ブルーベリー狩り

小さな子どもでも摘みやすい

ブルーベリー摘み,夢ハーベスト農場,出典:yume-harvest.com

夢ハーベスト農場では、ブルーベリー狩りができます。ブルーベリーは果実が1センチ前後の大きさで、木も数十センチほどの高さですから、小さい子でも簡単に実を摘むことができます。甘酸っぱい味で大好きな子どもも多いフルーツです。

食べ放題ではありませんが、味見をしながらパックに山盛りに摘み取って持ち帰ることができます。甘い実のついた枝木を子どもとあれこれ言いながら選ぶのも楽しいですね。

ブルーベリー摘みの時期は7月中旬~8月中旬頃です。品種や天候によっても前後するので、事前に問い合わせて行くと良いでしょう。

また、ブルーベリーは病害虫に強いため、無農薬で栽培する農家が多く、夢ハーベスト農場もその一つです。夢ハーベスト農場で作られているブルーベリーアロニアジャムは、添加物も一切使っておらず、小さな子どもも安心して食べられるのでお土産にもぴったりですよ。

ラベンダーとローズガーデン

たくさんの花が咲き乱れます

ラベンダー畑,夢ハーベスト農場,出典:yume-harvest.com

夢ハーベスト農場には、1万株14種のラベンダーだけでなく、350種類ものオールドローズやハーブが植えられ、訪れる人を楽しませています。

ラベンダーは6月中旬から8月上旬がシーズンで、シーズン中に入園すると30本のラベンダー摘み体験が無料でき、そのまま持ち帰ることができます。

6月上旬から7月上旬にかけて見頃を迎えるオールドローズは、バラの中でも香り高い種類が多く、花もこぼれるように咲くので見応えもありますよ。

ハーブはレモングラスやカモミール・ローズヒップなどが植えられていて、その姿を楽しめるだけでなくエッセンシャルオイルやハーブティーなどに加工されたものを購入もできます。

また、夢ハーベスト農場には大きな蒸留釜が設置されていて、ラベンダーの蒸留水が作られています。蒸留水はそのまま香りを楽しんだり、化粧水やリネンウォーターとして使うこともできます。オンラインショップでも取り扱っているので、ぜひご覧になってみてください。

この記事に関連するリンクはこちら

夢ハーベスト農場のカフェ

手づくりのログハウスでゆったりとした時間を

公式ブログ 紅茶,夢ハーベスト農場,出典:yume-harvest.com

夢ハーベスト農場には、「喫茶ラ・テール」があります。地元産の唐松を使い、手づくりで建てられたログハウスの店内では、農園で採れたハーブやラベンダーを使ったメニューが味わえます。

オリジナルハーブティーやラベンダーソフト、ラベンダーパフェが人気で、季節限定や数量限定メニューなどもあります。

ブルーベリー摘みを体験した子どもには、ブルーベリーのひと口パイもおすすめですよ。またこのカフェでは、農場ならではのリースや豊富なドライフラワー、ハーブグッズなども売られているので、お土産に、記念に、ぜひお好みのものを探してみてはいかがでしょうか。

夢・ハーベスト農場の住所、アクセス等の基本情報

【住所】
長野県小諸市八満2154

【アクセス】
しなの鉄道線 平原駅から3970m
しなの鉄道線 御代田駅から4240m
JR小海線 乙女駅から4270m

【営業時間】
10:00~17:00
(11月上旬から4月下旬まで冬期休園)

【定休日】
木曜日、6~8月は無休

【入園料】
大人(19歳以上) 500円~800円
中人(13歳以上18歳以下) 300円~400円
小人12歳以下 無料

【お問い合わせ】
0267-25-9255

【赤ちゃんデータ】
レストラン施設 ◯
売店 ◯

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

普段の生活の中で、ハーブやラベンダーなどにふれる機会はあまりないと思います。夢ハーベスト農場でなら、実際に食べたり飲んだりもできますので、お子さまの食育にもおすすめです。

日常に追われて忙しいママ・パパも、心地よい香りに癒されながら、素敵な時間を過ごせるのではないでしょうか。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。