現在東京都現代美術館で開催されている「きかんしゃトーマスとなかまたち展」は子どもが好きなトーマスを美術館で見ることができます。

美術館は子どもにはちょっと敷居が高い…と思っているママも多いと思いますが、この展覧会はただ絵を見るだけではなく、トーマスに乗れたり、写真が撮れたり、塗り絵などの遊びが出来たりと子どもが飽きずに楽しめる工夫がたくさんありますよ。

親子で楽しめる展覧会「きかんしゃトーマスとなかまたち展」

原画を見ながらトーマスのおはなしを楽しめる

親子で美術館を見る,子ども,きかんしゃ,トーマス 出典:PIXTA*写真はイメージです

入ってすぐ見ることができるのが原画展。原作者・牧師のウィルバート・オードリーの「汽車のえほん」3組4人の画家の絵本原画や挿画を展示しています。

絵の横にストーリーのあらすじも書いてありますので、子どもが絵を見ている時に親がストーリーを読み聞かせてあげれば、子どもも静かに1つ1つの絵を見ることができます。

絵を見た後はトーマスに乗れる!

きかんしゃトーマスとなかまたち展トーマス,子ども,きかんしゃ,トーマス

原画展を見終わって順路を進んでいくと、参加体験型の展示がある広いスペースに出ることができます。

こちらの展示の目玉は乗ることができるトーマス!絵本やアニメで見ていたトーマスに乗れるので、子どもが大興奮すること間違いなしです。

また、同じ会場にはトーマスの仲間たちと一緒に写真を撮ることができたり、トーマスの中に入ることができたり、プラレールの展示があったりと、トーマス好きの子どもにはたまらない参加型展示がもりだくさんです。

小さな子どもがくつろげるスペース

お絵かきをする子ども,子ども,きかんしゃ,トーマス 出典:PIXTA*写真はイメージです

順路を進んで行って最後にあるのが大きなスクリーンがあるスペースです。

大きなスクリーンには、トーマスに関する映像が流れています。

また、こちらのスペースにはフロアマットが敷かれており、テーブルとクッションもあってくつろげるスペースとなっています。

それぞれのテーブルには絵本や塗り絵(塗り絵は毎日先着とのことで、なくなることがあるそうです)が置いてあり、美術館にいるということを忘れてしまいそうな、家にいるかのようなくつろげるスペースとなっています。

住所や電話番号など詳細はこちら

まとめ

まだ美術館デビューしていない子どもでも、大好きなトーマスを見れるのであれば楽しく鑑賞することができます。

美術館なので天候にも左右されず楽しむことができるのでおすすめです。

美術館の隣には木場公園もありますので、美術館と一緒に公園で遊ぶことができるので1日中楽しむことができるスポットですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード