フードライターの鈴木美和です。皆さんは日本のお正月に食べる甘いものといえば何を思い浮かべますか?

きっとお汁粉や栗きんとんと言う方が多いかと思います。

日本のみならず、いろいろな国で新年を祝うお菓子がありますが、世界的に一番有名なのはフランスで新年に食べる伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」ではないでしょうか?

今日は、そのフランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」の歴史や楽しみ方をご紹介いたします。

【「ガレット・デ・ロワ」(1)】歴史

由来はキリストをお祝いするお菓子

東方の三博士※画像はイメージです,ガレット・デ・ロワ,新年,フランス

年末から新年にかけて、スイーツ好きは、とあるお菓子を待ち焦がれてそわそわし始めます。それがガレット・デ・ロワ。年末頃からパティスリーやパン屋さんに登場します。

フランスでは1月6日の公現節(エピファニー)に欠かせない伝統のお菓子として、中世から親しまれてきました。

公現節とは昔、東方の3人の賢人(3博士)が赤い星に導かれ、クリスマスから12日目の1月6日にイエス・キリストの生まれたベツレヘムの馬小屋にたどり着き、彼の誕生を祝ったという話に由来しています。

つまり「ガレット・デ・ロワ」はキリストが「公」に「現」れ、みんなが誕生を知った日を祝うお菓子なんですね。

【「ガレット・デ・ロワ」(2)】どんなお菓子?

フェーブという当たりが入っています

「ガレット・デ・ロワ」の画像,ガレット・デ・ロワ,新年,フランス

バターを何層も重ねたパイ生地の中にリッチなクレーム・ダマンド(=アーモンドクリーム)がたっぷり。

しかも中にはフェーヴと呼ばれる小さな陶器の人形が1つ隠されていて、これに当たった人は王様として祝福を受けるのです。

最近は陶器は別添えにしてあり、パイの中にはアーモンドが入っている「ガレット・デ・ロワ」も多いので小さいお子さんがいても安心ですね。

また、ガレット・デ・ロワはバターが豊富な北フランスが主流。

南仏ではオリーブオイルを使ったパン生地、またはブリオッシュ生地のガトー・ド・ロワがポピュラーです。

日本では南仏流はあまり見かけませんが、こちらも素朴なおいしさです。

【「ガレット・デ・ロワ」(3)】おすすめのお店

日本における正統派ガレット・デ・ロワ

島田進シェフ,ガレット・デ・ロワ,新年,フランス 出典:www.takanashi-milk.com パティシエ・シマ,ガレット・デ・ロワ,新年,フランス 出典:www.takanashi-milk.com

私のお気に入りは、「パティシエ・シマ」。

島田進シェフは正統派ガレット・デ・ロワの伝道師で、模様はよつ葉=幸福を表すそう。

上質なアーモンドを使った生地はしっとり。サクサクのパイ生地とのコントラストが絶妙です!

まとめ

いかがでしたか?新年ならではのお菓子、「ガレット・デ・ロワ」。当たりを楽しむゲーム感覚として、家族や友人などみんなでワイワイと盛り上がれます。

新年の幕開けは“王様のお菓子”で一年の幸運を占ってみてはいかがでしょうか?

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。