仕上げみがき専用ハブラシが必要な理由って…?

仕上げみがきのポイントとは?

仕上げみがき,ハブラシ,仕上げみがき,

仕上げみがきは、子どもの歯の健康を守るうえで欠かせないもの。

実は、きちんと自分で歯をみがけるようになる小学校低学年くらいまでは、ママパパの仕上げみがきが子どもたちのムシ歯予防のキーポイントだと言われています。

でも、「きちんとやらないと!」と義務感にかられてしまうとつらくなってしまうもの。寝る前の親子のスキンシップとして、また、子どものお口の中の状態を確認する時間として、仕上げみがきの時間を作りたいものですね。

仕上げみがきの具体的なコツは、以下の記事で詳しくご紹介しています。参考にしてください。

仕上げみがき専用と子ども用ハブラシはどう違うの?

仕上げみがき用ハブラシと子ども用ハブラシ,ハブラシ,仕上げみがき,

子ども用ハブラシ、と言われればすぐに短くて小ぶりな子ども用ハブラシを想像できますよね。でも、仕上げみがき専用ハブラシと言われても、ピンとこない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、子ども用ハブラシはハンドルが短く、口の奥までなかなか届かないので、仕上げみがきには適さないのです。無理をすると、口の中を不要に刺激してしまい、唾液が出すぎてよく見えなくなってしまうことも。その結果、余計な力が入って、子どもが嫌がることもあるんです。

その点、仕上げみがき専用ハブラシは大人の手に合わせたハンドルで持ちやすく、子どもの口に合ったコンパクトなヘッドが特徴なので、力を入れず、細かくみがいていくことができるんです。

大人も子どももハッピーな時間が過ごせる魔法のハブラシなんですよ。

親も子どももうれしい!「仕上げみがき専用ハブラシ」をはじめて使った感想は!?

仕上げみがきの重要性や仕上げみがき専用ハブラシの特長をわかっていただいたところで、はじめて仕上げみがき専用歯ブラシにチャレンジしてもらったママパパの感想を聞いてみましょう。

今回は、これまで子ども用ハブラシで仕上げみがきをしていた、というママパパに「クリニカKid’s ハブラシ 仕上げみがき専用」を体験してもらいました!

「自分でみがいているときは、ご機嫌なのに、仕上げみがきになると泣いてしまう」という子の話もたくさん聞きますが、そんな子どもにも少しずつ変化が見られるようですよ?!

持ちやすくてビックリ!

仕上げみがき,ハブラシ,仕上げみがき,

持ってみると、子ども用ハブラシとはまったく違うことが分かる、仕上げみがき専用ハブラシ。

はじめて利用をしてみて、そのみがきやすさに「驚いた!」というコメントがたくさん届きました!

「ヘッドがコンパクトなので子どもの口や歯のサイズにちょうどよく、みがきやすかったです。 また、グリップも持ちやすかったです。」(H.Y.さん)

「これまでは、子どもが自分でみがく(と言うか、かじる)ハブラシをそのまま仕上げに使っていましたが、今回専用のものを使ってみて、使いやすさに驚きました。

真ん中辺りにある滑り止めや、おしりのところの丸みが、「考えられているなぁ」と驚かされました。」(S.R.さん)

「子ども用と分ける事でしっかりみがくことができました まだ奥歯はないのですが、これから奥歯が生えても使いやすそうだと思いました」(T.N.さん)

「いつもは子どもが使っているハブラシで仕上げみがきしていましたが、基本息子は暴れて泣いて嫌がるタイプです。

今回、仕上げみがきのハブラシを使ってみると、持ち手が長く持ちやすいので親がみがきやすくいつもより短い時間でみがけました。こども用ハブラシを使うより正直使いやすいです。」(S.M.さん)

痛くない!歯みがきの時間が長くない!

楽なのはママだけではないんです!

みがきやすい仕上げみがき専用ハブラシを使って、短い時間でみがき終われば、子どもにとって歯みがきタイムが楽しいママパパとのスキンシップの時間、と感じてもらえるようです。子どもたちのリラックスした様子も、たくさん届きました。

「はじめて使用したので最初はうまくいかなかったけれど、日にちを重ねてくと口を開けてくれてみがかせてくれるようになりました。 1歳の口にも入るヘッドなのでみがきやすかったです。」(W.A.さん)

「人にみがかれるのがまだまだ嫌みたいで、普段は嫌!とされますが、今回の仕上げ用のハブラシは割とおとなしくみがかれてくれます。」(I.M.さん)

「歯みがきが苦手で毎回手こずっていましたが、このハブラシは喜んで歯みがきさせてくれました。」(M.Y.さん)

歯みがきタイムが楽しみに!「クリニカKid'sハブラシ 仕上げみがき専用」の工夫とは?!

今回皆さんに使っていただいたライオン「クリニカKid'sハブラシ 仕上げみがき専用」には、親子の歯みがきタイムをより楽しく、簡単にできる工夫がたくさん詰まっています。

その特長をご紹介していきましょう。

超薄型コンパクトヘッドで奥までみがきやすい!

超薄型コンパクトヘッド,ハブラシ,仕上げみがき,

「クリニカKid'sハブラシ 仕上げみがき専用」は、子どもの小さいお口でも、無理なく奥までみがけるコンパクトヘッドが大きな特長。

薄型のヘッドなので、みがきたいところにしっかりとブラシが入る作りになっています。子どものハブラシへの抵抗感も少なくなりますよ。

楽に持てるペン型グリップ

ペン型グリップ,ハブラシ,仕上げみがき,

仕上げみがき専用ハブラシに重要なのが、グリップの持ちやすさ。「クリニカKid'sハブラシ 仕上げみがき専用」は、持ちやすいペン型グリップになっているので、余計な力を必要としません。

子ども用の短いハブラシは、大人にとってはグリップが小さくて持ちにくい傾向にあります。そのため、力が入った状態になりがちで、子どもが痛がって歯みがきを嫌がってしまうこともあります。

このハブラシならそうした心配はなくなりそうです。

スリムで動かしやすい!

グリップ,ハブラシ,仕上げみがき,

子どもの歯をみがく、という作業は予想外に細かいもの。ハブラシが口の奥の方に行ったり、前の方に来たり、右に行ったり左に行ったり。

「クリニカKid'sハブラシ 仕上げみがき専用」は、そうした細かい動きをスリムで動かしやすいハンドルが実現してくれます。ママも余計なストレスがかかりません。

まとめ

いかがでしたか? 今まで仕上げみがき専用って、子ども用ハブラシと何が違うの?と思っていた方にも、納得していただけたでしょうか。今まで使っていなかった方は、ぜひ、用意してみてください。

使いやすい道具でニコニコの歯みがきタイムを楽しみたいものですね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。