Q. 3歳の子は階段の上り下りができますか?

我が家の3歳の息子は慎重な性格のせいか、手すりに掴まりながら1歩ずつでないと階段の上り下りができません。

ちょっと年上のお友達は交互に足を出して上手に上り下りしているのですが、いつかは自然とできるようになるのでしょうか?

それとも練習をした方がいいですか?良い練習方法や教え方があったら教えてください。





PA,3歳,階段の上り下り,

A. 低い段差から、練習してみるのはいかがですか?

えみぴょんさん

3歳男児がいますが、小柄なので一段が高さのある階段だと一段ずつしか降りられません。高さのないところだと足を交互に出して上り下りしてます。一段の高さがあまりないところで足を交互に出して上り下りの練習をしてみるのはどうでしょうか?

編集部からのコメント

今回は、「高さが低い段差で、練習してみては?」というえみぴょんさんの回答をピックアップしてみました!

一言で階段と言っても、一段一段の高さが違いますので交互に足を出しやすい場合と、そうでない場合がありますよね。低い段差で練習をして、徐々にレベルアップをしていくことで、階段への恐怖心が和らぐかもしれませんよね。

この他にも、「3歳で交互に上り下りできる」「我が家も一歩ずつです」「こんな練習をしました!」とそれぞれの体験談を教えてくれました!

ぜひ読んでみてくださいね!

A. 我が家の3歳児は交互で上り下りができます!

いよさん

はじめはウチも一歩ずつでした。
それでも大人と一緒に階段を上り下りしているうちに真似するようになりました。

私は友達の子どもが目の前で階段から落ちたのでその時から子どもが階段を降りるのがとても怖いです。
我が子も一歩ずつと教えて慎重に下りてと言ってたのに結局は交互に足を出すようになりました。
成長と共にですね。
だから心配しなくていいと思います。

本人が本人のペースで成長しているんだと思うのでゆっくり見守ってあげるのも大切かなと思います。


agst18t4uさん

今では交互に上り下りしていてもうすぐ4歳ですが、3歳なりたてや中期までは手すりを持っていてもよちよちでしたし、1段ずつでした。

年少になり、体力もついてきて階段を上る機会が増えたこともあって自然に練習になっていたんだと思います。(幼稚園の教室が2階になった、アパートから戸建てになった、公園の遊具を自分だけで登れるようになったなど…)

それに階段は危ない場所でもあるので早く登ろうとしている時や、急いで登ろうとしている時は「危ないから手すりをしっかり持って、ゆっくり登ってほしい」ということを伝えていました。


ももんちゃんさん

段差の高さってどの位でしょうか。
手すりにつかまって一歩づつ降りているときと交互で上り下りしてる時があることに気付きました。

なんでか考えたときに階段の高さの違いに気付きました。

一段一段が低いところでは交互で上り下りできていて一段一段が少し高いところでは一歩づつでした!


匿名さん

その子の運動能力や慎重さは異なるので、何度も階段を上り下りして、「恐くない」「大丈夫」と本人が思ったら、自然とスムーズに、上り下りができるようになると思います!

恐くない事を早くわかってもらいたい場合は、手すりではなく、手をつないで、リズム良く一緒に上り下りして、楽しい雰囲気を伝えてみるのはどうでしょうか?


匿名さん

現在二人のこどもがいます。家が一軒家のため階段は自然とのぼりおりできるようになりました。

上の子は最初の子でもあり慎重になって階段のところに近づけないようにしたりしてたけど、手すりをもって自分でのぼりおりできるようになってからは何も教えず自分のペースで手すりをもったり持たずでできるようになりました。

一度できるようになれば上達するのも早いと思うので気長に待ってみてもいいかと思います。こどもはいつの間にかできることが増えていってますよ。


みなやんさん

出来ないのにどんどん進んで階段から落ちるより、慎重にしっかり一歩ずつ進んでるので良く出来た子だと思います!

うちも登りはどんどん進みますが!降りる時はこれでもかってくらい慎重に降りているので、自分が出来る、出来ないをしっかり理解できているのかな、と思います。

気になるなら、横に並んで階段の昇り降りを練習してみたり、手を繋いで練習したりと、少しずつでいいと思います!


きゃなこさん

慎重な性格だけで身体的な問題でなければ気にする事はないと思います。高さのある段差が気になるなら広場などにある段差の低い階段状のものがあるところで遊ばせればいいのでは?

マンションなどでフラットな環境に慣れていると日常にあるものではなく、特別なものだと思ってしまうのである意味仕方のない事かなぁとも思います。

整備されていない公園なども木の根や石などで良いかもしれません。


のんママ0122さん

特に練習とかはしませんでした。自然と出来た気がしますが、当時、幼児教室に行ったり、幼児教室の体操も通って居たので、先生方にも習っていたのかもしれません。

親の知らぬ間に学び成長していたのかも(笑)実母に見てもらう事もあったので、実母に教わっていた可能性もありますが…。

下の子はもうすぐ2歳ですが、交互に出したり、一歩ずつだったり、その時々で違いますが、手を繋いでいるとわりとそんな感じです。1人で登り下りしてる時は手をついたり、お尻をついたり、一歩出すごとに考えながら慎重にしているようです。


ににぃさん

そのうちできるようになると思います。

段差の小さく、一段の幅が狭い階段を上り下りする練習をしてみるといいと思います。

普段は交互に足をおろして下りれていますが、やはり段差が大きいと、一歩ずつ下りています。


ric0_aさん

ウチの子はご相談者さんとは逆で、とても早く上り下りしていたので、見ているこっちが落ちないかヒヤヒヤしていました。

毎回、毎回、手すりを持つことを口が酸っぱくなるほど言い聞かせていました。子どもにはそれぞれの成長速度があると思うので、焦らず見守っていけば良いと思います。

ゆっくり上り下りしてくれる方が怪我の心配がないので安心ですよ!!


小鳥そらさん

うちの子は交互に上り下りが出来る時と、一歩づつ上り下りをする時があります。どんな時に変わるのかはいまだに謎ですが、子どもの気分によるものなのかな?と勝手に思っています。

他の子が出来て自分の子どもだけ出来ていないと一度思ってしまうと、どうしても焦ってしまいがちですが他の事と一緒で子どもによって成長するスピードや順番はいろいろです。

言葉の早い子もいれば、うちの子のように言葉がゆっくりの子もいます。椅子に座って落ち着いてお絵かきや粘土遊びが出来る子もいれば、うちの子のようになかなか椅子に座っていられず体をめいいっぱい動かすのが好きな子もいます。

私もついつい言葉がゆっくりで落ち着いて椅子に座っていられない我が子の事が心配になりますが、なんとか先日幼稚園の面接に合格出来ました。

プレなどに参加していればもっと他の子達から刺激をもらってたくさんお話をしたり、もっと早く椅子にも落ち着いて座っていられたのかも知れませんが、子育てに正解はないので何がその子にとって良いのかは分かりません。

うちの子も最初は階段を上り下りする時慎重に一歩づつでした。どこかのタイミングで慣れた頃交互に足を出せるようになりました。ただ怖い事に一人でどんどん上り下りをするようになったり、急な下りの時にスピードをあげて下りていってしまう事もあり何度もヒヤヒヤしました。

とりあえず今は一緒に階段を使う時は、足を交互に出すお手本をみせたり、同年代の子で足を交互に出せる子をみつけたら「上手に交互に足を出せてて凄いね」と子どもに話しかけたり、ちょっとした事ですがそれを習慣にしていけば自然とできるようになると思います。

でも「なんであの子みたいに交互に足が出せないの」みたいに子どもに言わないようにだけお気をつけ下さい。

参考にならなかったらごめんなさい。


匿名さん

できます。
できますが、練習の必要性を感じませんでした。その子のペースで着実に成長していますし、本人に恐怖心や心配など不安があるから手すりを使う。これは大人でも一緒ではないですか?

私は高所恐怖症なのでエスカレーターの下りにのるときは怖いので手すりから手が離せません。平気な方は手を離しタンタンと降っていくのでしょうけど。

3歳児の息子も、初めは一歩一歩確実に階段を下りるよう教えています。まだバランスも悪くたまに手すりに捕まらずにおりているときフラッとして滑り落ちそうになったり、2段目くらいから落ちたりします。

子どもの中で自信がついたり、保育園や幼稚園などで友達の姿を見て学んでくるのではないでしょうか。


匿名さん

マンションの階段で普通に歩かせてました。

住んでいるのが2階だったので、荷物が多くない時とかには手を繋いで子どものタイミングに合わせて上り下りしていた記憶があります。

落ちたら怖いので手は必ずつないでいました。現在4歳になるのですが、今だと、逆に手をつないで階段の上り下りをするほうがひっぱられたりするのでこわいので一人で上り下りさせています。


匿名さん

うちの中に階段があるので、私や旦那の真似をして階段を上り下りしたがり、2歳くらいから上り下りの練習をしていました。

最初は一段一段、片足ずつでしたが、やはりほぼほぼ毎日登ったりしているので3歳の頃には1人で普通に上り下りしていました。

経験の差だと思うので、あまり深く考え過ぎない方がいいと思います。


匿名さん

1人目の子は私が慎重になっていたので、階段の上り下りはできるだけさせませんでしたが、自然にできるようになっていました。

一歩ずつでも登れるのであれば心配はいらないと思います。2人目はお兄ちゃんの真似をして早くから上り下りしているので、ドキドキでした。慎重な方が母親としては安心かもしれないですね。


おとめさん

性格上の違いであって気にすることではないのでは?
むしろ慎重に上り下りするのはいいこと。

うちは自意識過剰過ぎて見ていてハラハラな日が続きしっかり手すりにつかまって足元見て降りることを口うるさく言ってました。

それほど焦らなくても身長が伸びれば自然と交互に上り下りする時がくると思います


匿名さん

最初は落ちたら危ないからねと一段ずつ手すりや親の手を握りながら上り下りさせていました。

しかし次第に自分一人で一段ずつ上り下りするようになり、気付いたら交互に上り下りするようになりました。

なので特に練習させたりする必要はないと思います。
無茶をして落ちて怪我をする方がよほど危険です。
慎重なくらいでちょうど良いと感じます。


匿名さん

しばらくは1歩ずつでないと登り降りできませんでしたが、特別なことはしなくてもいつのまにか上手に登り降りできるようになっていました。

我が家はエレベーター無しの3階、保育園も2階建てで日常的に階段を利用していましたが、特別練習しなくてもその子のペースで出来るようになるのではないかなと思います。


A. 我が家の3歳児も1歩ずつで上り下りしています!

なちょく24さん

4歳になる我が子も3歳の時は、全く交互に昇り降り出来ませんでした。

親としては周りの同じぐらいの子が出来ているから自分の子もしてほしいって考えてしまうけど、実際わたしも色んな階段で交互ずつ教えてみたものの、しようと思っても分からずもう諦めて、出来るのを待っているといつのまにか出来ていました!笑


匿名さん

家がアパートの為、階段の上り下りは手を繋ぐか手すりを使います。慎重なのは悪い事ではないと思います。一段ずつ確実に上り下りしてくれたほうが安全面でも安心です。

息子はいつも危ないからと手を繋ぐ事を求めてきます。1人で上り下り出来ないことを不安に思うことはありましたが、いつからかスタスタと1人で上り下りしてるのを見た事もあります。

子どもはしっかり育ってます。急ぐ必要なんてありませんよ。


匿名さん

うちの上の子も1段につき両足降りでした。

小さい頃から慎重で2歳過ぎくらいまで後ろ向きで降りてました。
6歳を過ぎた今でも高めの階段や急な階段は1段につき両足降りの時もあります。

慎重な性格なんだと思いながら見守ってます。


匿名さん

現在5歳の娘の場合。0歳ではハイハイをせず、歩けるようになってからのジャンプも動作が一歩遅れているような愉快なジャンプをしていました。なので、小さい時から運動神経の悪さを発揮していました。

慣れないことには戸惑い、とても慎重派だったので、もちろん階段も1段ずつ。手を繋げば交互に降りるけれどとてもゆっくりで、急いでいる時はとても歯がゆかった思い出があります。

ある日保育園から帰ってくると、「私こんなことできるんだよー!」と言って家の階段を軽快に昇り降りしました。それまではおぼつかない足どりだったのでとてもヒヤヒヤしましたが、そんな心配も吹っ飛ぶほど上手くなっていました。

子どもの成長はとても早く、親があーでもないこーでもないと悩んでいるうちにいつの間にかできるようになるみたいです。それまでは優しく手を差し伸べるだけでも十分ではないでしょうか。


匿名さん

うちの子どもも1歩ずつゆっくり登り降りしていました。後ろに人がいると渋滞してしまい、親は焦るけど子どもはマイペースで楽しそうにゆっくり登り降りしていました。

しっかりと手すりを持ってるし安全第一と考え、特に練習等しませんでした。4歳になった今、いつの間にスタスタと自然に出来るようになってきました。

しかも手すりを掴まずに登り降りしようとする事もあるぐらいです。


匿名さん

階段に不慣れなうちは親としても一歩一歩慎重に登り降りして欲しいので、気にしていなかった。

子どもは親のマネをしたがるので、私がトントンと軽快に一段一段を登り降りする様を見て、まずは登りから手すりを持ちながら自分で歩き出した。

登りが出来るようになると自信がついたのか、降りる時にも自発的にトントンと降りようと試みて次第にそれが定着した。


みゆあさん

そんな気にすることは無いと思います。自然と交互に上り下りできるようになると思います。

むしろうちの子はたまに上ってくれないことも未だにあります。その時は大好きな新幹線でシュシュポポと言いながら上らせてます。


ろべるたさん

うちも一歩ずつ…登らせています。
ただわたしが心配性で。お子さま自身が慎重なのはとてもいいことだと思います。

この状態がずっと続くことは100%ないと思いますので、自然に任せていいと思います。
うちのこたちは何度か階段から落ちています。したから3段とか、4段とかそのへんからですが。幸い怪我もなく、ですが、それからゆっくりゆっくりのぼらせるようにしています。

我が家の三歳児は肘内障になりそこも心配なので…一年もしないうちにぴょんぴょん登るようになると思うので、いまはその慎重さを大事に見守ってあげたらいいと思います!


匿名さん

うちの子もとーっても慎重でゆっくりゆっくり1段ずつ上り下りしていましたよ!

登る時は必ず下にいて降る時は手すりと手を繋いで降りていました
今では5歳になり2段目から飛んでみたりとヒヤヒヤしています。。

何回もやってみればコツも掴むし足が長くなってくればひょいひょい降りますよ!何にも心配ないと思います!


azumugiさん

一段の高さによって、一歩ずつになったり、交互に足が出せたりします。

交互に登れる場合はやはり一段の高さが低めだったりするとスムーズに上り下りしていますが、一段が高い場合や、急な斜面の階段だと手すりにつかまったりして一歩ずつ上り下りする感じです。


けんとむーさん

三歳児クラスから部屋が二階になりました。最初はやはり怖いのか一段ずつそろそろ…でしたが、とにかく私は息子の歩調、タイミングにあわせていました。

自分が息子なら怖いものは怖いので。少し慣れてきたくらいに数段先に降りたり上がったりして、どう階段を踏むのかを実際に見せていました。


ぷーうみちゃんさん

息子も慎重な性格だからか、ゆっくりそっと階段の上り下りをしていました。

早くして!と思う時もありましたが、生まれつき足が悪かったり、怪我をしたり等なにも問題がなければ自然と上り下りできるようになると思います。

周りができているとどうしても比べてしまいますよね。でもどうせできるようになる。早く上り下りできるようになったら、今のゆっくり動くお子さんにはもう戻らないので見守ってあげたらいいと思います。


匿名さん

階段の高さや登りやすさによると思います。階段が高ければ手すりにつかまって一歩ずつ上り下りするし、慣れてて登りやすい高さの階段であればとんとんとんと交互に登っていきます。

自然とできるようになるので何も心配いらないのではないでしょうか。慎重すぎるくらいのほうが怪我しなくていいかと思います!


nami514さん

うちの子は小柄で身長も平均より低めな為、自宅の階段は一歩ずつ上り下りしています。

幼稚園など低めな階段の時は左右交互に上り下りできるので運動能力ではなく体格ゆえの事なので問題ないのかなとおもっています。

低い階段での練習の際は右足、左足と声をかけながら上り下りしていました。


匿名さん

我が家も3歳の時は一歩ずつでした。その後5歳になってからは上るのは交互にできて下るのは一歩ずつに。

上の子は慎重な性格でしたが大きくなるにつれてバランスが取れるようになり、あと脚力もついたおかげか上り下りともにスムーズに行けるようになりました。

大きくなれば少しずつできるようになるので、機会がある時に階段を使ってココは歩いて上り下りするとこだよってわかっていてもらえればいいかなと思います。


kcozreさん

心配しなくてもいいと思います。成長するにつれて今は片足づつ出来る様になりました。

お友達や親族の従兄弟たちと遊んでいくうちについていこうとするので、いつの間にかその必死さで出来る様になっていました。

一応階段付近では保護者が待機していて、落ちそうになれば補助してあげる程度で見守っています。


☆☆さゆり☆☆さん

うちの子も慎重派で怖がりの為片足ずつしか上がり下がりできませんでした。周りの子が軽々と階段を上がり下がりしている姿を見て焦りを感じ練習したりしましたが、嫌がってなかなか上達しませんでした。

成長するにつれ周りの友達に刺激されたのと少しずつ自信がついたのかいつの間にか上手にできるようになっていました。

できない時は焦りますが知らないうちにコツをつかんでできるようになっていたので、気長に見守ってあげるといいと思います。


tgrieさん

そこまで気にする必要はないかと思います。その子のペースもありますし、無理に練習させて踏み外してケガしたら怖いし…

わたしはそのうち出来るようになると思うのでゆっくりでも見守っていければいいと思います。


maaai-3-さん

むしろまだ3歳でバランスも決して良くはないのでまずは一歩づつ登るように教えていました。

一歩づつ上り下りをしていてももう少し大きくなった時には1人で勝手に交互に登るようになりましたよ!

焦らずその子に合わしてあげたら全然いいと思います(^^)こけた方が怖いです、、笑


A. こんな練習や教え方をしました

桜楓さん

我が子は慎重というよりビビリで、階段どころか何もない線の上でさえ一人では歩けませんでした。あまりにビビリ過ぎて上り下りが出来ないのか悩みでした。

最初は手摺りを持たせたり、手を繋いだりして一緒に数を数えながらやるようにしました。リードするように数えリズムを取りながらやると自分自身で上り下りのリズムを掴み気付いたら1人で出来るようになってました。

特別な事はしていませんが、年齢がくれば自然に出来るようになるんだと思います。


匿名さん

保育士をしていますが、良く見かけます。

片手を手すりにつかまりもう片方の手をお母さんが握ってあげて降りるタイミングに合わせて少し引っ張ってあげてみると、降り方が分かるようになります。

勿論危なくない程度に支えながら補助してあげるといいです。


keikomarimさん

階段をのぼるのはわりと簡単にできるようになったのですが、降りる方が怖がってはじめはできませんでした。

なのでまず、お尻をついてから足で降りる、次の段もお尻をついてから足で降りるで降りるようにさせました。

何日かそれをしてたら普通に足で降りられるようになりました


megu45さん

階段は危険なのでゆっくりでもいいと思いますが、私はいつも片手を繋いで片手は何も持たず自分の力で登ったり降りたりできるようにしました。

片方の手だけでバランスを取るようになり片方は手を繋いでいるので安心感があったようです!登りは簡単な方なので少しスピードを上げたりと親が調節しながら出来ました。

なるべく階段を使い恐怖心を無くすようにしました。


匿名さん

妊娠中の保育士です。女の子よりも男の子の方ができることが遅いことはよくあります。

私が3歳を担任していた時、何もしなくてもいずれできるようになりますが、足の力を養うために階段や坂道のおもちゃを使って楽しく遊ぶなかで力をつけられるようにしていました。

散歩に出かけるのもいいと思います。


あやかなさん

2歳6ヶ月ですが、階段の登りは自分で、下りは手を繋いですることができます。保育園の行き帰りに階段があるのですが、本人が階段に向かったときは根気強くゆっくり登り下りに付き合いました。

普段から階段に慣れさせることで、練習ができていたんだと思います。


gomameさん

うちも今3歳の子がいるんですが何言わなくても一歩ずつです。

なので足は順番にイチニーイニチーだよ。やってみなーって言うと理解して交互に登ります。

こっちの足で登ったら次こっちねって言うだけで3歳児、結構理解してくれます。


たーきさん

1歳11ヶ月の男の子ママです。
うちの階段は登るところと2階の寝室に柵をしています。

毎日寝る時に抱っこして登っていたら1歳過ぎで階段に興味を持ち、柵を開けたそうにしていたので開けてあげたら、這いつくばりながら上りました。

下りるのは流石に危ないのでさせてませんでしたが徐々に上るのが上達し今は手すりを持って1歩ずつだったり交互だったりと頑張って上ってます。
1歳半ごろから下りることも挑戦しようとしたので見守っていたら手摺りを持って下りれるようになりました!

階段を上る時は2段下から見守り、危ない時に手を差し伸べたり手摺りを持つことを教えました。基本は見守る。子どもの挑戦すること頑張ることに手を出しすぎない事を意識しました。

手すりを持って上ったりするのであれば反対の手を握って一緒に上って横で「上手、すごいね!」の声かけをすると喜んでやるようになるので成長につながると思います!
下りる時は絶対に手すりを掴ませ反対の手は繋いで下りるようにしてます。

手を振り払って自分で下りたがった時は、1段下か同じ階段の位置でいつでも受け止めれる状態で見守ってます。


匿名さん

アパートで暮らしているため室内に階段がなく上り下りする機会が少なかったせいか、階段を下りるのを怖がり一歩づつでしか下りられませんでした。

恐怖心からだったので、慣れさせることと幅の小さい階段で練習したところできるようになりました。


匿名さん

我が家も慎重派でした。上の子はスタスタといってしまうタイプでしたが、下の子は片手を手すり、片手でバランスを取ってゆっくりと降りています。

登るときは手は使わないです(なぜか最初から)もうすぐ4歳ですが、最近ではゆるい階段では手すりを持たずに降りたりしています。

階段ですから足を踏み外したら怖いので、上ではなく下の方、つまづいたら支えられるところで常に見ていますよ。


kii0530さん

3歳以上が二人いますがあまり気にしたことありませんでした…むしろ手すりを持って一歩ずつって確実で安全なのではないでしょうか(^-^)

今4歳の長男が一番歳が近いかなと思いますが、言われてみれば一歩ずつ登ってました。うちは手すりをもたず手でも階段を登る感じで…(^_^;)

でも現在特に何もせず普通に交互で登り降りしてますね。


meifayさん

段少なめの滑り台で 少しずつ一段ずつゆっくり練習しました!必ず後ろにいてあげて おしりを支えてあげて安心感を持たせてあげると良いかもしれません。

大きな滑り台は階段穴から抜け落ちるので目を離さないでいてあげて下さい。それが出来たら次はハシゴ系の登り降りこれも難関です。怖くなって動けなくなったり、何度かあるので 上か下に迎えに行ってあげて 足を次の段に乗せてあげて、登りか 降りが出来たとき誉め殺しをします。

自分に自信がついて またやろうとする事にも繋がりますし楽しいと思ってくれて 自分からの練習にもなります。


petempさん

好きなおもちゃを一段ずつ置く遊びをしたがったので、それをうまく練習に使いました。

3、5段…と少しずつ上の段に並べる数を増やしたり、段をとばして置いたり、いろいろ試してみました。

自宅ではうまく昇り降りできるのでつい油断して、実家の階段から落ちて頭を切る怪我をしたときはゾッとしました。


匿名さん

慎重なお子さんなんですね!いつかは出来るようになると思いますが、いまから練習をするとすれば…

平均台、歩道の石垣の上など、幅の狭いところを「1.2.1.2」「右、左、右、左」と声掛けをしながら歩かせてみたり、ケンケンパをすると、足腰が鍛えられて交互に出す練習になるかと思います!


NSMSUさん

うちはアパートの2階に住んでいるのでおでかけする時も帰ってきた時も階段がある状況なので自然と登れるようになったのが強いです。

ですが、お買い物に行った時や公園などの階段や段差で遊びだしたら少しそのまま好きに遊ばせてました。


匿名さん

息子も初めは一歩ずつ階段を上り下りしていました。
公園の階段(2、3段)で交互に足を出す練習を始め、乳児向けの小さな滑り台、自宅階段と少しずつ数を増やしていきました。

登る時には片手を繋ぎ、少し勢いをつけて登るようにしました。そうすることで息子は反対の足が自然に(半ば強制的にですが)前へ出すことができました。

慣れてきた頃、利用者が少ない時間帯を狙って駅の階段で練習しました。電車好きな息子なので階段を登れば電車が見られると頑張っていたように思います。


匿名さん

階段を上り下りする時、一緒に練習しました。右や左はまだ分からないので、私がまずして見せて、同じようにうごいてみて、というふうにしました。まずは上りからやってみるといいかなと思います。

こっち出して、次にこっち出して、と一緒にゆっくりしていると、やがてできるようになりました!


その他のエピソード

どみどらさん

人それぞれなのであまり気にしないほうがいいと思います。

公園に行ったときなんかに同じ月齢の子や年上の子の遊んでる姿を見せながら
ほらみてー、怖くないょー?
みんなああやって登ってるんだょ
と声かけしてあげるのはどおでしょうか?


ゆき11さん

慎重な子なのですね。成長過程はその子その子によって様々なので、比べる必要は無いと思いますよ。手すりに掴まってでも降りられるなら十分だと思います。

たまに時間がある時でいいので、お子さんと手をつないで「大丈夫だよー♪」、「いっしょに降りようね」など、安心できる言葉掛けをしながら、慣れさせてみると良いと思いますよ!


匿名さん

息子が2歳くらいのときに、階段の柵をとっても大丈夫と思ってとったら、私がお風呂中に旦那と過ごしていた時に階段から落ちて、後頭部を縫わせてしまった。

不安だったので3歳まで柵をつけていました。後、旦那に息子を預けるのはしばらくやめました。


匿名さん

お子様によって発達のスピードはそれぞれです。
体型によっても変わります。

足が短かければ段差が合ってないですし、ぽっちゃり系の子なら自分の体重を支えれないのかもしれません。

平面での足踏みの高さや、歩き方を見ていくと何かヒントがあるかもしれません。
何か練習をさせたいのであれば、足腰の筋肉が発達するような遊びを取り入れてみてはいかがでしょうか?

どちらにしても、お子様が楽しく参加できて無理のないように心がけましょう。


匿名さん

自然に任せましょう。多分、大丈夫です。気にしすぎはよくないですよ。おおらかな気持ちで見守りましょう。

放っておけば、いつかできるはずです。怪我だけしないように見守りましょう。手すりをもって歩いた方が安心です。調子に乗ってる方が怪我します。


・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード