Q.哺乳瓶消毒はどのような方法がおすすめですか?

哺乳瓶消毒はどのような方法がおすすめですか?メリットとデメリットがあれば教えてください。

PA,哺乳瓶,消毒,

A.哺乳瓶の消毒は電子レンジを使うのがおすすめ!消毒にかかる時間が抑えられます!

ゆ0717さん

薬液と電子レンジの消毒どちらも持っていますが、主に電子レンジを使用しています。電子レンジの方が、消毒にかかる時間も短く、哺乳瓶をすぐ洗えず溜めてしまっても、ちょっと待てば消毒が済むので良いです。また、薬液を定期的に買う手間が省けます。

薬液は、薬液から出したあとに水分が切れるのに時間がかかるのも気になりました。ですが、薬液タイプは電子レンジがない場所でも使えるので、キャンプや旅行の時に役立ちました。おもちゃや電子レンジに使えない食器など、電子レンジよりはば広く消毒出来るのも魅力だと思います。

編集部からのコメント

今回は、一番回答数の多かった「哺乳瓶の消毒は電子レンジでしました!」という口コミ・体験談のひとつをピックアップしてみました。

このほかにも「哺乳瓶の消毒は薬液でしました!」「哺乳瓶の消毒は煮沸でしました!」という回答が寄せられましたよ。妊娠中や子育て中の疑問や悩みに対するヒントがたくさん!ぜひ読んでみてくださいね。

A.哺乳瓶の消毒は電子レンジでしました!

匿名さん

電子レンジでの消毒 洗って、入れて、チンするだけなので楽でした。消毒後も哺乳瓶を保管できるので、哺乳瓶の保管場所に困ることもなく便利です。デメリットは電子レンジの内部が濡れてしまうので、拭き上げる必要があることです。

匿名さん

私は姉の子どもからのお下がりで、電子レンジタイプを貰いました。消毒液も考えましたが、毎回変えないといけないのが大変だからと姉や友人から聞きました。

電子レンジタイプのメリットはなんていっても時短で簡単!消毒してつけ置きする時間も省かれるので、すごく助かってます。

デメリットは電子レンジでチンした後、哺乳瓶を取り出す時に熱い!特にガラス製の物はタオルとかを巻いてから取るくらい熱いです。また、蓋を開けたときの蒸気も熱いので、火傷に注意です。

匿名さん

電子レンジ消毒は、とにかく早い!5分チンして消毒できるのはお手軽です。薬液消毒は最低でも30分以上は置いておかないといけないので、常に事前に準備しておかないといけないため、睡眠時間を削る要因でした。

あとは消毒液にまけるのか、手荒れが酷くなりました。デメリットは、チンしたては熱すぎて哺乳瓶が触れないことでしょうか。

匿名さん

最初は産院で教えてもらった通り、ミルトンなどを使っていました。しかし、冬の出産で寒いのが苦手だったのと、手荒れが酷くなったので、色々調べ、とにかくラクな方法を探しました。

哺乳瓶などを洗って専用容器に入れ、レンジでチン!は本当にラクで、知ってからはずっとこの方法でした。チンしたすぐは熱々ですが、そのまま乾燥させておけば、すぐに使えます。哺乳瓶の痛みもなく、1歳2ぐらいまでずっとこの方法でしてきました。

夜中の哺乳瓶の処理も本当に大変かとおもいますが、レンチンは数分で完了するのでおすすめです!!第二子も産まれたら、同じ方法でしたいと思っています!!

匿名さん

浸け置きタイプは塩素のにおいが気になったのと、消毒が終わるまで時間がかかるので、電子レンジで3分の方が楽でした。また、すぐにあらって電子レンジで消毒し、またすぐに哺乳瓶を使うことが出来るので、哺乳瓶の数も少なく済みました。

匿名さん

電子レンジ、薬剤消毒どちらも出来る物を購入しましたが、電子レンジ消毒が簡単で、おすすめです。哺乳瓶と乳首を入れて軽量カップで水を入れたら600wで5分かければ消毒出来るので、夜寝る前や朝起きた時など自分のタイミングでサッと消毒できます。

もし水だけじゃ本当に消毒出来てるのか心配になれば薬剤を入れて消毒も出来るし…と思って両方出来る物を買いました。しかし、今のところ(1.5ヶ月経過)電子レンジのみで問題なく消毒できています。

薬剤を使わないので赤ちゃんの口に入ることを心配しなくてもいいし、煮沸消毒のように道具や準備もいらないので、ズボラな私には電子レンジ消毒が合っていました、おすすめです。

匿名さん

哺乳瓶の消毒は、専用の液を購入して最初は行っていました。しかし、姉から電子レンジ用の消毒ケースをもらってからはそちらに変更。

たびたびレンチンするのはめんどくさいと言う意見も見ましたが、私の場合は,薬液につけることなく消毒できるなら!と電子レンジを選びました。二人目も同じ方法。2月に3人目を出産しますがまた電子レンジの予定です!

dmbmisakiさん

はじめは沸騰させたお湯でやろうとしていたが、ミルクをあげる回数もやや多く、そんな時間はないということでレンジになりました。哺乳瓶を洗ってから、レンジで3分するだけでとても楽でした。毎日のことだったので、とても助かりました。

匿名さん

電子レンジ専用の容器に入れると5分ほどで消毒が完了するので、そこまで時間と手間をかけずに準備ができます。消毒液などの費用もかけずに済みます。デメリットは、すぐにミルクを作りたい場合、消毒直後は哺乳瓶と乳首がとても熱いので、冷めるまでに少し時間がかかるところです。

ゆいママ*さん

授乳は主に母乳で、外出したときにミルクでした。電子レンジ消毒のメリットは5分で終わること、薬剤などはいらず、本体と水だけでいいことです。

デメリットは、水を計ること、電子レンジの温めが終わり、出し忘れるとピーピーと音が鳴り子どもが起きてしまうことです。電子レンジによってだと思いますが、なるべく音が鳴らないように、終わったらすぐ出すように心掛けています。

べりさん

薬を使うのは洗い残りが心配だったのと面倒だったので、電子レンジ消毒に決めました。1分程度で消毒ができ、あとは放っておくだけだったので、とても便利でした。消毒器は、普通の蒸し器のような形のものにして、今は肉まんなどの蒸し器として使っています。

あやねる0122さん

よく聞くミルトンとかの薬液タイプの消毒は置き場所にも困るし、面倒だし、最初から目をつけていませんでした。私は最初の方から母乳の出が悪かったので、出産直後すぐに哺乳瓶と電子レンジで消毒できるタイプを買いました。

哺乳瓶が2本分入る大きさで、ちょっとした棚の上に置いても邪魔にならず、おしゃぶりやマグマグもチンして消毒できるので助かりました。薬を使うのには抵抗があるけど、消毒したいっていう方に向いていると思います。

匿名さん

電子レンジ消毒セットは本当に便利です。たった5分で哺乳瓶の消毒ができます。最初は薬液につけるものを使っていましたが、1時間はつけなくてはいけなくて出してからも塩素の匂いがしていて少し心配でした。びしょびしょですし…。

電子レンジのデメリットは今のところ思いつきませんが、簡単すぎて本当に消毒されているのか、心配になるときはあります。

匿名さん

断然私がおすすめするのは電子レンジです!時間もレンジで分数を設定しておけば勝手に消毒してあるし、消毒するケースは、哺乳瓶保管ケースになるものもたくさんあります。そして何より、消毒ケースは安いです。

しかも、外出先でも消毒できるスチーム袋もありますし、ジップロックなどで代用したりもできます!今ではショッピングモールの授乳室にはレンジが置いてあるほどです!

でも、デメリットとしては、今のところ感じるのは、停電の時に使えない事だけです。他にもあるかもしれませんが、私が思うデメリットはこれだけです。

匿名さん

電子レンジで消毒できるボックスを買いました。授乳回数が多く、一晩に4~5回哺乳瓶を使うこともザラだったので、毎回お湯を沸かすことなく済んで、便利でした。

夫にも簡単にできたので、休みの日などは私が夜間の授乳やおむつ替えをしている最中に、夫は哺乳瓶を洗いレンジで消毒をするなど分業できました。

A.哺乳瓶の消毒は薬液でしました!

匿名さん

うちは薬液で消毒しました。わざわざ専用の容器は買わず、家にあった大きいボウルで消毒しました。家でパンを焼いたりしていたので、レンジ消毒でオーブンレンジを使うタイミングを考えなくて良いのが便利でした。

火傷などに気をつけなくていいのは産後、朦朧としている時にも良かったと思います。デメリットは思いつきません。

匿名さん

私は哺乳瓶の消毒に、ビーンスタークのピュリファンを使っていました。すごく簡単で、ミルクを卒業して、哺乳瓶には使わなくなっても、プラスチックのおもちゃや離乳食の食器などを簡単に消毒できるのがとてもいいと思います。

匿名さん

薬液に浸けるだけなので、とても手軽です。薬液も1日ごとに交換すればいいので、そこまで手間に感じませんでした。ただ、1時間は漬けないといけない点やなんとなく薬液が不安です。子どもに薬液を使いたくないというご家庭には合わないかもしれません。

匿名さん

ピジョンの初めてセットで一式揃えました。電子レンジ消毒もできるので、低体重だった赤ちゃんが退院するまでの搾乳器消毒は電子レンジでした。以来、哺乳瓶やおもちゃ、離乳食用品については1日一回作り替える消毒液に浸しています。

匿名さん

粉を水に溶かして使うもののみ使用しています。旅行や里帰りする時など持ち運びが便利なので良いです。ただ、ミルクとおっぱい混合であるため、コスト的にもったいないなと思うこともあります。なので、結局レンジで消毒するものも購入しました。

匿名さん

わたしは薬液消毒が楽でした。まずメリットは、1時間で消毒が終わること。1時間たてばそのまま哺乳瓶をだして使えるのも良いと思いました。産院でも薬液消毒だったこともあり、安心して使えた部分もありました。

手軽にドラックストアで買えるのも良いと思います。そして、薬液を作れば24時間使えます。沸騰消毒だとそのたびにお湯を沸かさなければいけませんが、その必要がありません。

デメリットとしては1時間経たなければ消毒が終わらないので、その間は哺乳瓶を使用できないことですかね。なので、哺乳瓶は2つはあったほうがいいかなと思いました。

匿名さん

タブレットタイプの消毒を使用。持ち運びも出来て薬液等を計る必要性がなく、簡単。場所も取らないため管理が楽。旅行の際はジップロックで哺乳瓶を消毒する際にタブレットも持参して使用するなど活用できる。

コスパは高いが、毎日使用するもので、しかも哺乳瓶以外におもちゃや食器などにも使えるため、便利であった。

匿名さん

哺乳瓶は薬液で消毒していました。メリットは洗って浸けて1時間置けば消毒できるので、とても楽ちんです。デメリットは薬液の値段が高いことと人によってはにおいが気になるということです。

薬液からあげたらすぐに使用することが推奨されていますが、においや薬液が水滴で残ってしまうので、私は一旦乾かしていました。

匿名さん

産院でミルトンを使っていたので引き続きミルトンを使っています。メリットは手軽さです。具体的には哺乳瓶を浸しておくだけで消毒が完了すること、薬液は1日1回の交換で済むことです。

デメリットは1時間しないと消毒が完了しないことです。しかし、授乳のタイミングは3時間に1回ペースなので、特に問題ありません。私は哺乳瓶を2本持っているので、更に心配ありません。

A.哺乳瓶の消毒は煮沸でしました!

いっちゅんママさん

私は昔ながらの煮沸で行っています。ミルトンなどの消毒液につけたこともありますが、その入れ物もきれいに洗わないといけないし、薬臭くて、あまり使いませんでした。煮沸は熱湯になるまで待つ時間などはありますが、間違いなくきれいになる気がするので…。

匿名さん

薬液に浸ける消毒方法も試しましたが、結局煮沸に落ち着きました。薬液は置いておく場所をとりますし、買いに行かねばならないのでかえって手間のように思いました。煮沸であれば大きな鍋も水も家にあり経済的です。

ポットにお湯を用意しておけば、鍋に移して沸かして、まとめて消毒するのも5分程度です。手間もそれほどかかりませんでしたし、おすすめです。

匿名さん

上の子の時は、電子レンジ消毒をしていました。しかし、置き場所に困ったり、消毒容器をきれいに洗わないと衛生的ではないような気がしたりして、下の子の時には使わず…。

小鍋にお湯と哺乳瓶など入れて、煮沸していました。使う頻度が少なかったので、余計なものも揃えなくてよかったです。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード