妊娠初期のお風呂で気を付けること

温度はぬるめでめまい・のぼせ防止

入浴する女性,妊娠初期,お風呂,

まず、お湯の温度ですが39~40度ぐらいのややぬるめの温度にしましょう。普段は42度ぐらいのお風呂に入っていたという人もいるでしょうが、妊娠中は貧血になりやすく、のぼせやすい状態でもあるのであまり高めの温度はおすすめできません。

また長風呂は、のぼせやめまいなどの体調不良の原因となることがあるので妊娠中はやめておきましょう。だいたい10分程で湯船から一旦あがるようにしてください。

お風呂に入るときはかけ湯をして体を慣らしてからゆっくり足から入るようにしましょう。半身浴がおすすめですが、苦しくなければ短時間であれば肩まで湯船に浸かっても良いです。

もし途中で息苦しさやしんどいと感じることがあれば、すぐに湯船から出るようにしてください。湯船の中だけでなくお風呂は床が濡れていて転倒の危険があります。

特に妊娠中は立ちくらみやめまいが起こりやすいです。転倒してしまうと最悪の場合流産の原因になってしまうこともあるため足元には物を置かないなど十分注意をしてくださいね。

追い焚き、入浴剤使用の注意点

追い炊きをしてお湯を使い回すのも妊娠中はあまりおすすめできません。追い炊きのお湯の中には感染の原因となる菌がいることがあります。妊娠中は清潔なお湯でお風呂に浸かることをおすすめします。

入浴剤はいろいろな種類があり、リラックスもでき、よく使っているという方もいるのではないでしょうか。一般的に妊娠中に入浴剤を使ってはダメということはありません。

しかし、妊娠中は肌が敏感になっており、刺激の強いものだと肌荒れをしてしまう可能性があります。また、妊娠初期は、香りの強いものを使うとつわりの症状を酷くしてしまう場合もあります。

さらに、アロマを使う場合は妊娠中に使って良いものと良くないものがあります。入浴剤やアロマを使用する場合は必ず妊娠中にも使えるものかを確認して使用するようにしてくださいね。

具合が悪いときは?

出血があるとき

お腹をおさえる女性,妊娠初期,お風呂,

妊娠初期の出血にはいくつか原因があります。着床出血といって受精卵が着床する際に子宮内膜を傷つけてしまい少量の出血が出ることがあります。

また、膣が炎症を起こし、ただれて出血したり、粘膜が傷ついて少量の出血があったりすることもあります。その他にも切迫流産の兆候として鮮血が出る場合もあります。

このような出血がある場合、感染の危険性なども考え、湯船にはつからずシャワーですませるようにしましょう。また、大量に出血をしていたり、激しい腹痛を伴う出血があったりする場合は病院を受診してくださいね。

茶おりがあるとき

妊娠初期の茶おりは量が少なく自然におさまるものであれば問題ないことが多いです。しかし、茶おりが自然におさまらず続くような場合は絨毛膜下血腫によるものの可能性もあります。

絨毛膜下血腫とは、何らかの原因で胎盤の絨毛膜と脱落膜の間に血腫が形成された状態を言います。血腫が大きい場合は流産や早産の危険性もありますので、状態によっては自宅安静や入院管理が必要になることもあります。

このような茶おりが続く場合も、1度健診の際に医師に相談するようにしてください。念のため入浴はシャワーだけを短時間で済ませておくと安心でしょう。

切迫流産のとき

切迫流産の場合は基本的に自宅安静や入院管理となることが多いです。切迫流産の状態にもよりますが、入浴は体に負担がかからない程度にシャワーか体拭きにしましょう。

詳しくどうしたらよいか気になる時は医師に相談してくださいね。また、お腹の張りがある場合などは無理せず、体拭きのみにするなどなるべく安静に過ごしてください。入院管理の場合のお風呂は病院の指示に従いましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

自宅安静のとき

自宅安静の場合は基本的に安静にするということなので、湯船に浸かるのは体力も使うのでやめておきましょう。

医師に相談した上、短時間でシャワーにし、体調が良くない時や出血やお腹の張りがある時は体拭きだけにするなど無理せず過ごしましょう。

つわりがひどいとき

つわりがひどい時は、お湯の熱気で気持ち悪くなったりシャンプーなどの匂いが気になったりという人もいます。その場合は短時間のシャワーで済ませるか体拭きのみにするなど工夫して入るようにしてください。

お腹の張りがあるとき

お腹の張りがある時は安静にすることが大切です。お腹の張りが頻繁に起こると、切迫流産や早産の原因となることもあります。

お腹の張りがある場合は入浴は控えて、短時間でシャワーにするか体拭きのみにしておいてください。また、安静にしてもお腹の張りがおさまらない時や腹痛や出血があったり、お腹の張りが頻繁に起こる時は病院に連絡してくださいね。

めんどくさいときは?

からだを清潔にすることが大切

疲れている,妊娠初期,お風呂,

妊娠初期は体調も優れず、お風呂に入るのがめんどくさいと思う時もありますよね。そんな時は無理に湯船に浸かる必要はありませんが、出来ればシャワーは毎日する方が良いです。

なぜなら、妊娠中は汗や脂の分泌が多くなり、皮膚が汚れやすい状態です。また、性器からの分泌物も増えてくるので体を清潔に保つ必要があります。

どうしても入りたくない時は脇などの比較的汗をかきやすい部位や、陰部だけでもシャワーや体を拭くなどして清潔を保つようにしましょう。 

まとめ

いかがでしたか?妊娠初期のお風呂についてわかりましたでしょうか。妊娠初期はつわりなどの体調の変化もありますが、妊婦さんにとって清潔を保つことは大切なことです。

もし、入浴してもいいのか迷った時は医師や助産師に相談してみてくださいね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。