五目いなりの行楽弁当の材料(12個分)

五目いなりの行楽弁当の材料(12個分),レシピ,いなり,弁当

※クリックすると拡大します。
【いなり寿司の皮】
・油揚げ6枚 ・[A]出汁300ml ・[A]砂糖大さじ3 ・[A]みりん大さじ3 ・[A]醤油大さじ3
【五目煮】
・ひじき(乾燥)20g ・にんじん1/3本 ・れんこん100g ・ごぼう1/3本 ・[B]出汁300ml ・[B]砂糖大さじ2 ・[B]みりん大さじ2 [B]醤油大さじ2 ・ごま油適量
【すし飯】
・炊きたてのごはん2合分 ・[C]酢大さじ4 ・[C]砂糖大さじ2 ・[C]塩小さじ2/3
【トッピング】
・桜でんぶ適量 ・絹さや6個 ・海苔適量
【カレー味のからあげ】
・鶏もも肉300g ・[D]醤油大さじ2 ・[D]酒小さじ2 ・[D]にんにく(すりおろし)小さじ1 ・[D]カレー粉大さじ1/2 ・片栗粉大さじ3程度 ・揚げ油適量
【その他のおかず】
・ブロッコリー(小房に分けたもの)4個 ・ミニトマト4個

【五目いなり】の作り方

1、いなりずしの皮の下準備

いなりずしの皮の下準備,レシピ,いなり,弁当

油あげを1枚ずつまな板に置いて菜箸をあてて前後に転がす。長さを半分に切って手で丁寧に開き、熱湯をまわしかけて油抜きをする。

【アドバイス】
手のひらで菜箸(さいばし)をごろごろ転がすと開きやすくなるよ。油あげは、やぶかないようにゆっくりていねいに開こう!

2、いなり寿司の皮を煮る

いなり寿司の皮を煮る,レシピ,いなり,弁当

鍋にいなりずしの皮、Aを入れて落とし蓋をし、中火で汁気がなくなるまで煮る。汁気をきって粗熱をとる。

【アドバイス】
落としぶたがなかったら、オーブンシートをしいて上からお皿を置いてもいいよ。取り出すときはお皿があつくなるので注意しよう。

3、五目煮を煮る

五目煮を煮る,レシピ,いなり,弁当

ひじきは水洗いして10分ほど水で戻し、水気を切る。にんじんは皮をむいてせん切りにする。れんこんは皮をむいて4等分にして薄切り、ごぼうはタワシで皮をこそげてささがきにし、それぞれ水にさらした後、水気を切る。

ごま油を熱したフライパンに順に加えて炒めていき、しんなりしてきたらBを加えて中火で汁気がなくなるまで煮る。

【アドバイス】
つめやすいように具は小さめに切ろう。


4、ごはんとすし酢・具を合わせて酢めしを作る

ごはんとすし酢・具を合わせて酢めしを作る,レシピ,いなり,弁当

耐熱容器にCを入れてラップをせずに電子レンジ600Wで40秒ほど加熱する。炊きたてのごはんにまわし入れ、しゃもじで切るように混ぜる。

煮上がった五目煮を適量加えて混ぜ、ざっと12等分にする。

【アドバイス】
合わせ酢(ず)を加えたら切るようにまぜ、ごはんつぶがツヤっとすればOK!

5、いなりずしの皮に酢めしをつめる

いなりずしの皮に酢めしをつめる,レシピ,いなり,弁当

指先を水でぬらしてごはんを軽く握り、いなりずしの皮に詰める。

飾りいなりは端の余分なところを軽く折りかえしてとじめを上にし、ごはんが見えるように置く。桜でんぶ、塩ゆでしてせん切りにした絹さやを飾る。

ネコちゃんおいなりさんは袋をとじて、とじめを下にして角を出して耳を作る。海苔で目、口を作り、貼りつける。

【アドバイス】
目や口は小さなハサミで切ろう。海苔(のり)カッターを使うとかんたん! 100円ショップなどでもいろいろな表情(ひょうじょう)の海苔(のり)カッター・海苔(のり)パンチが売られれているよ。

【おかず】の作り方

鶏肉に下味をつけ、油であげる

鶏肉に下味をつけ、油であげる,レシピ,いなり,弁当

鶏肉は厚みを均一にひらいて大きめのひと口大に切り、厚手のビニール袋に入れてDを加えてもみこみ、10分ほど置く。

片栗粉を少しずつ入れてもみ、手でさわったときにどろっとしない程度になったら手で軽く握って丸めながら、180℃の油でこんがりと揚げる。

バットにあげて油を切る。塩ゆでしたブロッコリー、ミニトマトとともに詰める。

【アドバイス】
菜箸(さいばし)を入れて、たくさんの小さな泡(あわ)がいきおいよくあがればOK! ハネないように注意して静かに入れよう。

まとめ

五目いなりの行楽弁当のレシピをご紹介させていただきました。

【ひとことメモ】
中身は五目煮を混ぜ込まずにシンプルなすし飯でもよいですし、すし飯にきざんだたくあんやカリカリ梅や、炒り卵などを混ぜ込んでもおいしいです。五目煮はたっぷりできる分量でご紹介していますが、常備菜におすすめです。食べ飽きたらコロッケなどにしても! もちろん冷凍も可能です。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。