急性中耳炎について


子どもがり患しやすく、繰り返しやすい中耳炎。急性中耳炎は経過観察と場合によっては適切な治療をすることで、ほとんどの場合は完全に治ります。保護者の皆様が、確立されたスタンダードな治療を理解し、適切な治療をうけることが子どもの健康を守ることにつながります。
 
365日年中無休で診療をする小児科クリニック「キャップスクリニック」では、小児科受診前に保護者の皆さんに知ってほしい病気と健康の知識として、急性中耳炎について、以下のように説明をしています。
 
子ども中耳炎治療
 
 

急性中耳炎について知っておくべきポイント


のどや鼻にウイルスや細菌がくっついていて、それらが「耳管:じかん」を通って、耳に入り込み、炎症を起こすと中耳炎が起こります。


子どもの場合、「耳管:じかん」が太く短いうえに、耳からのどまでの傾斜がゆるやかなので、バイ菌やウイルスが侵入しやすく、中耳炎になりやすいのです。


年齢、症状、鼓膜の所見などから重症度を評価し、その状態にあった治療を選択します。


軽症の場合には、痛み止めだけで経過を見ても、治癒する場合が多いです。


鼻吸引、鼻かみ、鼻の洗浄は中耳炎を予防する一つの手段であることが証明されています。


 
 

急性中耳炎に関する各ポイントのより詳しい説明を読む


 
 

キャップスクリニックロゴ
※365日年中無休で開院する小児科「キャップスクリニック」提供
※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。