最近ママ・パパになったばかりという皆さんは赤ちゃんの健康についてどう考えていますか?定期検診や病院選びなどはもちろんのこと、デリケートな赤ちゃんの体と心をより健やかに育てていくにはどうしたらいいだろう…とお悩みの方も多いかもしれません。
 
そこで今回は赤ちゃんとの健康を考える親子参加型のイベントを2つご紹介します。ベビーヨガなど、このごろちょっと運動不足が気になるという親御さんにもピッタリのイベントがありますよ。今回は横浜市のイベントに注目してみました。
 
ベビーマッサージの画像* 写真はイメージです
 
 

【1】Anju たまプラーザ教室


赤ちゃんと遊び感覚で触れ合いながら体験するベビーヨガ教室


ベビーヨガの画像* 写真はイメージです
 
 
神奈川県、そして東京都に展開している「Anju」。ここではベビーヨガなど赤ちゃんや小さなお子さんとともに親子で参加できるイベントを数多く開催しています。そのメインはベビーヨガなど、赤ちゃんと親御さんの心と体の健康や、親子でのコミュニケーションの幅を広げることができるような内容で盛りだくさんです。
 
この中でも「ベビーヨガ」は赤ちゃんと遊び感覚で触れ合いながらより一層のコミュニケーションを図り、赤ちゃんの体を強くすることができるほか、出産を経て体型の変化が気になるというママの体も引き締めてくれる内容となっています。
 
開催日はホームページでご確認ください。人気があり満席になってしまうので、お早目にご予約を入れておくことをお勧めします。
 
 

言葉以外でのコミュニケーション「ベビーサイン」を学んで赤ちゃんと対話してみよう!


ベビーサインの画像* 写真はイメージです
 
 
まだ言葉がわからないうちの赤ちゃん、小さいお子さん。さっき笑ったかと思うともう泣いて…という様子を見て、どうやってお子さんの気持ちを感じ取ればいいかわからないとお悩みの親御さんは多いですよね。ベビーサイン教室ではそのようにまだ言葉をうまく使えない小さなお子さんとのコミュニケーション手段、サインを楽しく学べる教室です。
 
お歌やふれあい遊び、シアターやワークショップなど楽しい遊びやコミュニケーションを通してサインを学ぶことができます。特に今回は講師が実際に子供とやってみたうえで役立ったもの、レッスン後にすぐ使えて普段の生活の中でも使用頻度が高いもの、そしてレッスン後に「子供が使えるようになった」とすぐにお知らせがあったものをメインに行うそうです。
 
こちらも開催日はホームページでご確認ください。人気があり満席になってしまうので、お早目にご予約を入れておくことをお勧めします。
 
 

ママはもちろん、パパの参加も大歓迎!


パパママと赤ちゃんの画像* 写真はイメージです
 
 
こういった親子教室は男性はお断りされることが多いのではないだろうか…とお考えのパパも多いかもしれませんね。Anjuではパパの参加も大歓迎しているんですよ。
 
パパだけでなくおじいちゃんあばあちゃんなど、お子さんの「ファミリー」ならどなたでも歓迎。なんといっても講師の娘さんもパパからマッサージしてもらうのが大好きなんだそうですよ。(教室によってはご遠慮いただくことがあるのでご予約の際にお問い合わせください)
 
 

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


Anju


 
 

【2】マタニティ&ベビーフェスタ2015 パシフィコ横浜


家族全員で妊娠・出産・育児のことについて楽しく遊んで学べるイベント


マタニティ&ベビーフェスタ2015の画像出典:http://maternity-babyfesta.jp/
 
 
2015年4月4日、5日にパシフィコ横浜で開催されるマタニティ&ベビーフェスタ2015。こちらはママだけでなくパパも含めた家族全員で妊娠・出産・育児のことについて楽しく遊んで学べるイベントです。入場は無料。
 
参加型のイベントはもちろんのことマタニティ&ベビーに関連する企業が80社以上も出展を予定しており、用品やサービスに関する情報を直接企業の人とやり取りしてゲットするチャンスです。
 
さらには産婦人科・小児科の著名なドクターや共働きサイト「日経DUAL」の編集長に、話題のタニタ食堂とこの機会にぜひ聞いておきたい特別公演も目白押しです。
 
 

赤ちゃん一人一人が主役!参加型イベント「ベビーパーク」で思いっきり遊ぼう!


ハイハイ競争の画像出典:http://maternity-babyfesta.jp/
 
 
マタニティ&ベビーパークの参加型イベントの中でも赤ちゃん自身が一番の主役となるのがこの「ベビーパーク」です。
 
まず「ハイハイ競争2015年チャンピオンシップ」では、ハイハイ自慢の赤ちゃんたちが参加するレース形式のコーナーです。一心不乱にゴールを目指す赤ちゃんもいれば、のんびり一休みをする赤ちゃん、はたまたお隣のお友達が気になってついついコースを外れてしまう赤ちゃんと…まだまだ小さいけれど個性的な赤ちゃん選手の動きにヒートアップしてしまいそう。
 
まだハイハイまであと少しというお子さんには「おひるねアート」がお勧め。横になっている赤ちゃんの背景に小物を配置して、いつもの寝顔をよりかわいらしく残すことができます。
 
「フェスタ記念日”足ぺったん”」では日々大きくなる赤ちゃんの手を記念に手形として残すことができます。大人とは違って、ひと月時が変わるだけでもぐんと心も体も成長する赤ちゃん。あのころと比べてどのくらい大きくなったのかな?と手形と見比べてみるのもいいかもしれません。
 
 

これから赤ちゃんを迎えるパパとママ向けのコーナー「マタニティアップダウン」


妊婦体験コーナー出典:http://maternity-babyfesta.jp/
 
 
こちらはもうすぐパパ&ママになるというカップルの方向けのコーナー「マタニティアップダウン」です。頭では妊娠や出産のことがわかっているんだけどなかなか実感できないというカップルの方、特に”プレパパ”さん向けのとっておきのコーナーがあります。
 
それが妊婦体験コーナー。妊婦体験ベルトをパパに装着してもらい、実際におなかが重い状態を体験することができます。男性は女性よりもずっと力が強いから大丈夫…と思っていると大変かもしれませんよ。
 
「マタニティベリーペイント」では大きくなった妊婦さんのおなかにかわいい絵をペインティング。元気な赤ちゃんが生まれますようにという願いを込めて、記念撮影をすることができます。
 
「マタニティ マニュピレーション」では歩き回って疲れた脚や妊娠中の腰の負担を和らげるコーナーを行っています。妊娠中の様々な健康に関する相談も受付中とのことです。
 
 

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


パシフィコ横浜


 

マタニティ&ベビーフェスタ2015 パシフィコ横浜


 
 

まとめ


いかがでしたか?今回は横浜市内で行われる、赤ちゃんと親子で心と体の健康をはぐくむイベントをご紹介いたしました。
 
近年は「子育ては家族全体でするもの」という意識が家族レベルだけでなく社会レベルでもより一層浸透しているだけあって、ママだけでなくパパも参加可能というイベントが増えてきました。赤ちゃんと触れ合い、遊びのような感覚で参加してより深く育児や出産のことについて知ることができるイベントばかりなので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】Anju


 

【2-1】パシフィコ横浜


 

【2-2】マタニティ&ベビーフェスタ2015 パシフィコ横浜


 

 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。