気になる調査結果のポイントは?

●8割弱のママパパが初節句のお祝いをイベントとして行った
●イベント当日の服装は普段着が実は多い
●9割近い家族がお祝い飾りを用意した
●ひな壇飾りはシンプルな傾向
●お祝い膳では和食に加え、スイーツも
●お祝い飾りはほぼ半数が5~20万円で購入

詳しい内容はここからご紹介していきましょう!

8割近くのお子さんが初節句を経験

調査対象

調査対象,初節句,女の子,

今回、アンケートにご協力いただいた594名の皆様はこのような各地にお住まいです。関東32%と近畿18%でちょうど半分、以下中部15%、九州13%と続いています。

初めての節句はお祝いをしましたか?

初節句したしない,初節句,女の子,

女の子がいる親御さんの回答で約8割の方が「お祝いを行った」という結果になりました。

残念ながら、諸般の事情で今年はできない!という方もいらっしゃるでしょう。コズレに寄せられた口コミでは、下記のような「初節句を行わなかった」理由がありますので、ご参考までに。

「保育園でひな祭りをしていたから特に家では行わなかった」

「義母が、お雛様を買う買うと言っていたが、買ってくれず、100日のお祝いやら初節句やらで口を出してきて疲れてしまったのでやらずに終わった。」

「引越しなど、バタバタして行けませんでした。」

「生後間もないのと 百段雛飾りを見に行き旦那の実家で行ったから」

「当時住んでいた場所の地域柄、あまり行わない風習だったから。」

「一応、近くの神社へ出向いていつものように参拝はしたのですが節句用の服や親の私達も普段着で行っただけで特に何も行わなかった。」

「お金を使う行事ばかりで、あまり意味を感じなかったから。小さなアンパンマンの人形だけ購入して飾った。」

時間的、経済的、文化的とさまざまな理由がありそうですね。

節句のお祝いイベント時の服装

服装,初節句,女の子,

伝統的な行事ではありますが、節句のお祝い当日の服装はカジュアル化傾向が見られます。「普段着」と回答された方が59%ともっとも多いことが明らかに。次いで「和装が27%」と多いのは、節句のお祝いが日本古来のイベントゆえに納得の結果です。

ほぼ9割がお祝い飾りを用意

飾り,初節句,女の子,

初節句というイベントを盛り上げるのはなんといっても飾りですよね。お祝いのシンボルであり、この日、この時期おうちに特別な演出をするために、重要なポイントです。このアンケートでは実に「9割近くのご家族がお祝い飾りを用意した」ことが分かりました。女の子の節句をすると決めたら、自然とお飾りをイメージしていることなのでしょう。

住宅事情?シンプルな親王飾りが第1位の人気

ひな檀の段数は少ないほうがより上位に

ひな壇の前ではしゃぐ女の子,初節句,女の子,

お祝い飾りはもちろん雛人形

女の子飾り,初節句,女の子,

女の子のお祝いはひな壇が主役ですが、気になるのは何段かというところでしょうか。この点ではお殿様とお姫様ふたりだけを飾る親王飾りが約半数という結果になりました。以下、五人飾り、七段飾り、そして名前飾りとつるし雛が続きました。

実はひな壇の段数に厳格な決まりはないものの、奇数で構成するのが慣例。偶数は割り切れるので「割れる、別れる」ためと忌避されているのだそう。

かつて大家族が多く、大きな和室があった昭和以前は、天井に届かんばかり、何段ものひな壇がありましたが今は核家族化が進み、マンション住まいなどコンパクトなライフスタイルを送る家族も多いためでしょうか。

あるいは、場所を取らず片付けやすいなど実用性を重視してでしょうか。より少ない段数が上位を占める結果となりました。

コズレに寄せられた口コミでも、それを裏付ける声が見受けられました。

「大きな雛人形を買っても飾る場所もないし、どうしようか悩んでいたら、一段に飾れるかわいい雛人形を買ってくれて、飾る場所も選ばないしすぐに飾れて良かったです。初節句のお祝いは特別何をしたわけでもないけど、みんなでお祝い出来て良かったです。」

中にはせっかく大きなひな壇を手に入れても、スペースの関係で飾ることができないという、もったいない?ケースもあるようです

「私の両親に雛人形を買ってもらいましたがなかなかの大きさのものを買ったので、子どもが少し大きくなって荷物が増えた家にはなかなか飾るスペースがなく、なかなか飾れないでいます。買ってもらった時は立派なものでうれしかったのですが、飾れないことが多くなってきたのでもう少し小さいものを買ってもらって毎年飾ってあげたかったかなと思います。これから買う人はそういう所も考えたらいいかと思います。」

ちなみに親王飾りという名前は、天皇と皇后を表す内裏雛が親王とも呼ばれることに由来しているのだそう。

手作りならではの温かみ、特別感も

シーズン本番ともなると店頭ではずらりと雛人形が並び、目移りしてしまいますが、大量生産でなく職人さんの手のぬくもりを感じさせるお人形を求める方もいらっしゃいます。

「ありきたりな雛人形では味がないと思い、木彫りの雛人形を購入しました。職人さんが、ひとつひとつ丁寧に掘ってくださるので、ひとつとして同じものはなく、手彫りの温かみのある雛人形を購入することができ、とても満足しています。」

あるいは「ひな人形」を手作りするというのも親の愛情を形にする手段ではないでしょうか。すてきな手作りエピソードもコズレには寄せられています。

「雛人形は私の母の手作りの人形をもらって飾っていた。そのあと人形でも遊べるし場所も取らないしお金もかからず助かった。子どもはそれでじゅうぶん喜んでいたのでよかった。もう少し大きくなったら本格的な人形を購入するか考え中」

「私自身、母の手作り雛人形や幼稚園などで作った雛人形を飾って祝ってもらっていたので、我が子にも手作りのものを、と思い、パパにも手伝ってもらってフェリシモのミニチュア雛人形を作りました。結果的には、初節句には全部の人形は作れず、完成形は翌年に持ち越しとなりましたが、それも良い思い出です。世界にひとつだけの雛人形を娘も喜んでくれました。」

一般に売られている雛人形はとてもクオリティが高く、子どもや家族、親族の目を楽しませてくれるものですが、こうした手作り感あふれるスペシャルなお雛様も素敵ですよね。

「そんなに器用じゃないから…」と尻込みされる方におすすめしたいのが、子どもが親しみやすい折り紙です。気持ちを込めてカジュアルなお祝いを演出するのも、お仕着せではなくよい思い出となりそうです。

ご参考までに折り紙の簡単な作り方をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

地域ごとに異なる風習はあるの?

5位にランクインしているつるし雛ですが、発祥したとされるのは、静岡県伊豆稲取温泉なのだそう。それゆえ、東海地方を中心に今でもお祝い飾りとしてつるし雛が定番という地域もあります。

こうした地域特有の違いでよく耳にするのが、関東と関西の違い。向かって左側にお内裏様(お殿様)が座る「関東雛」。そして、右側にお内裏様が座るのが「京雛」。

目が大きく、ふっくらとした顔立ちが「関東雛」で、口元にはかすかに笑みもたたえています。一方、京都の雅やかな御公家文化を今に受け継ぐ「京雛」はなるほど高貴な顔が特徴。鼻筋が通っていて、切れ長の目をしているのです。

気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

いつ買うのがベストなのでしょう

購入月,初節句,女の子,

気の早いご親族は、女の子が誕生したら早々と用意しよう!と身内で盛り上がりするなんでこともありそうですね。では、世間一般ではどのタイミングでお祝いをする方が多いのでしょうか。

この質問に対しては39%の方がひな祭りの前月、2月にもっとも多く購入、次いでお正月のお年玉が期待できる1月に購入される方が上位を占める結果となりました。

興味深いのはひな祭りの次の月から12月までほとんど購入された方がいない!という事実です。まさに季節商品というところでしょうか。

節句のお祝い飾りは誰が買う?

誰が買う,初節句,女の子,

雛人形などを購入した人についての問いかけは、実に64%が母方の祖父母が購入したという結果になりました。

これは一般的に言われている「母方の祖父母が贈るもの」が実際にそうであることを証明していると言えそうです。ママパパ自ら購入したのは6%に過ぎず、初節句をいかにママパパの親世代がサポートしているかが浮き彫りになりました。

入手方法を教えてください

入手方法,初節句,女の子,

30%の方が「人形専門店で購入」、これに次ぐ「もらった」の中でもやはり専門店で買われた方が相当数いると推察され、これらを合わせるとどこかで買うかと考えたときに思い浮かぶ最初の選択肢が人形専門店と言えそうですね。

お祝い膳で人気のメニューは

お祝い膳は用意しましたか?

お祝い膳の有無,初節句,女の子,

こちらの質問には64%がお祝い膳を用意したと回答。用意した方が多いわけですが、用意しなかった方も4割近くいらっしゃるので、各家庭の状況に応じて考えられてみてはいかはでしょうか。

「初めて雛人形を出した時まだ1歳になってませんでしたが、すごい喜んでくれました!写真を取るのもすごい笑顔で応えてくれて、泣いたらどうしようとか心配していましたが、ホッと安心です。お祝い膳とか、特に特別なことはしませんでしがいい初節句を迎えられました」

ちらし寿司、はまぐりのお吸い物が大定番。いちごのスイーツも健闘!

メニュー,初節句,女の子,

お祝いに欠かせないお食事についてのアンケート。ひな祭りに特有のものではありませんが、一般にお祝いの席に相応しいとされるちらし寿司が41%で第1位となりました。

長寿の象徴と言われるエビ、穴が開いて“見通しがきく”レンコンなど縁起が良いとされる食材が用いられています。

第2位ははまぐりのお吸い物で、やはり縁起を担いでいるのがポイントです。

所説ありますが一つは二枚貝が昔から「お姫様」を意味していて、特にまぐりはその2枚がぴったりと合うことから夫婦仲を象徴し縁起が良いとされてきた説。もう一つは3月3日に潮干狩りなどを楽しむという九州、沖縄地方の風習があり、そこから蛤を食べるようになったという説。

これらの2大メニューに加え煮物と和食が続いた後、洋菓子であるいちごのスイーツがご登場。紅白やピンクといった色合いが、桃の節句らしく堂々の上位ランクインとなりました。

以下、茶椀蒸しやさくら餅と続いています。

もちろん「初節句のお料理」にこだわらなくてもよいのです。お子さんが好きな料理をふるまう方だっていますし、「何か豪華なお料理を用意しなくちゃ」と気をもむぐらいなら、普段通りの日常食でもじゅうぶん。

「初節句は両家の祖父母と一緒にお祝いしました。 朝は神社にお参りにお昼は私が作った御祝い膳を夜はみんなで主役本人の好きな食べ物を食べに外食をしました。そのあとは好きなものを買いにいったり。私が嫁いだのは兵庫県、地元は長崎県なのでなかなか会えない実親にたくさん御祝いしてもらいうれしかったです。」

中にはお祝い食のモチーフを引用し、中身はいつものお食事という方も。

「娘は八月生まれだったため、初節句の頃は生後半年を迎え、離乳食も始まっていたので、娘には菱餅型の離乳食を準備しました。両家の祖母が三月生まれなこともあって、初節句のお祝いと誕生日のお祝いをみんなでできたのは良い思い出になりました」

いつもとは違う何かを準備したいけれど、自らお料理ができない(したくない)のであれば外食という手段もありますよ。

「男の子で3月生まれなので 翌年に初節句をしました。 鯉のぼりなどは親から買ってもらい、初節句は親戚も集めて店を予約し、初節句祝いのコースで料理を食べました。 家でするより お金はかかりましたが、特に用意もすることなく楽でした」

ぜひお子さんとご家族らしいお祝いの食卓を囲んでみてくださいね。

やっぱり気になる!予算感。みなさんはどのぐらいお金をかけてるの?

お祝い飾りにかける金額は

金額,初節句,女の子,

最後に、各家庭のお財布事情もチェックしてみることにいたしましょう。

お祝い飾りにかける金額が5~10万円が2位以下に差をつける形で首位に。同率2位が10~15万円が14%、15~20万円でも10%と続き、ほぼ半数が5~20万円を占めています。

なかなかの高額商品ではありますが、先述の通り祖父母が購入してくれるとあっては当のママパパは大助かりですね。

つくづく、子どもは一族みんなにかわいがってもらえる存在であることを再確認できました。

まとめ

我が子の成長を願うお祝いを一足お先に済ませている、先輩ママパパ達の声はいかがでしたでしょうか。お人形遊びと言えば女の子ですし、日本らしい美意識を育むきっかけとしてひな祭りは今も昔も人々がずっと守り続けている伝統です。

そろそろ雛祭の準備を考えているというみなさん、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※アンケート実施期間:2017年11月7日~21日
有効回答数:594
質問方法:Webアンケート

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。