ステップ1:ママパパと先生の挨拶を見る

挨拶は自然にするものだと子どもに見せる

挨拶をする保育士と保護者,しつけ,

小さな子どもにとって、挨拶はこれから学んで習得していくマナーです。その最初のステップとして大切なことはというと…「挨拶を教えること」ではなく「挨拶が当たり前なものであると見せてあげる」ことなのです。

なので挨拶の最初のステップの始まりは、生まれてすぐから始まっていると言っても過言ではないように思います。

小さい頃からママやパパが誰かに会う度に「おはようございます」、「こんにちは」と言いながら、頭を下げている。この一連の流れを日頃から見せてあげましょう。すると子ども達はママパパを真似て頭を下げてみたり、声を出したりするかもしれません。

挨拶を見せて興味を持ってもらう、それが始めの一歩となるのです。

ステップ2:保育園で挨拶をする

保育園での挨拶はいつ、どんな時にしている?

話を聞く幼児,しつけ,

保育園では挨拶を日頃からたくさん行います。場合によっては個々にするものもありますし、クラスの皆で一緒にすることもあります。

下記に保育園での挨拶の一例を載せますが、たくさんの場面でしっかりと挨拶ができる様に日頃から促しています。

その時に、大きな挨拶をしている子がいれば「〇〇ちゃん大きな声でご挨拶できたね!みんなもできるかな?」などと、褒めることでクラスの皆も大きな声ができるよう声をかけたりします。

また、元気な挨拶が苦手な子であれば、手をもってあげて目を見ながら挨拶をしていきます。これは挨拶に慣れるためにも大事な行動なのです。

保育園での挨拶(一例)

・登園の挨拶
・朝の会の「おはようございます」
・給食やおやつの「いただきます」、「ごちそうさまでした」
・お昼寝の時の「おやすみなさい」
・帰りの会の「さようなら」
・降園の挨拶
・お散歩の時に地域の方に「こんにちは」

ステップ3:挨拶ができたら褒める

褒められると、子どもはその行動を繰り返す

子どもを褒めるママ,しつけ,

ステップ1、2では「見本を見せる」、「一緒にする」ということをお話いたしました。それでは、挨拶を習慣づけるために何をすればよいのでしょうか?

それは、挨拶ができた時には「しっかりと褒める」ことです。褒められることで子どもはその行動を繰り返して行おうと思います。

そうした経験を積み重ねることで、自然とした生活の中でご家庭でも無理なく「挨拶の習慣化」ができるようになりますよ。

まとめ

人間関係やコミュニケーションをする中でとても大切な入り口とも言える挨拶ですが、しつけの一環として厳しく教えるものではありません。

なぜなら当たり前の生活の中で、周りの大人がしっかりと挨拶を交わし手本となることで、子どもは自然に興味を持ち、褒めてあげることで習慣とすることができるからです。

大きな声が苦手な子でも、あいさつをする気持ちがあるのならどんどん褒めてあげましょう。褒められた喜びや、自信を持つことで大きな声は自然と出るようになりますよ。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。