【1】初心者も楽しめる高規格なキャンプ場

無料で利用できるお風呂がうれしい!

オートキャンプサイト,NEOキャンピングパーク,出典:neocamp.or.jp

「NEOキャンピングパーク」の魅力は、やはり大自然です。自然の中で楽しむキャンプは、大人も子どもも普段はできない自然遊びを満喫したり、家族だんらんをゆっくり楽しんだりと日常を忘れ、のんびりと過ごせます。

小さな子連れファミリーもコテージを利用すれば気軽にアウトドアを楽しめますね。またファミリー優先のトレーラーキャビン(バンガロー)もあるので、キャンプ初心者の方はこちらから始めてみるのもおすすめです。

サニタリー棟にはトイレ、ごみステーション、コインランドリーやコインシャワー、有料で給湯器が使える炊事場があり、どの施設も常にきれいにされていて気持ちよく利用することができます。

レンタル品の貸し出しやキャンプの受付などを行っているセンター棟内には無料で利用できる男女別のお風呂があるのもうれしいポイントです。貸切家族風呂もありますよ。

イベントや自然体験教室も開催

魚のつかみどり体験,NEOキャンピングパーク,出典:neocamp.or.jp

キャンプ場では年間を通して様々なイベントを行っています。魚のつかみ取りやもちつき体験など季節に合わせたイベントが企画されているので、ホームページでチェックしてみましょう。

中でも人気のイベントがキャンプの達人「クマヒゲ」さんによるクラフトコーナーです。朝と日中、夕方は有料でまがたまやキーホルダー、クリップなどを作成できます。

夜にはティッシュBOXや牛乳パック、ペットボトルなどを持参して作れる無料クラフトコーナーがあり、こちらは親子で参加となります。

どちらも土日祝日のみで開催日が決まっていますので、ホームページで開催予定日と作成できるコースを確認してくださいね。きっと、子どもたちに素敵な思い出として残ることでしょう。

また家族や団体向けに稚魚放流体験や渓流学習、周辺のダムや発電所へのウォーキング、キャンプファイヤーなどの夜間イベントなど自然体験教室も行っています。こちらは電話で受付していますので、ご希望の方は直接お問い合わせください。

バーベキューも楽しめる

NEOキャンピングパークでは宿泊のみならず、日帰りでも楽しめます。多目的施設「みんなの広場」は屋根付きでイスやテーブルが用意されているので、グリルや網、炭などの道具や食材を持ち込んでバーベキューもできますよ。

コテージやオートキャンプサイトも日帰り利用も可能なので、気軽にアウトドアを楽しんでみましょう。

【2】充実のレンタル品

キャンプ用品以外にもアクティビティ用品もレンタルできる

レンタル品,NEOキャンピングパーク,出典:neocamp.or.jp

NEOキャンピングパークは、レンタル用品が充実です。インナーマットとグランドシート付のドームテントや寝具、イス、テーブルなどキャンプで必要なものは一通り揃っています。包丁や鍋などの調理器具もありますよ。

また他のキャンプ場ではあまり見られない、自転車やスケーターバイク、フリスビー、ミニ卓球台などといったアクティビティ用品もレンタルすることができるのもうれしいですね。

キャンプ用品を持っていなくても食材と身の回りの物だけ用意するだけで、本格的なキャンプが楽しめます。なおキャンプ場の周辺には食材を調達できるお店がありませんので、事前準備をお忘れなく。

【3】NEOキャンピングパークの予約方法・料金

3ヶ月前から電話予約が開始です

センターハウス,NEOキャンピングパーク,出典:neocamp.or.jp

NEOキャンピングパークは、通年営業しています。予約は、3ヶ月前の同日から電話で予約を受け付けています。インターネットからは、2ヶ月前の同日から仮予約ができます。

電話予約は8時30分から17時まで、インターネット仮予約は24時間OKです。宿泊施設の日帰り利用の予約は、1週間前より電話でのみ受付となります。利用料金は現地で現金払いになります。

また、予約日の10日前からキャンセル料が発生します。当日キャンセルは100%のキャンセル料が発生しますので、楽しくキャンプの日を迎えることができるよう体調を整えましょう!

利用料金

オートキャンプサイトで宿泊の場合、基本料金が4,320円で、大人1人につき1,080円と3歳以上12歳未満の子ども1人540円の利用料金が必要です。

コテージ宿泊の基本料金は、19,440円、トレーラーキャビンは10,800円で利用料金が大人、子ども共に1,080円の利用料金となっています。

また2017年7月15日以降の利用の場合、シーズンによって基本料金が異なりますので、詳しくはホームページでご確認ください。

【4】基本情報・アクセス

各高速道路のICからは1時間15分~30分ほど

じゃぶじゃぶ池,NEOキャンピングパーク,出典:neocamp.or.jp

NEOキャンピングパークへは、名神羽島ICと大垣IC、東海北陸自動車道美濃・関ICからそれぞれ1時間30分ほどで到着です。

東海環状自動車道関広見ICからは1時間15分となっておりますので、それぞれキャンプ場までの道のりをのんびり楽しみながら向かえます。

途中にある道の駅「織部の里もとす」や「うすずみ桜の里・ねお」で食材調達や休憩をとりながら向かうと良いでしょう。

また周辺には「おすずみ温泉」や「地震断層観察館」、「奥美濃水力発電所」などといった場所もあるので、キャンプ前後に立ち寄ってみるのもおすすめですよ。

NEOキャンピングパークの住所、TEL等の基本情報

【住所】
〒501-1512 岐阜県本巣市根尾下大須1428-1

【アクセス】
樽見鉄道樽見 樽見駅から9610m

【営業時間】
8:30 ~ 17:00

【お問い合わせ】
TEL:0581-38-9022

【赤ちゃんデータ】
駐車場 ◯
飲食物持ち込み ◯
売店 ◯

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

自然の中で思いっきり遊び、たき火を囲んでご飯をみんなで食べ寝袋で寝る…。キャンプでしか味わえない体験は、子ども達のかけがえのない思い出の一つになることでしょう。

充実な施設の「NEOキャンピングパーク」なら安心してキャンプが楽しめます。ぜひご家族でキャンプを満喫してくださいね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。