0歳からの予防歯科が大切!

予防歯科のスタートは歯が生えはじめる「前」から…!?

0歳からの予防歯科というと「まだ早すぎるのでは?」と感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

たしかに、一般的には歯が生え始めるのは8ヶ月前後と言われていますから、0歳から、というとまだ歯が生えていない赤ちゃんも含まれます。

でも、他の人に口の中をいじられることを嫌う子が多いのも事実。歯が生えはじめてハブラシを開始したところ、赤ちゃんが号泣してしまった、というのもママパパあるあるです。

そこで、歯が生えはじめる前から、ママパパが顔や口のまわりを触ったり、歯みがきを口に入れたりして、慣れてもらうことがおすすめ。歯が生えはじめたら自分のハブラシで楽しく歯みがきしてもらうとスムーズです。

予防歯科で重要なのは、早い時期に歯みがき習慣を身に付けさせること。歯が生えはじめる前から適切なケアをすることで、ママパパとの時間を大事にすることと共に、ハブラシで自分のお口を清潔にする楽しさにつなげていってもらえたら良いですよね。

予防歯科の進め方についての詳細は以下の記事をご覧ください。

やってみました!親子ではじめての「クリニカKid’sハブラシ」

歯みがき習慣を身に付けさせるには、歯が生えはじめる前からのケアと共に、どんなハブラシを選ぶのか、もポイントの1つ。

今回は、歯が生えはじめたばかりの赤ちゃんに「クリニカKid’s ハブラシ 0~2才用」を使って、はじめての歯みがきにチャレンジしていただきました。

先輩ママパパの歯みがき経験談を聞いて、歯みがきは「赤ちゃんとの格闘になりそう!」とか「毎回、泣いてしまうのでは…?」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

今回チャレンジいただいた方の感想を見ると、そんなイメージが一変するかもしれませんよ?

歯みがき楽しいね!のニコニコタイム。

歯みがき写真,はじめて,ハブラシ,

ニコニコ顔の写真を寄せてくださったS.A.さん親子。歯みがきと言えば嫌がってしまう子も多そうなのですが、今回はとても、楽しんでくださった様子でした。楽しい習慣だと思って続けてもらえる、ハブラシの秘密は…このあとご紹介しますよ!

「グリップがすごく柔らかいので、安全面はもちろんのこと、歯みがきのしやすさが他の商品に比べてとても良かったです。

子どもも嫌がることなく喜んで口に入れてくれていたので、使い続けることで歯みがきが楽しい時間と思ってもらえるよう、頑張ります。」(S.A.さん親子)

パパと一緒に楽しい歯みがき!

親子で歯ブラシ,はじめて,ハブラシ,

パパと楽しい歯みがきの写真を寄せてくださったのは、N.N.さん親子。パパと一緒に笑顔の歯みがきタイムに。赤ちゃんって、教えたことよりも、ママやパパの真似をしたがるものなんですよね。

「なんの抵抗もなく口に入れてカミカミしてたので、これならきっと嫌がらずに歯みがきできるな!と思っていたら、くすぐったがっていました。

歯固めの玩具みたいな柔らかさで、これなら安全だな!と思いました。?ママとパパが歯みがきしてるのを見せると、真似してシャカシャカ動かしていました。」(N.N,さん親子)

自分用の歯みがきでテンションアップ!

歯磨き女の子,はじめて,ハブラシ,

こちらは少し大きめのお姉さん。はじめての自分用ハブラシで、すすんで自分で歯みがきしてくれるようになったそうです!ママパパにとって、こんなにうれしいことはありません!!!

「自分みがき用のハブラシをはじめて使用したため、とてもテンションが上がっていました。

2日目以降も「ハミガキするよ~」というと、「わたしのハブラシだよね」といそいそと寄って来てくれるので、助かりました。

今まで見た中で一番ヘッドが柔らかいので、安心して使わせることができました。」(G.J.さん親子)

はじめてのハブラシは「クリニカkid’sハブラシ 0~2才用」がおすすめ!そのわけとは?

出典:youtu.be

今回、はじめての歯みがきチャレンジに利用したのは、ライオン「クリニカKid’s ハブラシ 0~2才用」。

はじめてでも楽しくて、毎日歯みがきがしたくなってしまう、安全安心の工夫がいっぱい詰まったハブラシなんです。

その特長をご紹介していきましょう。

ネックが曲がるのが楽しい&安全!もちろん清掃力も〇。

ぐにゃり,はじめて,ハブラシ,

「クリニカKid’s ハブラシ 0~2才用」は、はじめて歯みがきをする赤ちゃんから成長して歩き回るようになった幼児まで、楽しく歯みがきができて、かつ安全な作りになっています。

最大の特長は、ぐにゃりと曲がるネック。体験談にもあったように、この「ぐにゃり」に赤ちゃんたちは興味津々。おもちゃ感覚で歯みがきを楽しんでくれる子もいっぱいいるんです。

そして、楽しいだけではありません。成長して歩き回るようになると心配なのが、ハブラシを口に入れた状態での転倒です。

「クリニカKid’s ハブラシ 0~2才用」は、ネックが曲がることによって、もしもの時の衝撃低減効果は従来品と比較して95%低減。安全性は飛躍的に向上し、ママパパも安心です。

さらに、歯垢除去力が落ちないよう、横には柔らかく曲がり、ブラッシングには大切な縦方向には曲がりにくくなっています。

持ちやすいハンドルで、赤ちゃんの手にもピッタリ。

ハンドル,はじめて,ハブラシ,

「クリニカKid’s ハブラシ 0~2才用」は、乳幼児も握りやすくて自分みがきがしやすい、というのが2つ目の特長です。

その秘密はハンドルの弾力と形状。そして、大きさ。超ソフトな弾力のハンドルで、にぎりやすい丸型。しかも、乳幼児の小さな手にもおさまるよう絶妙なサイズになっているんです。

また、ハンドルに人気のディズニーキャラクターがプリントされているのも見逃せないポイントです。

「やわらかめ」ブラシでお口も安心。

ブラシ,はじめて,ハブラシ,

「クリニカKid’s ハブラシ 0~2才用」の3つ目の特長は、毛のかたさ。

敏感なお口の赤ちゃんでもいやがらないよう、「やわらかめ」の毛を採用しています。優しい感触なので歯みがきへの抵抗感も薄まります。

まとめ

はじめてのハブラシを使っている赤ちゃんたちの様子、楽しそうでしたね! まだ、歯みがきにはチャレンジしていないけど、不安だな~と思っていたママパパたちにも安心していただけたのではないでしょうか。

一番大事なのは、歯みがきの時間を楽しんでもらうこと。ちょっと嫌だな~という雰囲気が見えたら、あまり無理強いはせず、ほっぺを触ったり、というスキンシップから始めてみてはいかがでしょうか。

具体的な歯みがきの進め方などは、以下の記事もぜひ、参考にしてみてくださいね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。