大半のママが夜中に赤ちゃんのお世話で起こされた経験あり

赤ちゃんには昼も夜も関係ありません!

泣く赤ちゃん,ミルク,授乳,

昼間に比べ、夜中は赤ちゃんのお世話が一層、大変になってしまうもの。コズレでは今回、ママの夜中の育児についてアンケートを実施(有効回答:1778)。その結果、大半の方が夜泣きなどで夜中に起こされた経験があることが分かりました。

夜中の赤ちゃん、どんなお世話で泣き止んだ?

おっぱいやミルクをあげるのが夜中のお世話でダントツ1位

夜中にどうやって赤ちゃんのお世話をしましたか?,ミルク,授乳,

先輩ママたちは、夜中に起きた赤ちゃんたちにどんなお世話をして、泣き止ませているのでしょうか。

1位はダントツでおっぱいやミルクをあげた、でした。やはり、赤ちゃんが泣く理由の多くはお腹を空かせたことによるもの。

次に、抱っこをした、おむつを替えた、と続いていきます。授乳、抱っこ、おむつ、は赤ちゃんのお世話の基本。中でも、赤ちゃんのお腹を満たす授乳が、大きな割合を占めていることが分かりました。

「生まれた時から元気がよく2、3時間ごとに泣いていました。母乳をうまくあげることができずさらに泣くのがヒートアップして授乳するのが難しくて、泣きながら母乳・ミルクをあげていました」

「夜中に3~4回くらい起きて授乳を3歳前まで続けていて慣れてしまったが、1歳になるくらいまでは慢性的な寝不足でしんどかった」

「夜中に一時間おきに泣き、そのたびに泣き止むものの、そのあと吐いたりおっぱいをあげたりを繰り返し全然寝られない日が続いた」

夜泣きなどが特に大変と感じていた時期について尋ねてみると、生後0ヶ月が約3割でもっとも多く、その後、生後2ヶ月、生後3ヶ月と続いていました。

この時期、赤ちゃんの胃は小さく、一度の授乳で飲める量が少ないため、夜中でもお腹が空いて頻繁に起きる時期。大変だったと感じる割合が月齢が進むほど減っていく傾向にあるのは、赤ちゃんの成長とともに授乳回数が減っていくからだと言えそうです。

では、夜中の授乳にはどんな苦労があるのでしょうか。掘り下げていきましょう。

先輩ママの告白!夜中のミルク、ここがつらいんです

産後すぐの夜中の授乳、新米ママはつらいんです!!

疲れたママ,ミルク,授乳,

産後すぐの時期は、出産によって疲労した身体が回復する途中で、体調が十分に整っていないことも。自分の体調がすぐれないのに、夜中に何度も起きて赤ちゃんのお世話をすれば、心身ともに負担を強いられることになりますよね。

特に、新米ママさんたちにとって、おむつ替えや調乳といったお世話は覚えたてのこと。間違わないよういちいち確認しながらする場合もあり、ひと苦労なのです。

ミルクならパパや家族が代わってくれることも。でも、やっぱり大変!

川の字に寝る親子,ミルク,授乳,

また、約14%がパパにお世話をしてもらったと回答、大変な状況をシェアしている様子も浮かび上がっています。

ミルクの場合はパパや家族が手伝ってくれるメリットがあるので、夜中こそ上手に活用したいもの。

とはいえ、夜中の授乳は誰にとっても大変なことに変わりはありません。

夜中のミルク作り、どんな落とし穴があるの?

ミルク,ミルク,授乳,

より具体的にママたちはどんなところをつらいと思っているのでしょうか。夜中のミルクならではの、2つの落とし穴とは…

落とし穴①:眠くてこぼしてしまう

「夜中に辛かったのは寝ぼけまなこでミルクを作ってる際、粉ミルクを何杯までいれたか忘れてしまったりお湯をこぼしてしまったりしたこと。あまりの眠さにミスを連発しました」

「ミルクをあげようと台所に向かって急いで作ろうとした時にミルクの缶を持ったら、フタがよくしまっておらずミルクが落ちて、半分ぐらい床に落としてしまいました」

「抱っこしたままミルクを作ろうとしたら、こぼしてしまいました」

ママたちの夜中のミルク作り失敗談で多かったのが、こぼしてしまうというエピソード。

産後間もない時期の育児は睡眠不足の状態が続きがち。連日、眠気と戦いながら赤ちゃんのお世話をしているのですから、手元が狂っても仕方がありません。

落とし穴②:量を間違えてしまう

「6ヶ月以上になると、ミルクの量が増えるのですが、夜中だと何杯入れたか分からなくなった時がありました。寝不足だからとくに困りました」

「夜間のミルク作りは眠いのと慌てているので、ミルクの量がわからなくなってしまうことがありました」

「夜中のミルク作りが眠たくてしんどかったです。計量途中で何杯入れたのかわからなくなり作り直すことが何回もありました」

眠たい時にミルクをはかると、意識がもうろうとして適正な量を間違えてしまう…。夜中のミルク作りで起こりがちなミスです。計量スプーンで1杯、2杯とすくっているうちにこぼしてしまうなどトラブルが重なってしまうことだってあり得ます。

昼間とは違ってこうした問題がある夜中のミルク作り。いったいどう対処したら良いのでしょうか。

実はいい解決策があるんです!!!

お助けアイテム参上!『明治ほほえみ らくらくキューブ』が夜中の授乳の強い味方に!

夜中のミルクのお悩みは、ママやパパだけが解決するものではありません。

ミルクを変えれば良いんです!!

こぼしたり、はかり間違えたりする心配も少なく、ベッドの近くでも簡単に素早く作れるミルクなら、ママやパパの負担も大きく減りますよね。

そんな理想的なミルクが『明治ほほえみ らくらくキューブ』なのです。

キューブ状だからこぼしにくい!

明治ほほえみ らくらくキューブ,ミルク,授乳,出典:www.meiji.co.jp

キューブタイプの粉ミルクは、明治が生み出した世界で初めての商品。特許も取っているので世界唯一のものです。(※1)

しかも、実は、日本で一番選ばれている粉ミルクでもあるんです。(※2)

キューブだから、とにかく、簡単。哺乳瓶にポンッと投入、パパッとかき混ぜれば即できあがり。しかも、スティックタイプの個包装になっているというのも扱いやすいポイントです。

暗い室内で、眠い目をこすりながらでも、スプーンですくう時にありがちな、こぼしてしまう!ということもなくなり、余計なお掃除などの心配もありません。

また、ベッドのそばに置いておけば、一刻を争う状況でも手早く作れるという安心感があります。階下の部屋やキッチンまで行くこともなく、赤ちゃんを長時間待たせることもありませんよ。

※1 (株)明治調べ 2013年9月時点 特許第 4062357 号 ※2 粉ミルク購入人数No.1(2017年1月~2017年12月)株式会社True Date「True Date」2018年2月9日時点のデータに基づき算出

調乳が簡単で間違えにくい!

キューブタイプの利点は、いちいち量をはからなくてもいいこと。

哺乳瓶に入れたキューブの数を目で確認できるから、「いま、何杯入れたかしら?!」と間違うこともありません。

「キューブ型で量の調節もしやすかったし、手も汚れないしでよかったです。溶けやすさもよかったです」「夜、眠いときに粉ミルクを何杯いれたかわからなくなったり、量を間違えたりするようなことがなくてうれしい」という声もよく聞かれますよ。

パパも簡単に作れます!

パパもらくらく,ミルク,授乳,出典:www.meiji.co.jp

このように『明治ほほえみ らくらくキューブ』は、こぼしにくく、調乳が簡単なので、パパでも、また、おじいちゃんおばあちゃんでも作れます。だから、ママがお疲れの時や子どもを預ける時なども、安心してお願いできますよ。

母乳とほぼ同じ成分なので、発育・成長にも安心

DHAとアラキドン酸,ミルク,授乳,出典:www.meiji.co.jp

『明治ほほえみ らくらくキューブ』は夜中の授乳の負担を減らしてくれるだけではありません。

赤ちゃんにとっていちばんの栄養であるママの母乳をお手本に作られているから、1歳ごろまで母乳の代わりとして安心して使うことができるんです。

明治は4,000人以上のママの母乳を調査。たんぱく質をはじめとする栄養素の量と質を母乳に近づけました。

また日本で唯一、赤ちゃんの成長を支える大切なDHAとアラキドン酸の両方を母乳の範囲まで配合(上図)しています。

さらに、20万人以上の赤ちゃんの発育調査を行い、母乳で育つ赤ちゃんと同じ成長を目指して作られています。

まとめ

出産直後のママたちは、24時間休みなしの育児でお疲れ。特に夜中の授乳は、ママたちのお悩みポイントがいろいろあることが分かりました。

『明治ほほえみ らくらくキューブ』は、母乳で育つ赤ちゃんと同じ成長を目指した栄養を与えながら、簡単に作れて、間違えにくく、ママパパの夜中の授乳を楽にしてくれる優れものアイテム。

これはもう、真夜中のミルク革命ですね!ぜひ、これを機会に利用してみてはいかがでしょうか。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。