チャイルド・アイズって?

豊かな創造性や柔軟な思考を育てる幼児教室

ロゴ,出典:www.childeyes.jp

チャイルド・アイズは、知能教育学と幼児心理学をもとに思考力と人間力を育てる幼児教室。

お子さんの「どうして?」「やってみたい!」という気持ちを大切に、五感を通じて刺激を与えることで、脳全体の発達を促します。

成長にあわせたバランスのよい体験を重ねることで、知識だけに偏らず、思考力や読解力に強いお子さんへと育ちます。

まだ早くない?小さい頃からの幼児教育はなぜ必要なの?

幼児教育には適齢期がある!

親子,

近年の研究では、幼児期に良い刺激を受けると脳の発達が促されると言われています。

1~9歳は、脳の伝達シナプスが増え、発達が促される「脳の臨界期」。
中でも脳の80%が出来上がる3歳頃は、幼児教育の適齢期とも言える大事なタイミングなんです。

脳の臨界期,

このタイミングを逃さず早い時期から刺激を与えてあげることが、お子さんの将来を育てることにも。

そんな脳の成長に欠かせない良質な刺激を与えてくれるのが、チャイルド・アイズです!

「脳の器」を拡げる?より多くの能力を吸収できる力を! 

小さい頃に拡げておきたい「脳の器」とは?

脳の器,

チャイルド・アイズでは、さまざまな知能を受け入れる容量=「脳の器」を拡げることを大切に考えています。

この「脳の器」の広さが、柔軟な思考や適応力を育て、将来の人生を積極的に豊かに生きることにつながります!

勉強をする,

さらに「個をもって個に対して教育する」という個性を尊重する方針が、たくさんの成功体験を導き、「脳の器」を拡げる良い刺激になっていますよ。

能力をバランスよく刺激して、苦手分野の少ない子に育てる!

お子さんの将来にとって大事なのが能力のバランスのよさ

チャイルド・アイズでは、知能をさまざまな能力の集まりととらえ、そのひとつひとつを知能因子と呼んでいます。

知能因子,
知能因子,出典:www.childeyes.jp

図形や記号、概念など幅広い分野の知能因子をバランスよく刺激することで、様々な能力を身につけやすくなります。

能力を身につけやすい、苦手分野の少ない子どもに育てることが、豊かな人生の選択にもつながっているとチャイルド・アイズでは考えています。

まずはお近くの教室で無料体験&教室見学をしてみよう!

無料体験レッスンを随時開催♪

チャイルド・アイズでは、実際に教室の雰囲気を体験できる「無料体験レッスン」を各教室で開催中!

実際の教材を使った体験レッスンのほか、教育やコースに関する説明や学習のアドバイスなども受けられますよ!

まずはお近くの教室に、気軽に問い合わせてみてくださいね。

まとめ

今回は、思考力と人間力を育てる幼児教室、チャイルド・アイズについてお伝えしました。

どんなママパパも、子どもには豊かで楽しい人生を送って欲しいもの。

そんな人生のサポートとなる幼児教育を、今からぜひ考えてみてくださいね!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード