Q.学資保険を検討するうえで重視するポイントは何ですか?

子どもの学資保険を検討しているのですが、どんなポイントを重視するのがおすすめですか?いろんな保険会社が展開しているので、何を基準に選べばいいのか悩んでいます。重視したポイントと理由、おすすめの学資保険を教えてください。



PUA,学資保険,おすすめ,

A.学資保険は、保険料や返戻率、払い込み期間などを考えて自分のライフプランに合うものを選びました!

匿名さん

旦那が入っている保険会社で決めました。月々の保険料と子どもの入学時にいくら返ってくるのか、どの時期に払い終わるのかなどを考え、我が家のライフプランに一番合うものに決めました。それぞれのご家庭に合わせたものがベストだと思います。

編集部からのコメント

パパが加入している保険会社で学資保険もお願いしたという先輩ママさん。保険料や返戻率、払い込み期間などを考慮して自分たちのライフプランに1番合っていると思うものに加入したといいます。

子どものためにできるだけ多く学資保険をかけてあげたいと思って無理をしても毎月の払い込みに苦労してしまうし、自分たちの年齢を考慮してここまでには払い終わりたいなど、人それぞれ思いは違います。

資料を見比べたり、ファイナンシャルプランナーさんなどに相談したりして、ご自身に合う学資保険が見つかるといいですね。

他の先輩ママさんからも学資保険を選ぶ際に重視したポイントがたくさん寄せられました。さっそく見ていきましょう!

A.学資保険の返戻率(貯蓄性)について

mai0620さん,ママ,29歳,熊本県

昔から贔屓にしているという点が大きいですが、明治安田生命の学資保険に入っています。大手なのと、返戻率も高いと思いました。返戻率が100%を超えるタイミングはしっかりチェックしましたね。親の死亡時などの規約もしっかりしています。

viviAiさん,ママ,34歳,沖縄県

子どもが入院する確率は低いと聞きました。そして、医療費がかからないので貯蓄性を重視しています。今は日本国内の保険だと利率が悪いので、余裕があるならばドル建て。寝かせる期間を長くとれると更に利率が良くなります。

匿名さん

何をしたいかにもよりますが、医療保険は国民保険や乳児医療の割り引き(無償)で補えます。子どもがなにかやってしまった時の保障は自動車保険の付帯保険でカバーできました(親名義の生命保険でもオプションでつけられるのもあり)。そのため貯蓄最重視で決めました。

れれれいさん,ママ,28歳,東京都

日本の学資保険は返戻率が低いし、むしろ損だといろいろな人に聞き、主人名義のドル建ての終身保険を学資保険として使うことにしました。一番必要なときに必要な額があれば問題ないわけですから、保険の種類にこだわる必要はないなって思って選びました。

たくぴょんさん,ママ,25歳,石川県

早い段階で学資保険を始めた方が月々の支払いも少ないのでおすすめです。私立に行くかもまだわかりませんが、制服だけでも結構かかると聞いています。

貯金をしていても高校、大学に行く頃にまとまったお金が別枠から出てくるのはかなり助かります。私はゆうちょ銀行の学資保険を利用しています。

匿名さん

私は自分で貯めるのが苦手なので、保険で少しでも貯めれたらと思い、特殊な利率の貯蓄型にしました。大学生になった時まで待つととても率が良い仕組みのものにしました。幼稚園、小学校、中学校、高校で少しずつ返ってくるよりいいと思いました!!

るなおくんさん,ママ,21歳,北海道

返戻率の良い、かつ円建てのニッセイ学資保険に決めました。5年間の払い込み・年払いにすると返戻率が良くなります。また大学入学年の受取金額を40万~で設定できるので、自分たちのスタイルに合った選び方ができます。

ドル建て終身は返戻率は良いですが、為替の影響が不確定要素になるため、受取金を絶対に減らしたくないと考えた私たちには合いませんでした。

Ram02さん,ママ,28歳,大阪府

やっぱりソニー生命が強いかと思います!国内のはなかなか100%を越えません。学資の代わりに親名義の終身を積み立てて、解約返戻金が100%以上になったら解約という手もありますが微妙です…。

学資はかけている名義人が亡くなった場合には支払い義務がなくなる特約が付いている物が多いです。ただ特約にお金をかけすぎても返還率が悪くなるので注意が必要です!

かおり1126さん,ママ,18歳,埼玉県

私も今検討中なのですが、学資保険は貯蓄性重視で探しています。せめて100%以上でと思って見ていると、明治安田生命かソニー生命で悩んでいます。受け取れるタイミングを選べるのはソニー生命かなと思います。

学資保険は貯蓄なので、医療保障はふまえて考えていません。医療保険は別で入ったほうが見直しもしやすそうなので、学資保険とセットじゃないものを…と私は思っています。

匿名さん

これはだいぶ大事。悪かったら自分で貯めてた方がいいので…。いろいろと比べていいのを選ぶしかないです。100%を切っているとマイナスになってしまうので、どれだけプラスに出来るかを調べるのが大事です。直接話を聞いて納得してから続けれるかを考える必要がある。

匿名さん

学資保険だと率が悪いので、変額タイプではあるけど確実に増えて貯蓄できる保険にしました。メリットは、色々な目的で使用できること。学生期間に使用せず、18歳を過ぎても打ち切りではなく、次の目的(結婚資金や家や車の支払いなど)に使える。支払いが終わってもずっと増え続ける。

ちゃるさんさん

最近3人目を出産しました。ちょうど先週子ども用の学資保険の契約をしてきたところです。2人目、3人目はドル保険にしました。学資保険は、返戻率を重視しました。使う時に使ってもよし、使わずずっと置いておけば自分たちの貯金として…。

学資保険としてかけてしまうと満期で終了のものが多かったので、学資保険というものではなくドル保険にしました。

yukka0824さん,ママ,28歳,岐阜県

妊娠中に学資保険は入りました。子どもが大きくなって、使える様に積み立てと思って入りました。医療のはあとで別に入ろうと思ってたので、積み立てだけの学資保険に入った。途中の祝い金などももらわない、大学など大きなお金が必要な時に貰えるような保険に入った。

nrkcpnさん,ママ,28歳,神奈川県

貯蓄性を重視して、JAの学資保険にしました。ネットで情報を調べ、プラン内容なども含めてある程度保険会社を絞ってから、保険の相談窓口などで詳しく話を聞きました。

ネットでは理解しきれていなかったところも、直接説明を聞けるなどして、保険会社を一つに絞るのには、とてもよかったと思います。

匿名さん

貯蓄性を重視して、ソニー生命の学資保険に生後1ヶ月の時に入りました。変額保険をおすすめされましたが、最低限確実に増やしたかったので、学資保険にしました。次の子の時はまた学資保険にするか何か投資にするか考えようかと思ってます。

匿名さん

医療保険はコープ、死亡保障は自分の保険、学資は貯蓄や還元率重視と、目的別に分けました。なので、学資は、純粋にどれだけ貯まるかを重視しました。

結果として、ドル建て終身の私名義になったので、私の死亡保障が追加された形ではありますが、解約前提のため、死亡保障としては考えてません。

匿名さん

貯蓄性を1番に考えました。万が一の時のためにはちゃんと保険に入っているので、子どものためにできるだけたくさん残してあげたいので、お得に貯められるものを探して選びました。でも最近は返戻率はどこも期待できませんね。

KANSUKE. Sさん,ママ,36歳,滋賀県

保険の窓口でいろいろな話を聞き、学資保険に入るよりも貯蓄型の終身保険に入ることに決めました。数年前から返戻率が下がり始めてると言うことで、貯蓄のメリットが感じられなかったからです。

だったら普通に通帳に貯めていくのと同じくらいの増え率だったので、保障が付いた終身保険の方がいいと思ったからです。

ゆぅぅぅちさん,ママ,24歳,愛媛県

うちは返戻率を重視して、ソニー生命にしました。受け取りが中学・高校・大学入学時・成人式で可能(必要無ければ次の受け取り時まで貯蓄可)が決め手になりました。

またソニー生命では資料請求時にライフプランナーが自宅まで来てくれ、話を聞いてくれたりアドバイスしてくれます。ただライフプランナーさんの話によると、途中で払えなくなり解約するのが一番損だそうで、無理なく支払える金額かが重要だと思います。

MIQ23さん,ママ,32歳,静岡県

厳密には学資保険をかけるのはやめました。NISAにしようかとも思いましたが、使いどきにいい相場がわからないよといわれました。

結局、来年子どもが1歳になった頃に返戻金ありの医療保険をかける予定です。どちらかというと、それは子どものお祝い金を元に、子どもの貯金を16歳になるまで増やしといてやるのが目的です。

あとは、老後の貯蓄用に1つやっておくつもりです。老後の準備がしっかりしてれば、その時々で貯金がすっからかんでも大丈夫だと思っています、

匿名さん

契約書が男女、生年月日によっても給付率が変わってくるので、色々シミュレーションしてもらい、保険に加入しました。万が一の保障もちゃんと付きつつ、貯蓄性も考えました。今は低金利時代なので、保険の金利もどんどん下がっているみたいなので、よく考えたいと思います。

maaana01vさん,ママ,22歳,東京都

親戚のつきあいで明治安田の学資保険に入りました。返戻率も良く満足しています。しかし、あまり増えることは期待せず、万が一に備えて入っている感じです。何があるかわからないので、無理せず続けられるものを選ぶのがいいと思います。

めんたいさん,ママ,29歳,神奈川県

返戻率が1番良いのは明治安田生命です。私の場合は年払いで、児童手当で収まる分だけの料金で加入しています。返戻率は107%超なのでとても良いです!契約も家まで来て納得できるまで説明していただけるので助かります。

*かずみん*さん,ママ,28歳,愛知県

何社か資料請求をし、貯蓄性と支払い方法を考えて決めました。子どもを育てるのにたくさんお金がかかることは分かっていたので、妊娠中に調べておこうと始めました。

普通に銀行に預けるよりは少しでも増えるので良いかな?と思っています。保険会社の方の説明も丁寧で、安心してできました。

さちゃ*さん,ママ,27歳,茨城県

いろんな会社があって、自分で調べても分からなかったので、ほけんの窓口に行って相談した。JA共済など、かわいいキャラクターとコラボしてるところを希望していました。

しかし、返戻率の話を聞くと、オリックスさんが高いと聞き、少しでも貯蓄をしたいと思ったので、キャラクターは諦めて返戻率を優先にして決めた。

ヒロコロさん,ママ,35歳,神奈川県

息子が生まれてすぐに学資保険を検討した際に、私は三社(ニッセイ、日本郵政、JA)で比べました。その際、全て満期が300万円コースで見積りをだしてもらった際に、返戻率を比べ、1番お得なのがJAでしたので、迷わずJAの学資保険に加入しました。

ゆみ0409さん,ママ,35歳,徳島県

ソニー生命の学資保険は、満期率が高く、パパ・ママが死亡したときは振り込み免除になっていてすごくありがたい商品です。今は米ドル建ての学資保険も運用することで、満期率が高くなりメリットがあるようです。今までの学資保険と米ドル建ての学資保険のどちらがいいか検討しているところです。

さち3103さん,ママ,29歳,埼玉県

私は、ゆうちょの学資保険に入りました。1歳前に入ると月々の支払う値段も低く、利率がとてもよかったです。学資保険そのものに入るか悩みましたが、これを期に入ることにしました。どうせ貯めるなら、返戻率も良いものにするべきです。

なな13さん,ママ,28歳,島根県

私は郵便局か、JAか、地元の銀行かで迷いました。子どもの中学入学とかでお祝い金が60万ずつ返ってくるやつにしました。率がその時1番よかったのはJAなので、そこにしました。

いつ必要かによって違うと思いますが、一般的に、中学、高校、大学とかまとまったお金が必要な時、助かると思いました。

匿名さん

何が目的の保険なのかということが重要だと思います。子どもに多額の死亡保障は不要と思いますので、入院保障なども安価なものにとりあえず程度で良いと思っています。

学資保険は貯蓄したい為に入るものと思っていますので、返戻率が良くないと意味がありません。大手で安心、オーソドックスな学資保険ですと、日本生命の貯蓄のみのものがおすすめです。

jagaricoooさん,ママ,28歳,宮城県

ソニー損保にしました。色々見た中で返戻率と月の支払い額がうちにあっていたので!無理なく生活の負担にならないように考えて入りました。児童手当の範囲内で少し貯金も出来るようにと思い、決めました。他にも医療保険にも入りました

みのむし。さん,ママ,27歳,京都府

日本生命の学資保険に入っています。返戻率が今1番高いみたいなので…。少し前までは郵便局の学資保険が1番返戻率が高いと言われていたみたいなのですが。毎月貯蓄する額は2パターンから選べます。無理のない程度で貯蓄出来ますよ。

もふもふわんこずさん,ママ,29歳,山形県

たくさんという程比べたわけではないですが、郵便局・数件の保険屋さん・地元JAさんの中で検討しました。そして、地元JAさんのプランにしました。一番の理由は返戻率が良かったこと。

そして、保険屋さんとかと違ってなくなったりしないだろうなという考え方で決めました。吸収合併とかでどうなるか分からないかもしれないと思うと保険屋さんよりこちらのプランの方がうちにはあってました。

music73さん,ママ,25歳,北海道

友人が保険会社に勤めていたということもありますが、フコク生命の「みらいのつばさ」に加入しました。ステップ型で入園、入学などのタイミングでもらえるものです。

返戻率もよく、104パーセントの利率になっていました。やはりかけたものよりプラスで返ってくるものの方がうれしいですよね。

匿名さん

その家庭家庭での年収にもよるとは思いますが、大学で必要なお金の平均が約300万程度、それにプラスで引越し代や生活費等がかかってきますので、500万程は用意した方が良いそうです。

いつ苦しくなるかと言うところだと思うので、貯めれるだけ貯める方がお得だし、祝い金型よりかは貯蓄型の方がのちのち楽かもしれませんよ。それに、子どもの保険は別でかけた方が色々お得です。

みおmomさん,ママ,32歳,福岡県

フコク生命、JA共済、ゆうちょを比べてフコク生命にしました。父51歳、母42歳と高齢のため、JAはどのプランでも返戻率が100%を切りました。また、受け取り時期の自由度もフコク生命の方が良かったです。出生前に契約しました。

匿名さん

返戻率の高さから、ソニーのドル建学資プランを選びました。日本は低金利の時代なのでドル建ての方がお得感があります。受け取り時のドル円の相場に左右されますが、ドルの資産を持っていてもよいのではないかな、と思っています。

A.学資保険の保険料について

匿名さん

私は給料と生活を踏まえた上で出せる金額のプランがある保険を1番優先して選びました。また、大学に行った時に1番お金がかかるので、それまでの高校等では貰わず、大学在学中に戻ってくるようなプランにしました。

匿名さん

友達がゆうちょにいたというのもあって、うちはゆうちょで学資保険に入ってます。上二人がゆうちょの学資保険で、毎月の引き落としは2人で1万くらいです。18歳で100万なので、自分で貯金するよりも確実に貯まっていくので満足してます。

匿名さん

私はJAの学資保険に入れてます。JAの学資保険が保育園~高校まで出るのと、18歳~22歳まで出るのがあって、2つ合わせて1歳未満に入れれば1万ちょいで済みます。保険料も安いし、18歳から毎年20万ずつ貰ってもいいし、22歳で一気に100万貰ってもいいのでそれは得だと思います。

A.学資保険のプラン内容について

ちきあささん,ママ,24歳,東京都

返戻率が気になりがちですが、内容によると思います。返戻率が高い方がお金が増えて戻ってくる!と思いがちですが、結局、子どもの病気や怪我の保障部分や、契約者のパパやママに万が一のことがあった時の保証の部分は掛け捨てになるので、気をつけた方がいいと思います。

貯金だけをするために学資保険をかけるのであれば返戻率で選べばいいし、パパやママの保障もしっかり備えたい!と思うのであれば保険金が支払われる基準が低いものの中から返戻率で選べばいいと思います。

パパやママなどに万が一のことがあれば保険金も支払われて月々の保険料も払わなくてよくなるものもありますが、貯金メインでパパやママに何かあった時に保険料が払えなくて解約するしかなくなるということもありますので、考え方は人それぞれです…。

匿名さん

私は18歳になったらまとめて300万受け取れる学資保険にしました。今は幼稚園入学から受け取る学資など分月払いが多いですが、わたしは一括受取がよかったので、そのプランがある保険を探しました。

分割でもらうと子どもが大学や専門に行きたいところなったときにまた別でまとまったお金を用意しなければならないので、学資保険で最初にかかるお金を払いたいと思い、プラン重視で決めました。

まろんさんさん,ママ,24歳,福岡県

ファイナンシャルプランナーの方に相談したのですが、今は学資保険という名目の保険では特に大きな得はなく、貯めにくいと聞きました。そこで教えてもらったのがドル建ての終身保険です。

保険料も低く、払込期間も短い中でしっかり貯蓄ができるタイプにしました。ドル建てなので円とドルの関係をみて得をするタイミングで換金すればいいので、大きな損をすることはないと思います。

匿名さん

私はゆうちょのに入りました。自分の毎月振り込める金額などを相談したらプラン内容をいくつか作ってくれました。自分に万が一、なにかあったときのためにもはいりました。その時にはちゃんと18歳になった時にもらえるはずの金額がもらえるものにしました。

ととごんなおママさん,ママ,23歳,大阪府

いくつか資料請求しましたが、プランを見て充実していそうなものを選びました。また、子ども手当てを学資保険に充てているので、その範囲内での保険料になるようプランナーさんに相談してプランを立ててもらいました。

藤崎凪さん,ママ,28歳,和歌山県

今時の利率は、あって無いような物なので、あくまで学費として貯金する程度に考えています。そこで、今後もお子さんを出産予定であれば、兄弟割引があるかや、保険金の支払いタイミングが希望するタイミングであるかを重視するといいと思います。

イトかぁさん,ママ,32歳,兵庫県

うちはお金に余裕がないので、もしもの事があった時用でお金がいる年(小学校入学など)に下ろせるようになってる学資保険にしました。もちろん下ろしたらそれこそ少なくなりますが、まとまった額がもしなかった時の為にそこを考えて決めました。

匿名さん

ファイナンシャルプランナーの方に勧められ、変額保険やドル建ての保険に入りました。運用が上手くいけば学資保険より返戻率はいいですが、元本保証がないため運用が悪ければと考えると心配です。今解約しても解約返戻金は全然戻ってこないですし...。

学資としてきちんと貯めるには元本保証がある保険にすればよかったと少し後悔しています。JAの学資保険に興味があり、2人目も産まれるので検討中です。

ぷ~やんさん,ママ,30歳,愛知県

私は郵便局の学資保険を利用しています。高校卒業後の大学費用などを考えて、月々の金額なども考えて、無理のないように調整出来るところがいいと思いました。また、小中高の入学時はお金がかかると思うので、その時に貰えるお祝い金も付けることができます。

うちの例であげれば、子どもが17歳(入学費などの支払いが先なので)の時点で200万円程、小中高の入学時にお祝い金と、子どもが怪我や入院した時の保険も少しだけつけました。月々に1万4千円ぐらいなので、児童手当をその分に充てています。

そして、保険の保証人が死亡した場合でも、その後の支払いはなく、子どもが17歳の時に約束通り保険がおります。自分の生活を考えて、無理のないように調整出来ますし、郵便局の方も親身になって頂いたので私はおすすめです。

A.学資保険の万が一の保障(医療保障や死亡保障など)について

リラックママさん,ママ,34歳,東京都

返礼率ももちろん重要ですが、学資保険で最もメリットがある事は、やはり保障だと思います。万が一、私たち夫婦にもしもの事があった際に、子どもの成長と共に増える教育費等が払えなくなると言うことを防ぐ事が出来ることが加入のポイントとなりました。

菊さん

学資の貯蓄と生命保険がかけられるものにしました。妊娠中に学資保険は開始して、生まれてから生命保険が追加で付けれるものです!私と夫もニッセイでまとめて入っていて見直しなども簡単なので、ニッセイの保険にしました。

匿名さん

私が加入した内容は返還率を重視しましたが、加入後によく考えてみると、返還率よりもプラン内容を重視すべきだと思いました。私が失敗した理由は医療保険付きにしなかったことです。

医療費は国や市町村で補助されますが、子どもが入院などした時、仕事を休む事になり、仕事を休んだらお給料は減ると思うので、その日当分としての医療保険が必要だと思いました。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード