぎ捨てた服や散らかしたゴミを見るとため息。イライラしてむしろ嫌がらせなのかと思いました。でもその他にたくさん協力してくれて助かっているので、怒る気になりませんが。たまーにイライラしちゃいました。(cha→さん,ママ,28,愛知県)

妊娠前にできていたことができなくてイライラ。なんで私ばかり!

妊娠した実感がわかないまま、つわりがひどくなり妊娠前には出来ていたことが出来なくなりイライラしていました。そして、旦那は妊娠前と変わらず、好きなものを飲んだり食べたり、好きなことや趣味をいきいきと自由にしていたので、なんで私ばかりとイライラが増していました。(あき0618さん,ママ,30,0)

A.妊娠初期は職場などいつもイライラしていました

ため込まず、誰かに話しをきいてもらう!

私の場合は、仕事の中の些細な事でイライラしていました。今までは我慢出来たことも我慢できなくなってしまいました。

そんな時はとにかく誰かに話を聞いて貰う事。会社の同僚や家族にアドバイスを貰うのではなく、ただ私のイライラした事を聞いて貰うだけ。私の中に溜まったイライラが抜けてまた何事もなく働けるようになりましたよ。

妊娠初期の体調や感情は本人にしかわからないですからね…。焦らずマイペースに!溜め込むのは絶対ダメ!
(真衣。。。さん,ママ,32,福岡県)

思うように仕事ができない。でも出来る範囲で生活することを心がけました

私の場合、吐きづわりがひどく、何も食べられない時も多かったので、常にイライラ、肌もガサガサ。その上仕事もしていたので、しんどくて思うように仕事が出来ないストレスはピークに達していました。

最初はそのストレスをどうにかして無くそうと必死でしたが、出来ないものは出来ない、と諦めることで心が軽くなり、そこからは自分のできる範囲で生活する、ということを心がけました。

旦那のご飯なんて、妊娠後期まで作っていません(笑)。むしろ、私のつわり中に生活能力がついた旦那が、毎日辛そうにしている私を気遣って毎日作ってくれていました。なるようになる、が大切です(●´ω`●)
(夏723さん,ママ,32,大阪府)

「いつもごめんね」なんでも話すことが大切

つわりやからだのだるさ眠さ、疲れやすさなどで、自分の体が思い通りに動かせないストレスなどで、些細な事でも旦那に当たったり、上の子に感情むき出しで怒鳴りつけてしまったりすることが良くありました。そして夜中、ひとり眠れない時などに反省して落ち込む日々でした…。

少しでも気持ちに余裕がある時に、上の子にも旦那にも、今の自分の状況やいつもごめんね、という言葉を伝えるだけでも理解してもらうことが出来て、家族のバランスが取れていました。何でも話すことって大切だなと私は思いました。
(darkありすさん,ママ,27,北海道)

「私の時代の妊婦は…」上司に嫌味を言われてイライラ!

私は妊娠初期つわりがひどかったけれど、仕事を休むことはできなかったので、毎日朝早くから仕事していました。

ある日、あまりにも吐き気と体のだるさがひどいので仕事中休ませてもらいました。そしたら出産経験のある、上司(40~60歳)の人に、「私の時代の妊婦はギリギリまで夜勤やって、仕事バリバリやらされていた。」と嫌味を言われました。しかし上司なので、言い返すことも出来ずイライラしていました。

そのあと、いつもなら気になる程でもない後輩のミスや態度が目につき、さっきのイライラもあって関係のない後輩に怒ってしまいました。
(り。さん,ママ,21,岐阜県)

妊娠中であることを隠していたのもあって、イライラ。もう少しの我慢!

家族、仕事、友だち、誰にでもイライラしていました。しかも、限定の人にしか、報告もしていなかったので、妊娠を隠しながらの生活で、余計にイライラしていました。だんだんとつわりも落ち着いてからは、気持ちも落ち着き始めたのでそれまでの我慢です。(ぽにょかちゃんさん,ママ,29,千葉県)

自分でもわからない!コントロールできなかったです

私は普段怒りっぽくないのですが、目につくとすぐイライラしてしまいました。例えば、仕事中など何かと気に障ることがあるとイライラしていました。自分でもなんでこんなにイライラするのかわからないし、コントロールもできなかったです。(k19342さん,ママ,26,長崎県)

A.妊娠初期のイライラはこうやって解消しました

最終的には何も考えず安静にしていました

私が妊娠していた時は、初期は仕事もしていたし実家で世話になって助けてもらっていたし、旦那も分かってくれていたのであまりイライラすることはなかったのです。

イライラすることはストレスになるので、ストレス発散に友人や両親、旦那と色々と話をしたり聞いてもらったりしていました。それでもダメな時は横になって、何も考えず安静にしたりしていました。
(舞子はんさん,ママ,39,兵庫県)

好きな音楽を聴いてリラックスできる方向に!

私は妊娠中期頃、切迫早産になってしまい絶対安静の生活を送っていました。動くこともままならず、思うように動けない事にイライラして過ごす日々。旦那も仕事で一日中忙しく、そんな中でも家事をやってくれていましたが、イライラを旦那にぶつけていました。

このままではいけないと、気分転換する事が大事だと思い、痛い出費でしたがウォークマンやコンポを購入して、好きなアーティストの音楽をたくさん聴いて、半分無理やり気持ちをリラックスできる方向に持っていき、何とか気持ちを抑えていました。動けないのでこれぐらいしか出来ませんでしたが、少しは気分が違いました。
(SK3さん,ママ,32,福岡県)

自由に時間を使えるのは最後だと思って楽しんでいます

私の場合、仕事も妊娠初期で辞めてしまって妊娠後期まで毎日暇で暇でそのストレスがとても溜まりました。住んでいる所にも友達がいないので、ひたすら家にひとりぼっちでした。

でも料理が好きなので、スイーツを作ったり凝った料理を作ったり、ドラマを全て録画して昼間に観たり、寝たいだけ寝たりと、毎日暇を潰していました。産後はこんな風に自由に時間を使えないと思うので、最後だと思って楽しんでいます。
(maiko.さん,ママ,29,愛知県)

立っているのも辛くて家事をボイコット!

つわりで食べられる物が少ない時期にご飯を作るのが辛くてイライラしていました。貧血で立っているのも辛かったので、家事ボイコット決行しました(笑)。作るのが辛い日は旦那が晩ご飯買ってきてくれるようになりました。(ぱん628さん,ママ,26,愛知県)

辛い時は実家に帰るようにして気が楽になりました

私は妊娠初期つわりで辛く、仕事場もアパートから遠かったためとてもしんどかったです。旦那は仕事場がアパートから近いのに、なんで私は妊娠で辛いのに遠いとこまで行かなきゃならないの。とイライラしていました。

なので、仕事から帰ってからもイライラ、しゃべらない、こんなことが続きました。そこで仕事場から実家が近かったため、辛い時や遅くなった時は実家に帰っていました。気が楽になり、何より家事もしなくてよかったため、つわりも少し楽になりました。

最初は甘えすぎかなとも思いましたが、甘えられる時は素直に甘えたらいいんだ、と甘えられるようになりよかったです。
(しゅりりんさん,ママ,27,三重県)

子どものいたずらは見て見ぬふり!あとで黙って片付けました

2人目妊娠中凄くイライラして、娘にも当たってしまったことがたくさんあったし、本当に情けなくなりました。旦那にもイライラしてしまって…。

娘に対してはイタズラされたりすると凄くイライラして怒ってばっかりでしたが、途中から娘がやりたい事があったりすると見て見ぬ振りをして、自分はやる事をやったりして、後から黙って片付けていました!
(ゆゆきさん,ママ,23,新潟県)

子どもの教育方針にお姑さんが!ストレスだったけど、主人がはっきり言ってくれました

私はお姑さんが子どもに対して教育熱心で、早いうちから育児本やお勉強の本やCD、DVDを買ってきて、今のうちに身につけなさいと毎日毎日言ってくるのがストレスでした。

子どもの事を考えてくれているのはとても有り難いのですが、やり過ぎなのでは…と思い主人に相談すると、主人も私と同じ意見でした。主人がはっきりと私達の考えを伝えてくれました。きちんとフォローしてくれてストレスも減り助かりました。
(rapiさん,ママ,25,沖縄県)

なんで怒ってるの?最初は理解してもらえませんでした。

私の場合、悪阻はそこまでひどくなかったので、旦那には楽しそうに見えたと思います。ただ、日によって気分が悪かったり、よくあるご飯のにおいがだめだったり、もどしてしまうことは何回かありました。

食べたいものもサッパリしたものがいいなど、ころころ変わっていたので、旦那とごはんを別に作っていたのですが、俺もそっちが食べたい、なんて言われたりしてイライラして怒ったりすることはありました。あとは悲しくなることが多かったですね。何もないのに泣いている時も…。

旦那には、今はこういう時期なんだっていうことを何度も説明して理解してもらいました。最初はやっぱり分からず、なんで怒っているの?なんで泣いているの?という感じなので…。一緒に本を読んだり、妊娠についてのサイトなどを見せたりするのも効果的かもしれません。
(おゆき128さん,ママ,28,神奈川県)

感謝の言葉を伝えてから、要望を言いました

私の時はちょっとした事で彼にイライラして、しょっちゅう言い合いをしていました。妊娠中はイライラしやすかったり、悪阻がきつかったりしますが、男の人には分かってもらえずそれでまたイライラしたり。

分かってもらおうと思うと余計に強く当たってしまったり、また言い合いになったりするので、イライラしても小さい事であれば言わないようにしました。

逆に、感謝の言葉をかけるよう心がけ、してほしい事や要望があれば、ありがとうと言った後に、ここはこうしてくれるとありがたいな、といったように伝えると、次からしてくれることもあり言い合う事も減りました(^_^)。
(yuu64さん,ママ,26,熊本県)

ストレス解消法は、深呼吸と友達とたくさん喋ること!

4人子どもがいます。4人ともつわりはなく、その辺はありがたいことでした。4人目が10年ぶりにできて、仕事に加え3人の子どもの事、家の事で毎日バタバタし休む暇もなく日々イライラしていました。

でも、イライラもお腹の赤ちゃんにもよくない、家族にもよくないと思い、深呼吸をして過ごすようにしていました。友達とたくさん喋ったりしてストレス発散していました。

イライラしたら深呼吸。これで少し私はイライラを解消できていたと思います。ホルモンバランスが崩れるのだからイライラして当たり前!これが他の人にもわかってもらえたらなぁ、って何度も思いましたけどね。
(9633loveさん,ママ,36,岡山県)

アロマを焚いて、気分をリフレッシュ!

私は初期の頃つわりがあり、旦那さんが飲み会や飲食店の臭いを服につけて帰宅するので、そのたびに難癖をつけてしまいました。しかし、旦那さんにも支えてもらっていて会社の付き合いがあるので、自分の平気な匂いを見つけてアロマを焚いたりしてリフレッシュしていました。(田中産地のみなみさんさん,ママ,21,茨城県)

ゆっくり散歩。少し運動して過ごしていました

妊娠初期はつわりがひどく、食欲はあるのに食べると気持ち悪いという最悪な状態。仕事中も船酔いしているような気持ち悪さの中、貧血でふらふらにもなり、家事も仕事も今までのようにはこなせず、そんな自分にイライラ。そんな時は家の近くをゆっくり散歩して過ごしていました。(パタリロ(’ω’)さん,ママ,30,大阪府)

食事も作らなくちゃ!ゲームやDVDで気晴らししていました

6ヶ月まで吐きづわりがひどく、何もできない自分にイライラ。義祖父も同居していたので義祖父のご飯は作らないわけにはいかず、苦労しながら作っていました。

そんなときに気晴らしになったのが、ゲームのWiiです。普段ほとんどゲームはしないのですが、短時間で終わるゲームで気晴らししていました。あとは海外ドラマのDVDをよく見ていました。
(響さん,ママ,30,長崎県)

旦那さんに理解してもらうことが大切です!

旦那さんのちょっとした言動や行動でイライラしていました。妊娠初期の頃だったと思います。旦那さんには、妊娠中はホルモンのバランスが崩れているからイライラしやすいんだ、ということを理解してもらい、イライラして何かを言ったとしても聞き流してもらいました。

安定期を過ぎた頃からイライラも収まってきました。イライラしてしまっても、落ち込まずにそういう時期なんだと自分でも理解し、旦那さんにも理解してもらうことが大事だと思います。
(チ口ルさん,ママ,29,三重県)

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード