【1】準備が大事!!

可愛い歯ブラシホルダーを用意!

ブラシホルダー,アメリカ,歯ブラシ,子ども

子どもって、ちょっとしたことでも喜こんでくれますよね。それなら、歯ブラシでも子どもの喜ぶ「ちょっとしたこと」を取り入れてみては?

こどものが好きなキャラクターなどのついた歯ブラシホルダーはおすすめです。購入してもよいですし、規制の歯ブラシホルダーにお気に入りのステッカーをはるのもいいですね。

これを用意することにより、歯ブラシする場所に行くことへの抵抗感が減るかもしれません。

【2】お気に入りの歯ブラシを!

子ども自身に選ばせてみよう

お気に入りの歯ブラシ,アメリカ,歯ブラシ,子ども出典:www.parapharmadirect.com

歯ブラシホルダーを用意したら、今度は子どもが歯ブラシに対して積極的になるよう、子ども自身にお気に入りの歯ブラシを選ばせてみてみましょう。

お気に入りのキャラクターがプリントされてような歯ブラシをはじめ、動物の形をしていたり、ライトがつくようなタイプもあります。

自分が選んだ歯ブラシを使えるという嬉しさで、歯ブラシはイヤイヤやるものという考えから、歯ブラシは楽しいもの!と変換することが期待できます。

【3】歯ブラシしてる時間を測ろう!

目で見てわかりやすいものを

砂時計,アメリカ,歯ブラシ,子ども出典:uk.pinterest.com

歯ブラシって、子どもに任せておくと、あまりに簡単に済ませたりしませんか?(笑)

そんな時は砂時計を使って歯ブラシする時間の長さを決めておくのがおすすめです。目で見てわかりやすいので、「やった」「やらない」になりにくです。

本物の砂時計を用意できないときは、キッチンタイマーやスマホのアプリでも代用できます。

【4】ポスターで「歯ブラシ習慣」

お部屋のインテリアにもあわせて

目にみえるリマインダー,アメリカ,歯ブラシ,子ども出典:www.etsy.com

子どものためにも、親のためにも、ポスター(目にとまりやすいリマインダー)を壁にはりましょう!

お家のインテリアとテイストをあわせて、自身の自分で手作りしてもいいかもしれませんね。

毎回「歯ブラシしなさい!」と言っていては、親も子どももイヤになっちゃうかもしれませんね。

「ここに何て書いてあるかな~?」と指さして子どもに言わせたり、無言で指さして行動をそくしたりできます。

【5】定番のご褒美シールも活用

達成感を楽しもう!

アメリカ版ご褒美シール,アメリカ,歯ブラシ,子ども出典:www.etsy.com

日本ではトイレトレーニングや朝のラジオ体操などでつかわれるご褒美シール。アメリカにも”charts and rewards”という名前であります。

もしシール好きな子どもなら是非つかってみることをおすすめします。

事前にご褒美を話しあって決めておくことで、子ども自身がすすんで歯ブラシが出来るようになるといいですよね。

(ご参考)コズレ会員「乳児用歯ブラシ」ランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が利用した乳児用歯ブラシの評価を月齢別に集計。その結果をもとにしたランキングや診断をご覧いただけます。歯ブラシ習慣を身に付けるには、赤ちゃんの時期の歯ブラシ選びも大事なので参考にしてください。

(ご参考)Amazon・楽天の「乳児用歯ブラシ」売れ筋人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の「乳児用歯ブラシ」売れ筋人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一度、虫歯になってしまうと、親も子どもも大変です。未然に虫歯を予防するため、どうせなら楽しく歯ブラシタイムが過ごせるようなるといいですよね。

もしまだ今回ご紹介した方法を試していないようなら、ぜひ挑戦してみてください。


※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード