アレルギーについて

アレルギー,

アレルギーは体の中の免疫が外から入ってきた異物に対して過剰に反応し、さまざまな症状を引き起こすことをいいます。近年アレルギーを持つお子さんは増加傾向にあります。正確にアレルギーを診断し、適切な治療を行うことが重要です。

365日年中無休で診療をする小児科クリニック「キャップスクリニック」では、小児科受診前に保護者の皆さんに知ってほしい病気と健康の知識として、以下のように説明をしています。

アレルギーについて知っておくべきポイント

アレルギーってどういう病気?

外からきた異物に対して体が過剰に反応して、皮膚や呼吸器、目のほか全身に症状を引き起こすことをいいます。

食物アレルギーの診断 食べた後に皮膚に蕁麻疹や湿疹、ゼーゼー、顔色不良などの症状がおこることによって診断します。

血液検査(IgE抗体)がありますが、結果が高くても食べられる場合もあれば、逆に低くてもアレルギーを起こすこともあり、検査結果だけでは診断できず、あくまでも症状による診断の補助になるものです。

離乳食開始の前に検査は必要?

必要ありません。 お子さんの食物アレルギーで症状が出やすいものとして、卵、小麦、牛乳、大豆などがあります。

これらを含め、初めて食べるものは、加熱、加工されたものをひとさじから始め、様子を見ながら増量してください。

何かあったときにはすぐ受診できるように、平日の日中に始めるのが良いでしょう。

,

※365日年中無休で開院する小児科「キャップスクリニック」提供

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。