【1】松山市立子規記念博物館

正岡子規の文学から人となりまで、豊富な資料が語ります

松山市立子規記念博物館,子ども,松山,観光出典:sikihaku.lesp.co.jp

「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」の句などで知られる俳人・歌人の正岡子規の記念博物館です。

正岡子規のかつて残した文学作品についてはもちろん、子規の人となりや親交のあった夏目漱石との関わり、更には松山の歴史に至るまで豊富な資料が残されています。

展示物の中には正岡子規自ら手がけた水彩画などの資料も。
子規と漱石が共同生活を送った「愚陀仏庵」の再現施設もあり、中に入ることもできます。

珍しいのは野球のユニホーム姿の子規の写真。子規は現代も使われている野球用語の和訳のほとんどを考案した人物でもあります。

野球が大好きというお子さんならなんだか親近感を覚えるかもしれませんね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2】子規堂

【2-1】子規が17歳まで暮らした家を復元した記念堂

子規堂,子ども,松山,観光出典:shikido.ehime.jp

「子規堂」は子規が17歳まで暮らした家を復元して記念資料を集めた場所です。堂内には子規の直筆原稿に遺墨・遺品を始めとする展示品が収められています。

子規が使用していた勉強部屋や愛用の机など、子規の日常生活を思わせるような展示が多数あり、子規の文学者ならではの筆まめな性格もうかがい知ることができます。

子規堂は正岡家の菩提寺である正宗寺(しょうじゅうじ)の境内に立ち、境内墓地には正岡代々のお墓や子規の埋髪塔があります。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2-2】坊ちゃん電車

坊ちゃん電車,子ども,松山,観光出典:www.iyotetsu.co.jp

子規堂の正面には夏目漱石の小説、坊っちゃんの中で「マッチ箱のような汽車」と評された『坊っちゃん電車』の客車があり、ここでもやはり子規と漱石の関わりを知ることができます。

『坊っちゃん電車』は本数には少ないですが、今も当時の姿のものが運行中です。かわいらしい外見が子どもにも人気。ぜひ親子で乗車してみてはいかがでしょうか。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【3】坂の上の雲ミュージアム

司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」の記念館

坂の上の雲ミュージアム,子ども,松山,観光出典:www.sakanouenokumomuseum.jp

1968年から72年にかけて連載された新聞小説「坂の上の雲」。

小説内で主人公と位置づけられた正岡子規、秋山好古、真之の三人の生涯と彼らが生きた時代について展示した博物館です。

展示内容は小説や明治時代に関わる書籍の紹介や、近代国家へと歩み始めた明治日本の特徴、そして小説に登場する主人公たちのエピソードなど。

実際に使用したゆかりの品も展示しています。文学のことだけでなく背景となる歴史のことも詳しく学べますよ。

当時の小学校の授業で使用していた教材の展示もあります。今、子どもが勉強している教科書やドリルと内容を比較してみても楽しいですよ。

2016年2月14日(日)までは企画展として「子規・真之の青春」が開催されています。

東京大学予備門の同門として学びに切磋琢磨し合い、更に娯楽や新しいスポーツなどの文化に影響を受けていく書生時代の二人、当時の若者達の姿に迫ります。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【4】道後温泉本館

温泉の後は「坊っちゃんの間」へどうぞ

道後温泉本館,子ども,松山,観光出典:www.dogo.or.jp

日本最古の温泉とも言われる道後温泉。ゆっくり温泉で癒やされたあとは、夏目漱石ゆかりの「坊っちゃんの間」を見学してみてはいかがですか?

道後温泉本館では4つの入浴コースが用意されていますが、いずれも無料で「坊っちゃんの間」を見学できます。

歴史ある道後温泉の建築を眺めつつ、漱石にちなんだ展示を見ていると、ちょっぴり自分も文豪気分にひたれるかも。

皇室ゆかりの湯殿「又新殿(ゆうしんでん)」の見学ができるコースもありますので、合わせていかがでしょうか。

数多くの文豪たちに愛された道後温泉。本館の建物建築も一見の価値有りですよ。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

今回は「読書の秋」にちなみ、多くの文豪たちのゆかりの地・松山市のおでかけスポットをご紹介いたしました。

中には親から言われなくても、自分から様々な本の世界に興味を持ち始めるお年ごろの子どももいると思います。

できるだけ多くの本に触れる機会を作ってあげるとともに、その作者たちの生きた時代や背景についていっしょに学んでみてはいかがでしょうか。

きっと親子で文学の世界をより深く知ることができると思いますよ。もちろん温かい温泉や、地元名物の「鯛めし」などのグルメも楽しみの一つですね。

ぜひ親子でお出かけしてみてください。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード