ワクチンの同時接種について

赤ちゃん ワクチン 予防接種,

保護者の皆さんから、「複数のワクチンを同時に接種すると、どんな問題がありますか?」という質問をよく受けます。答えは、「全く問題ありません」です。ワクチンの同時接種については、その子の基礎疾患や接種時の体調などを見た上で判断いたします。どうしても心配な方は、一回ずつの接種ももちろん致しますので遠慮なくご相談下さい。

ワクチンによって命にかかわる重篤な疾患が予防できます。そして、ワクチンによって多くの命が救えます。適切な時期に適切な予防接種を受けることが重要です。ワクチンの重要さをよく理解し、お子さんが重篤な疾患にかかるのを予防しましょう。

365日年中無休で診療をする小児科クリニック「キャップスクリニック」では、小児科受診前に保護者の皆さんに知ってほしい病気と健康の知識として、以下のように説明をしています。

ワクチンを同時接種すると効果は大丈夫?

全く問題ありません。海外ではむしろ同時接種が一般的で、ワクチンの有効性や副反応について、同時接種と単独接種では差がないことが科学的に証明されています。

ワクチンの同時接種は危険なの?

ワクチン同時接種の安全性については、日本小児科学会が次のように意見をまとめています。

1.複数のワクチン(生ワクチンを含む)を同時に接種した際の、それぞれのワクチンに対する有効性
⇒複数のワクチン接種によって効果が減少することはない。

2.複数のワクチン(生ワクチンを含む)を同時に接種した際の、ワクチン接種の有害事象、副反応
⇒複数のワクチン接種によって有害事象、副反応の頻度が上がることはない。

何種類まで同時接種できるの?

・同時接種において、接種できるワクチン(生ワクチンを含む)の本数

こちらも日本小児科学会が次のように意見を表明しています。
⇒本数に原則制限はない。同時にいくつもの接種をしても問題はない。

,

※365日年中無休で開院する小児科「キャップスクリニック」提供

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード