Q.1歳半の子どもと飛行機に乗る予定、気をつけることはありますか?

今度1歳半の子どもを連れて飛行機に乗る予定です。離陸前、機内、空港に行くまでなど、皆さんはどんなことに気をつけていますか?乗ったことのある方、コツなどあったら教えてください。



PA,1歳半,子ども,飛行機

A.1歳半の子どもと飛行機に乗る時は、機内では飽きないようおもちゃやおやつを用意しました

りのっぺママさん,ママ,35歳,栃木県

私も以前、親族が海外ウエディングをすることになり、1歳1ヶ月の娘を連れて行きました。行き先はバリで、8時間程乗っていなくてはいけなかったので、色々と考えて準備していきました。

まずは、離陸の時もう卒乳していたので、耳が痛くなるのを防ぐために、離陸に向けてスピードが上がった時に飲み物を飲ませたり。あとは、長時間で飽きてぐずったりしないように、ある程度のおもちゃ(周りの人の迷惑にならないよう音がうるさくない物)や、おやつを用意して行きました。

あとは、機嫌が良く機体が安全な時に少しだけ、機内を歩いて散歩したりと気分転換をしたりとして、何とか乗り切りました。

編集部からのコメント

今回は、一番回答数の多かった「機内で気をつけていること」という口コミ・体験談のひとつをピックアップしてみました。

このほかにも「離陸前に気をつけていること」「予約時に気をつけていること」「空港に行くまでに気をつけていること」という回答が寄せられましたよ。妊娠中や子育て中の疑問や悩みに対するヒントがたくさん!ぜひ読んでみてくださいね。

A.1歳半の子どもと飛行機 機内で気をつけていること

匿名さん

離陸と着陸の前後は、飲み物を飲ませたり、おやつを食べさせたり、泣かないように気をつけました。一番良いのは、飛行機の時間に合わせて昼寝をさせることだと思います。

実際、沖縄旅行で一歳半の息子と飛行機に乗りましたが、普段の生活リズムで、お昼寝をするだろうなという時間の飛行機を予約したら、ほとんど寝てくれて、抱っこしていた私は大変でしたが、泣かずにすんで、他の人の目も気になりませんでした。

ひろあゆはるさん,ママ,27歳,北海道

機内は意外と暑いので、服装は調整できるようにしといたほうがいい。子どもの暇つぶしに、絵本やお絵かきノート、おやつなどの準備を忘れないようにした。

子ども用のストローマグを持ち込んだら、気圧の関係でストローから中身が溢れてきて焦ったので、気をつけた方がいい。

Min81さん,ママ,17歳,神奈川県

耳がふわふわした感じになって泣き出してしまい、周りの皆さんの目が気になると思うので、なにか飲み物を飲ませたり、気を紛らわせたり、安心させることがいいと思います!あとは、キャビンアテンダントさんも面倒を見てくれる時もありますよ。

匿名さん

子どもが1歳になったばかりの頃に、飛行機に初めて乗りました。行き先がハワイだったので、約8時間のフライトでした。

生活リズムをあまり崩したくなくて、日本が夜でフライト中、子どもが機内で寝れるように出発しました。その時、収納式のベビーベッドみたいなのがある席を頼んでいたので助かりました!

匿名さん

初めて乗るときは、気圧の変化や揺れなどにどう反応するか不安だった。でも、その不安や心配した様子を子どもに感じ取られないために、楽しいこと、楽しみなことを話したり、飲食物を活用したりした。

機内で子ども向けのおもちゃのプレゼントがあったのも助かった。

いちふたみぃさん,ママ,38歳,東京都

離陸時に耳が痛くならないように、飲み物やパンなどを与えてました。機内は狭いので、遊べるものを1つの袋にまとめてます。シールノートやお絵描き帳、マグネット式のおもちゃなどかさばらないものを準備していました。困ったらCAさんに頼るのもOK。

コウタンさん,ママ,35歳,神奈川県

1歳8ヶ月くらいでグアムに行きました。機内で寝られるよう昼寝はさせなかったことと、飛行機飛ぶ直前には耳抜きができないため、飲み物をひたすら飲ませていました。

なかなか飛行機の中で親が思うほど寝なかったので、何か遊べるものや映像で見れるものがあるといいかと思いました。じっとしてられないので。

家族3人で行きましたが、外が見えるようにと窓側にしましたが、通路側の席を確保した方が出入りが頻繁になるのでいいと思います。

匿名さん

娘が一歳2ヶ月の時に、羽田空港から那覇空港へ行きました。飛行機の時間をお昼寝の時間に合わす事などはせず(娘は布団でしか寝ない為)、乗りたい便を選びました。

席は親の膝の上なので、少しでも広く快適に過ごしたいので、JALのクラスjを予約。これでわりとスペースが確保でき、座りながら色々やるのが楽でした。機内では、DVDプレーヤーを持ち込み、大好きなDVDを見せてました。

これで、うちはわりと時間が潰せて、泣き叫んだり騒いだりはなかったです。この時期まだそんなにお菓子をあげてなかったですが、もしもの時ようにお菓子とジュースも用意しましたが出番なしです。耳抜きは、離着陸の時に水分をあげてました。

つい先月、二歳3ヶ月の時は旭川まで行きましたが、二歳になった今のほうが大変でした。クラスjがとれず、エコノミーで体も大きくなった娘をだっこしてのフライトは疲れました。

赤ちゃん連れだと何かと周りの方の目が気になりますが、騒いだりは泣いたりするのはしょうがないじゃない、という態度はとらず、大袈裟なくらいに周りの方に挨拶、ご迷惑かけます、と言っておけば案外平気なものです。また、何かあればCAさんもいますし。

機内に優先搭乗して、身の回りの準備(おやつ、おもちゃ、本など)を完璧にして、いつ何があっても慌てないように!荷物を上にあげてしまうとあとから出すの大変です!

匿名さん

こどもが六ヶ月から飛行機に乗っています。飛行時間に応じて、飛行機の中で眠くなるようにお昼寝等を調節すること。着陸時に気圧で耳が痛くなることを防ぐため、小さいうちはミルク、大きくなるとキャンディをなめることを必ずします。

匿名さん

息子は合計2回飛行機に乗りました。2回とも泣いたり叫んだりはしなかったです。愚図りそうだなと思った時は、携帯は機内モードにして、以前から保存してあったアンパンマンの動画などを、ほぼ音量なしで映像だけを見せるということをしてました。

匿名さん

うちは1歳半の時はまだ断乳していなかったので、機内で機嫌が悪くなった時や、眠たいのになかなか眠れない時には、授乳をして落ち着かせていました。なので、ケープを持って行くか、周りから見えないように授乳できるような洋服を着て行くようにしました。

おかげで、行きも帰りも一切泣くことなく過ごせました。

めいまま*さん,ママ,25歳,熊本県

ちょうど娘が初めて乗ったのが一歳半でした。娘がいつも使っているバッグに、お菓子(飴やチョコなど食べこぼしがなりにくいもの)、お気に入りのおもちゃ、シールブックを入れて行きました。

とにかく飽きさせないようにする事が大事だと思います。ノートとペンを持って行くと、クイズをしたりできるのでいいと思います。

イトキリさん,ママ,37歳,福岡県

気圧の変化に必要な耳抜きができず、不機嫌になることを心配しました。とりあえずパックジュースやパウチのゼリーを飲ませ、飲み込む動作のついでに耳抜きを期待したところ、うまくいったようで、不機嫌になることはありませんでした。

匿名さん

この間、三歳と一歳を連れて飛行機で帰省しました。機内では外の景色を見せたり、目新しいおもちゃや、集中して遊べるおもちゃを渡したりしました。

上の子は初めての飛行機の耳抜きの時にかなり苦労しました。着陸前にこまめに水分を取らせていたんですが、難しかったようです…。

ゆいりのママさん,ママ,30歳,岡山県

機内で気になるのはやはり、子どもがグズらないかどうか!だと思います。飛行機は新幹線のように動き回れるわけではないので...。

小さい頃は長時間の飛行機は避けてましたが、日本国内の短時間移動なら、私は100均でシール貼り絵本などを買って機内に持ち込んでます。飽きた頃に子どもに見せれば、「なにこれ、なにこれ?」というかんじで興味を示してくれて当面は大丈夫です。

それでも飽きた場合は、ティッシュを丸めて隠して”どこに行ったでしょう”ゲームをします。あとはお菓子とかで間持ちさせてます。

さらゆあさん,ママ,30歳,福岡県

一歳3ヶ月の子どもと、飛行機に乗って旅行に行きました。はじめてだったのでドキドキしてました。機内では周りの方に一言、「申し訳ありませんが子どもが小さいので、ご迷惑おかけするかもしれません。」とお伝えしました。

幸いにも同じ列の方が優しい方で、子どもが窓の外を見たがっているとおいでーと、抱っこしてあやしてくれました。お陰で泣きわめくこともなく、無事飛行機での時間を過ごす事が出来ました。

ぷプリンさん,ママ,27歳,鹿児島県

現在子どもが9ヶ月ですが、住んでいるところが鹿児島で実家が埼玉ということもあり、生後4ヶ月頃から飛行機に乗っています。

1番心配なのは、飛行機内で耳抜きができないことだったので、機内では寝かせるか、離着陸時にミルクやおやつなどを食べさせて、耳抜き対策をしました。

周りを見ると、小さい子どもだと廊下側ですぐにぐずったら立てるようにや、おむつ交換ができるようにしている方が多く、1人でお座りが上手にできる子は、窓側で外を見て楽しんでいました。

匿名さん

長時間のフライトは経験ありませんが、短時間なら何度も経験があります。私は飛行機ではできるだけ、お昼寝しちゃうような時間に乗るようにしています。揺れが心地良いのか、大抵離陸前に寝てしまいます。

またはお腹をすかせておいて、おやつの時間としてパンやおにぎりを食べさせます。あとは新しい絵本!!新しい絵本は食いつきが違うので、かなりひざの上でじっとしていてくれます。

息子が1歳半の時は『はらぺこあおむし』を与えたら、30分くらい楽しんで読めました。小さいサイズもあるので、機内への持ち込みが簡単です♪

匿名さん

ちょうど1歳半でグアムに旅行に行きました。夜8時~9時頃の便を予約しました。機内でぐずったりしないように、なるべく昼寝を短くさせて、機内で寝てくれるように調節しました。

お母さん自身も寝れたら寝たほうがいいです。到着後現地はまだ夜中~未明でしたが、こどもが覚醒して寝なかったので、初日は寝不足でした。

匿名さん

1歳の時に初めて飛行機にのりました。時間は子どもが昼寝する時間などにあわせて乗りました。小さい子どもは少ないと思いましたが、結構乗っており、ぐずぐずいってた子どもは3歳くらいで1人しかいませんでした。

そのぐらいの年齢の子は、空気圧に反応しやすいとのことでしたが、おもちゃや動画をみせて気をまぎらわしていましたよ。

てぃーださん,ママ,38歳,宮城県

生後9ヶ月の時に、私が育児休暇が終わる前にと、家族旅行で沖縄に行きました。やはりまだ小さいこともあり、心配で毎日ネットで調べて情報を集めました。

最終的には、やはり客室乗務員さんは慣れている!と信じて、飽きないように、おもちゃ、お菓子、飲み物など準備して、授乳もすぐ出来るよう、ケープも持参し、事前におむつ替えもすぐ出来るよう場所を確認しました。

いざ離陸すると、あっけに取られるほど機嫌もよく、周りに愛想振りまいている子どもにホッとした旅行でした。

A.1歳半の子どもと飛行機 離陸前に気をつけていること

匿名さん

気圧の変化で耳に負担をかけることから、まだ耳抜きが上手く出来ないため、飲み物を飲ませるように気を付けた。

もっと月齢の低いときに乗せたので、そのときは哺乳瓶を使用したが、一歳半であればストローの付いたジュースなど、子どもが飲みやすい(飲みたがりやすい)物を使うと拒否せず飲んでくれた。

匿名さん

子どもは飛行機が離陸する寸前までに寝かしたほうがいいと思います。離陸したら、気圧差で耳が痛くて、泣き出すが多いです。寝れなかったら、おいしいお菓子などを食べさせたりしたら、耳が痛くなっても気にしなくなるのでやってみてください。

匿名さん

優先搭乗できるので、普段より安い早目に空港に行きます。そして、優先搭乗したら真っ先にお水かジュースを頼んで、離陸前に飲み物をスタンバイ。離陸に合わせてジュースを少しずつ与えて、耳抜きがしやすいようにします。

何度も飛行機にのってますが、これで一度も泣かれたことはありません。

ゆゆあださん,ママ,30歳,福岡県

シートベルトじゃなく、抱っこしか出来なかったので、しっかり抱っこしてました。ずっと大泣きだったので、気に入ってるおもちゃや、好きなおかしを持って行っとけば良かったです。耳栓も機内でもらえたので、してました。

まつなさん,ママ,30歳,神奈川県

思う存分遊ばせておいて、ちょっとつかれさせる。そして、乗る直前におむつ交換してすっきり!!乗ってからごはんもしくはおやつを食べさせて、そのまま飛行機で眠くなるようにしていた気がします。

あとは、その子のお昼寝のタイミングやご機嫌なタイミングに合わせて、飛行機をとるのもいいかもしれないですね。

美音ままさん,ママ,25歳,福岡県

飛ぶときと、降りるときは気圧の関係で耳が痛くなるときありますよね?大人は耳抜きをして耳が気持ち悪いのを直すことが出来るけど、赤ちゃんはそれができなくて泣いてしまう子もいるらしいです。

なので、私はちょうど1歳半の子を飛行機に乗せたとき、授乳をしていました。なにかを飲ませたりするのが1番いいと聞いたので。母乳の場合は、離陸の時間に合わせて、乗る前から授乳のタイミングを合わせておく必要があります。

ちゅみたんさん,ママ,32歳,東京都

着陸するときに鼓膜が破れないように、授乳している場合は授乳をする、していない場合はこまめに水分を取らせると鼓膜が破れません。うちの場合は、ゼリー飲料を飲ませました。ジュースより時間が持つので良かったです。

アカチャンホンポなどに売ってるやつは、1歳前から飲むことができました。

sratsさん,ママ,30歳,長野県

1歳5ヶ月の頃に初めて飛行機に乗りました。午後の便でしたが、午前中には空港に着くようにして、キッズスペースで遊ばせ、空港内でご飯を食べて、抱っこ紐に入れて眠らせました。

機内で途中起きましたが、空港で新しいおもちゃを購入しておいて、目新しいおもちゃで遊ばせ、泣くことなく到着出来ました。機内でも子どものおもちゃをくれたので、助かりました。

☆ま ぁ☆さん,ママ,31歳,千葉県

妊娠中に1歳7ヶ月の子どもを連れて、一人で1時間ちょっと飛行機乗りました!空港のキッズスペースで思いっきり遊ばせてから飛行機に乗れるように、早めに空港に着くようにしました。搭乗手続き後のキッズスペースの方が空いてました。

乗る前にがっつり遊んでもらったので、飛行機乗ったらすぐに眠くなり、着くまで寝てくれて助かりました。

hoonayaさん,ママ,33歳,東京都

うちはとにかく声が大きく元気なので、機内でじっとしている事も難しいです。搭乗前は必ず空港にプレイコーナーがあるので、30分以上遊ばせてから乗るようにしています。そうすると、疲れて自然と寝てくれます。

それでも元気な時のために、DVDプレーヤーは必ず常備し、落ち着かない時は好きな映像を流します。プレイコーナーから移動するのを嫌がることがあるので、なるべく時間に余裕を持って、飽きるまでそこに居させてあげるのがベストだと思います!

MEG2さん,ママ,33歳,神奈川県

飛行機内でなるべく寝てくれるよう、早目に空港に到着するようにし、空港内の遊ぶスペースでこれでもか!というぐらい遊ばせます(笑)また、もしぐずったとき用にジュースとお菓子、新しいおもちゃを常備していました。

19850910さん,ママ,32歳,神奈川県

ちょうど1歳半の時に友人の結婚式があり、飛行機に乗りました。飛行機は2時間ちょいでしたが、抱っこ星人で座ると泣くので、離陸前にたくさん遊ばせて疲れさせる。

そしていっぱい食べさせてお腹いっぱいにして、搭乗直前に抱っこして寝かせるという作戦で、行きは成功しました。到着直前に起きましたが、気圧の事もあったのでおやつやジュースでつって、作戦成功しました。

A.1歳半の子どもと飛行機 予約時に気をつけていること

ゆみ☆さん,ママ,36歳,青森県

予約をする時に、近くに他のお子さんが居る席を選んで取っていました。周りに子どもさんが居ると、子どもが泣いてしまったりしても子ども連れの方が周りに居た方が、少しは気が楽なので。あとは、好きなお菓子やおもちゃ、動画等を用意しておくと良いと思います。

匿名さん

子どもが3ヶ月の時に、旦那の実家が沖縄県なので、帰省で飛行機を使いました。飛行機の後ろ側は比較的空いているので、子連れの方は利用される事が多いと思います。

早めに予約すると、後から予約される方は、この席に子連れがいると表示される航空会社もあるので、いいかと思います。

まおまささん,ママ,37歳,東京都

座席に気をつけています。1番前(前に誰もいない席)、1番後ろで通路側もしくは、おむつ替えせず席を立つことがないと思う時は、窓際を予約するようにしています。1番後ろの方は、比較的子ども連れが多いので気持ち安心です。

あと、前に誰もいない席は、前の座席を蹴ったりする心配がないこと、足元が広いので子どもを立たせたりすることができます。

ynkiii124さん,ママ,27歳,埼玉県

もちろん1歳半だと親の膝の上だと思います。その際に注意して欲しい点は、万が一の時の酸素マスクが席に設置できるかという点です。席によっては二つ酸素マスクがつけられないところがあったりもするので、予約時にしっかり確認して楽しい旅行にしてください。

匿名さん

必ずお昼寝の時間帯の飛行機を予約する。そして早めに空港へ行き、おなかいっぱい食べさせて、離陸と同時におっぱいを飲ませる。耳抜きと同時に寝かせつけもできて一石二鳥!
親も移動中に休むことができて最高です!

まりゆづさん,ママ,28歳,埼玉県

私は生後7ヶ月の時に子どもと一緒に飛行機に乗り、沖縄へ旅行へ行きました。まだ7ヶ月の時は寝ていることも多かったため、飛行機内も大丈夫でした。

翌年、子どもが1歳10ヶ月の際にも沖縄へ行きました。飛行機の搭乗時間を、普段昼寝するくらいの時間にして、朝起きてから搭乗するまでは頑張って起きててもらいました。搭乗してからお昼寝させると、着陸までぐっすり寝ていました。

また予約の際は通路側をできるだけ取るようにしています。すぐ立ち上がりやすいので。

ちむねえさん,ママ,33歳,東京都

行き先や季節によっては、空いている便に乗れることもあると思います。事前の座席予約で、直前に座席を確認し、3人席が丸々空いていたら、両側の席を確保して、真ん中をあけておくとよいです。

直前であれば、それから真ん中がうまることはないので、子どもと広く座席を使えます。

匿名さん

1番前の席(モニターの前)だとベビー用のベッドが出てきて、そこに赤ちゃんをのせてお昼寝させることができます。お昼寝前の態勢を整えて、それを利用すれば安心して飛行機にものれると思いますよ。

キャビンアテンダントの方もお困りのことはないか等、なにかと気にかけてくださるので、安心して利用できます。

すっしさん,ママ,25歳,茨城県

余裕を持って空港に到着しておく。(おむつ変えたり、荷物を預けたり時間がかかるため。)離着陸の際には水分補給をさせて、耳抜きが出来るようにしてあげる。おもちゃやおやつなど、ぐずった時にご機嫌取り出来るものを準備しておく。

A.1歳半の子どもと飛行機 空港に行くまでに気をつけていること

匿名さん

飛行機に乗せる前に大切なことは、とにかく疲れさせることです。空港ではキッズの遊ぶ場所も多いので、そこで好きに暴れさせてクタクタにしてから乗ると、飛行機に乗ってすぐに寝付くことが多かったです。

空港に行く途中の車や電車で寝てしまうと、飛行機内で元気になって大変でした!

匿名さん

一歳半の息子を連れてハワイに行きました。空港まで電車で2時間くらいかかるので、その後の長時間のフライトのことを考えると、親も子どももなるべく疲れを溜めたくなかったので、空港近くのホテルで前泊しました。

前泊したことで、時間も行動も体力も余裕ができて、良かったと思います。

choco2さん,ママ,32歳,東京都

主人の実家が飛行機で行く距離のため、我が子を連れてよく利用します。まだ寝てくれる時期は、今思えばすごくすごく楽でした。一歳半ともなると、歩き回りたい時期になりますので、機内ではとにかく時間との戦いです…。

機内での過ごし方の前に、気をつけていることは、

・絶対寝かさない
機内で眠くなってくれたらラッキーなので、とりあえず移動中は起きててもらい、空港についたら時間が許す限りキッズスペースで遊びまくってもらいます。

・うんちを済ます
機内で交換もできますが、シートベルト着用サインの点灯中であったり、狭くかえづらいので、できる限りご飯はしっかりと済ませて便意をまちます…。搭乗口の一番近くにあるおむつ交換で済ませます。

かをるさん,30歳,岡山県

飛行機で寝てもらうために、昼寝の時間帯の便を予約しました。そして空港に向かう車の中では、寝かさないようにひたすら話しかける&こまめにコンビニに寄り起こす、を繰り返しました。幸い、離陸準備の段階で眠ってくれたので、飛行中は静かに過ごせました。

lmicchamlさん,ママ,28歳,大阪府

6ヶ月半で飛行機に乗りました。国内線です。2時間くらいの空の旅でした。まず、空港に向かう電車(1時間くらい)で、ずっと起こしてました。空港でもギリギリまで起こして、飛行機に乗り込み授乳。それと同時に寝かせました。

そのまま着陸まで寝てくれたので、飛行機に乗せる前は起こしてる方が賢いと思います。

匿名さん

ご飯のタイミングを考えて食べるようにしています。飛行機の中では、小腹が空くくらいならお菓子でなんとかしのげると思いますが、空腹になってしまうとお菓子ではどうにもならず、ご飯をたべさせないとどうにもならない!!という場合があります。

できるだけ、飛行機に乗る直前にたべさせるようにしています。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード