Q.赤ちゃんを出産後、退院する日の1日の流れが知りたいです!

「いよいよ出産が近づいているのですが、出産後の退院する日のイメージがつきません。退院時間や赤ちゃんに着せる服、誰が迎えに来てどのように自宅に帰ってくるのかなどを教えてほしいです。さらに、こんな物を用意しておいた方がいいよ、などアドバイスがあったら教えてください!」

A.夏生まれの赤ちゃんの退院着は「肌着+カバーオールorドレス」という意見が多数!

,出産,退院,流れ

赤ちゃんが夏生まれのママの口コミ

「退院する日は、いつもと同じように朝、ベビー室に預けて助産師さんに赤ちゃんのチェックをしてもらいました。そのあと、赤ちゃんが部屋に戻って来たら母の検査をして、退院後の授乳について指導を受けました。お昼くらいに退院でした。荷物をまとめたり、色々やることがあるので朝から旦那に来てもらい、手伝ってもらいました。夏の出産だったため、短肌着と薄手のカバーオールを着せて退院しました。車で帰るならチャイルドシートは必須です。妊娠中に準備する必要があります。」(匿名さん)

「私の産院では、退院時も10時の授乳までのスケジュールは同じで、授乳後、退院という形でした。それまでの間に、片付け、荷物の移動、支払い(当日の朝)をしておく様に言われました。お洋服に関しては、8月末の出産、9月頭退院でした。気候も変動が多かった為、ノースリーブと半袖の肌着、半袖のコンビドレス、そして重ね着出来るように長袖の肌着も用意しておきました。 退院時 看護師さんに、その日の天候に合わせて着せますね!と言って頂けました。 赤ちゃんの衣類は薄くてコンパクトだったので、多少用意してもそこまでかさばりません。 雨が降ったりと日によった気温差も激しかったので、色々持ち合わせておくのがいいかもしれません。 私も退院時は天候に恵まれ暑くて晴れでしたが、1日ズレていたら、長袖だったね!と言われました。 (おくるみは必須です!)」 (匿名さん)

編集部からのコメント

多数意見の中から先輩ママパパの口コミをピックアップしてみました。日によって気温の変化もあるので、色々と持ち合わせておくということが大切なようですね。

その他の意見では、おくるみやタオルケットを準備したという先輩ママパパが多いことが分かりました。

春生まれ、秋生まれ、冬生まれ、それぞれ季節ごとに参考になる口コミを取り上げてみましたので、ぜひごらんくださいね!

A.赤ちゃんが春生まれの場合

赤ちゃんが春生まれのママの口コミ

「午前中に退院しました!パパが迎えに来て、お支払いなど色々手続きをして、赤ちゃんには持参した肌着やベビー服を着せました。ちょっと風が吹いて肌寒かったので、おくるみを巻いて退院しましたよ!チャイルドシートは付けていてもらったのですが、乗せ方がわからず戸惑ったので、事前に練習していた方がいいと思います!」(匿名さん)

「私が入院していた産院では、午前中にこれから家で過ごす為のお話を聞きました。お昼ご飯を食べてから退院でした。来てくれたのは、旦那と旦那のお母さんです。2人が荷物の片付けや色々やってくれました。それから一応息子には、ドレス的なものに着替えさせてあげました。お世話になった看護師さんや助産師さんに挨拶してから、病院の支払いに行きました。なので、お昼頃に退院という形でした。その流れですぐに市役所に行って、出生届を提出したり色々手続きをして家に帰りました。家に帰宅してすぐ子どもをベビーベッドに寝かせて、私もドーナツ型のクッションに座って一休みしていました。帰ってきてすぐは旦那に全て任せて、私は子どもが起きるまで横にならせてもらっていました。なので、旦那さんには布団を敷いておいてもらった方がいいかもしれないです。春生まれなので若干寒かったので、子どもも少し厚めのタオルケットを用意しました。」(匿名さん)

編集部からのコメント

赤ちゃんが春産まれだったというママは、ベビー服+おくるみ、ベビードレス+タオルケットを用意するようですね。

また、チャイルドシートの乗せ方を事前に練習しておいた方かいい、パパに頼んでお家にお布団を敷いてもらっておいた方がいいなど、季節を問わないアドバイスも参考になりますね。

A.赤ちゃんが秋生まれの場合

赤ちゃん秋生まれ,出産,退院,流れ

赤ちゃんが秋生まれのママの口コミ

「入院中はエアコンも効いていたのですが、気づけば外は寒くなっていました。退院時は短肌着、長肌着、カバーオールとブランケットような、少し厚めのおくるみを用意しました。退院時間は地域の祭りがあって、渋滞が予測されたので、昼過ぎがいいとスタッフさんにアドバイスされたので昼過ぎにしました。祝日で主人が仕事が休みだったので主人の迎えで、義実家も近くにあるため、実家に帰る前に少し義実家に寄ってから帰りました。入院時より寒くなっている可能性があるので、自身の上着も用意していた方がいいと思います。」(まあくんママさん)

「赤ちゃんもそうですが、ママさんも室内と車の乗り降り等公共機関もそうですが、調節出来るような服装がよいです。おくるみで退院させチャイルドシートに乗せる時は、足がドレスの物ではなく別れているものの方がベルトが楽に出来ます。普段もそうなってくると思います。」(匿名さん)

編集部からのコメント

赤ちゃんが秋生まれだったというママは、短肌着+長肌着+カバーオールとブランケットと、調節出来るような服装にしたとのことでした。

秋は秋でも、9月なのか11月なのかによっても気温が違いますよね。思ったよりも「暑かった!」「寒かった!」なんてこともあるのかもしれません。その日の気温に合わせて決めたいところですね。

A.赤ちゃんが冬生まれの場合

赤ちゃんが冬生まれのママの口コミ

「病院によって違いがあると思いますが、私が出産した病院では、朝はいつも通り8時から朝食をとり、10時半までにチェックアウトという流れになっていました。朝食後は自分の部屋に戻り、荷物をまとめたり着替えを済ませて帰る準備をします。私の服装は普段着でした。赤ちゃんもこの間に、退院前の健康チェックや沐浴をしてもらっていて、赤ちゃんとママの退院の準備ができたら、ナースステーションへお迎えに行きました。ここで赤ちゃんも服を着替えさせて。よくドレスを着せる人もいますが、私は普通の服を着せました(肌着と冬用のロンパース)。あとはおくるみと、冬だったので膝掛けも巻き巻きしました。パパが迎えに来てくれて、チャイルドシートに乗せて家に帰りました。出産費用は退院の前日に教えてもらいましたが、支払いは赤ちゃんの1ヶ月健診の時で良いということで、特にお金の準備などもしなくて良かったです。」(はるみいーさん)

「私は1月に出産しました。住んでいる地域が雪が降る地域で、退院する日は雪が吹雪いていました。なので赤ちゃんが寒くないように、長袖の肌着とベビー服を着せた上に、おくるみをしました。旦那さんが車で迎えに来てくれました。子どもは新生児から乗れるチャイルドシートに乗せて自宅に帰りました。赤ちゃんを抱っこした状態で車を走らせるのは違反になり捕まるので、車で帰られる方は産まれる前にチャイルドシートを購入して、きちんと車に設置しておいたほうが良いと思います。新生児から乗れるチャイルドシートは頭周りまでクッションがあり、揺れてもきちんと固定してくれるので心配が無かったです♪退院時間は病院によってもそれぞれ違うと思いますが、私は朝食を食べて赤ちゃんと私を最後の検査をしてもらってからだったので、10:00頃に退院しました。入院費は後日で良いと入院中に事務員さんから説明があったので、退院する時のお金の心配はなかったです!!」(もえぽよさん)

編集部からのコメント

赤ちゃんが冬産まれだったというママは、肌着+冬用ロンパース+おくるみ、さらに、ママのひざ掛けで包んだと、しっかり防寒をされたようでした。

また、帰りは車でパパが迎えに来てくれたようですので、あまり長い時間寒い外に出ていることも、なかったとのこと。とはいえ、冬ですのでしっかりと着こんで、暖かくしたいですね♪

まとめ

今回は「退院する日の流れ」を季節ごとにご紹介しました。

当日は、時間や準備に追われバタバタとしてしまう可能性もあります。パパや他のご家族とも話し合って、ママと赤ちゃんがゆったりした気持ちで退院の日を迎えられるようにしましょう。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード