Q.1歳半の子どもと飛行機に乗る予定、気をつけることはありますか?

avator
今度1歳半の子どもを連れて飛行機に乗る予定です。
離陸前、機内、空港に行くまでなど、皆さんはどんなことに気をつけていますか?
乗ったことのある方、コツなどあったら教えてください。

A.「機内で気をつけること」を教えてくれたママパパが多数!

PA,1歳半,子ども,飛行機

「機内で気を付けていること」についての口コミ

avator りのっぺママさん
私も以前、親族が海外ウエディングをすることになり、1歳1ヶ月の娘を連れて行きました。行き先はバリで、8時間程乗っていなくてはいけなかったので、色々と考えて準備していきました。
まずは、離陸の時もう卒乳していたので、耳が痛くなるのを防ぐために、離陸に向けてスピードが上がった時に飲み物を飲ませたり。
あとは、長時間で飽きてぐずったりしないように、ある程度のおもちゃ(周りの人の迷惑にならないよう音がうるさくない物)や、おやつを用意して行きました。
あとは、機嫌が良く機体が安全な時に少しだけ、機内を歩いて散歩したりと気分転換をしたりとして、何とか乗り切りました。

avator 匿名さん
離陸と着陸の前後は、飲み物を飲ませたり、おやつを食べさせたり、泣かないように気をつけました。
一番良いのは、飛行機の時間に合わせて昼寝をさせることだと思います。
実際、沖縄旅行で一歳半の息子と飛行機に乗りましたが、普段の生活リズムで、お昼寝をするだろうなという時間の飛行機を予約したら、ほとんど寝てくれて、抱っこしていた私は大変でしたが、泣かずにすんで、他の人の目も気になりませんでした。

編集部からのコメント

「機内で気をつけること」という多数意見の中から先輩ママパパの口コミをピックアップしてみました。

「耳抜きのために飲み物を飲ませる!」「おやつやおもちゃを用意する」「フライトの時間をお昼寝の時間に合わせる」ということが大切なようですね。

このほかにも「離陸前」「予約時」「空港に行くまで」と、それぞれの意見が寄せられました。それぞれから参考になる口コミを取り上げてみましたので、ぜひごらんくださいね!

A.離陸前に気をつけていること

「離陸前に気をつけていること」についての口コミ

avator まつなさん
思う存分遊ばせておいて、ちょっと疲れさせる。そして、乗る直前におむつ交換してすっきり!!
乗ってからごはんもしくはおやつを食べさせて、そのまま飛行機で眠くなるようにしていた気がします。
あとは、その子のお昼寝のタイミングやご機嫌なタイミングに合わせて、飛行機をとるのもいいかもしれないですね。

avator sratsさん
1歳5ヶ月の頃に初めて飛行機に乗りました。午後の便でしたが、午前中には空港に着くようにして、キッズスペースで遊ばせ、空港内でご飯を食べて、抱っこ紐に入れて眠らせました。
機内で途中起きましたが、空港で新しいおもちゃを購入しておいて、目新しいおもちゃで遊ばせ、泣くことなく到着出来ました。
機内でも子どものおもちゃをくれたので、助かりました。

編集部からのコメント

「離陸前に気を付けていること」について教えてくれたママパパによると「離陸前に遊んで疲れさせる」「おもちゃや食べ物に集中してもらう」ということが大切なようですね。

いつもと違う環境により、子どもが機内で泣いてしまったり、興奮して大きな声を出したりなんていうことも起きるかもしれません。

周りの人に迷惑がかかってしまったらどうしよう…とママパパが悩まないためにも、あらかじめ計画を練っておくと安心ですよね。

A.予約時に気をつけていること

子ども 飛行機,1歳半,子ども,飛行機

「予約時に気をつけていること」についての口コミ

avator まおまささん
座席に気をつけています。1番前(前に誰もいない席)、1番後ろで通路側もしくは、おむつ替えせず席を立つことがないと思う時は、窓際を予約するようにしています。
1番後ろの方は、比較的子ども連れが多いので気持ち安心です。あと、前に誰もいない席は、前の座席を蹴ったりする心配がないこと、足元が広いので子どもを立たせたりすることができます。

avator 匿名さん
1番前の席(モニターの前)だとベビー用のベッドが出てきて、そこに赤ちゃんをのせてお昼寝させることができます。
お昼寝前の態勢を整えて、それを利用すれば安心して飛行機にも乗れると思いますよ。
キャビンアテンダントの方もお困りのことはないか等、なにかと気にかけてくださるので、安心して利用できます。

編集部からのコメント

座席選びを気を付けている、ベビー用ベッドが近くにある座席を選ぶということが分かりました。

予約のタイミングにもよりますが、おむつ替えで席を立つことが予想される場合を考えると便利ですよね。

A.空港に行くまでに気をつけていること

「空港に行くまでに気を付けていること」についての口コミ

avator 匿名さん
一歳半の息子を連れてハワイに行きました。
空港まで電車で2時間くらいかかるので、その後の長時間のフライトのことを考えると、親も子どももなるべく疲れを溜めたくなかったので、空港近くのホテルで前泊しました。
前泊したことで、時間も行動も体力も余裕ができて、良かったと思います。

avator 匿名さん
ご飯のタイミングを考えて食べるようにしています。
飛行機の中では、小腹が空くくらいならお菓子でなんとかしのげると思いますが、空腹になってしまうとお菓子ではどうにもならず、ご飯を食べさせないとどうにもならない!!という場合があります。
できるだけ、飛行機に乗る直前に食べさせるようにしています。

編集部からのコメント

先輩ママパパの口コミによると、「親子共に疲れを溜めないよう空港近くのホテルで1泊した」「ご飯のタイミングを考え空腹でぐずらないようにした」ということが分かりました。

フライト中に寝られるように調整をするというご意見もありましたが、疲れを溜めないというのも大事ですね。また、食事のタイミングも忘れずに。

お子さんの様子を見ながら対応していくことが大切ですね。

まとめ

今回は、「1歳半の子どもと飛行機に乗る時に気をつけること」について様々な方法をご紹介しました。

お子さんの普段の様子やフライト時間によっても、どの方法が合うのかは変わりそうですね。

ママパパにとっても、お子さんにとっても安心して飛行機に乗れるようにこれらの方法を試してみてくださいね!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード