小学校受験の問題に挑戦!
メリーランド教育研究所による解説と、取り組み方のアドバイスをお届けします。

今回は「観覧車」に関する問題です。この問題では、観覧車が回ったあとのそれぞれの位置を推理する力が必要になります。
どれだけ回転しても順番が入れ替わることはない、ということを理解し、位置関係をきちんと捉えることが重要となる課題です。

それでは、問題を見てみましょう!

問題1

やってみよう!

観覧車の問題1,小学校受験,観覧車,推理 出典:メリーランド教育研究所

子供への発問はこちら
「左の観覧車が矢印の方向に回りました。右の観覧車の場所にブタさんがとまったとき、他の動物たちはどこにとまるでしょう。四角の中の印を、右の観覧車のそれぞれの動物のいる場所にかきましょう」

※小学校受験では、幼児は文章を読めない前提で行われるため、ほとんどの発問が口頭で行われます。この通りに読み上げて発問しましょう。

正解はこちらです

観覧車の解答1,小学校受験,観覧車,推理 出典:メリーランド教育研究所

いかがでしたか?
正しく回答できましたか?

この問題は、以前に出題した「系列」の問題と似ているところがあるということに、気付いたでしょうか。
難しかったという方、子どもへの説明方法が分からない!という方のために、次は考え方のコツをご説明しましょう。

考え方のコツ

観覧車の解説1,小学校受験,観覧車,推理 出典:メリーランド教育研究所

右の観覧車には、ブタの位置だけが記されていますね。
これがヒントになって、その他の動物の場所を推理していくことになります。
子どもには、このように説明してあげましょう。

1.左の観覧車にも、右の観覧車にもいる動物はどれかな?ブタだよね。
2.左の観覧車のブタに左手の人差指を、右の観覧車のブタに右手の人差指を置きましょう。
3.左と右の人差指を、矢印の方に向かって、一つずつ動かしましょう。これを「時計まわり」というので、覚えておいてね。
4.ブタの次は誰、その次は誰、という風に、一つずつ答えを書いていきましょう。

問題2

難易度があがります

観覧車の問題2,小学校受験,観覧車,推理 出典:メリーランド教育研究所

問題が少し変わります。難しくなりますので、ゆっくり読み上ることを心がけましょう。

発問はこちら
「観覧車が矢印の方向に回ります。パンダさんが一番下まで動いたとき、今ブタさんがいる場所に来る動物はどれでしょう。右の四角の中から選んで○をつけましょう」

正解はこちら

観覧車の解答2,小学校受験,観覧車,推理 出典:メリーランド教育研究所

今回は少し難しかったでしょうか。
一気に答えを出そうとするのはちょっと厳しいかもしれませんね。
手順を3段階に分け、順番に考えてみましょう。

1.「パンダさんが一番下に来る」ということは、「矢印の方向に4つ進む」ということです。
 まずはここを把握できるようにしましょう。

2.「パンダさんが一番下まで動いたとき、今ブタさんがいる場所に来る動物」とは、
「4つ進んだらブタさんの場所に来る動物」ということがわかりますね。

3.つまり、「ブタさんの4つ前の動物」が正解だと導けます。

このように1→2、2→3と段階的に順序立てて考えるのは、論理的な思考そのものですよね。

「観覧車」の問題の場合、「並び順」と「回転」の両方を気にしなければいけません。複雑そうに感じた時こそ、シンプルに順序良く考えていくことが大事ですね。

子供の理解を深める方法

具体物を使ってみよう

観覧車解説,小学校受験,観覧車,推理 出典:メリーランド教育研究所

「折り紙図形」の記事でも紹介したように、具体物の使用は理解を容易にしてくれます。

今回用意するものは、厚紙と押しピン。
上のような観覧車の絵を書き、コルクボードに押しピンで真ん中を留めます。
それを、実際にクルクルと回してみましょう。頭の中だけでなく、目の前で見て感じることで、回転する物への理解はグンと深まります。

もちろん、本物の観覧車を見たり乗ったりすることも良い経験になるでしょう。決して追い越したりせず、順番は常に一定ということが実感として身に付くはずです。

まとめ

いかがでしたか?このような思考力を問う問題は、仕組みを把握することができれば、あとはスムーズに解いていけることが多いもの。苦手意識を持ってしまう前に簡単な問題を解かせる、具体物を使ってクルクルと遊ぶ、など工夫しながら理解を深めていきましょう。

この記事に関連するリンクはこちら



    メリーランドが保育園をつくりました。
    こどもと幼児園のバナー


    メッセージはFacebookページまで!
    メリーランドのFBページ


    メリーランド教育研究所のWebサイト
    メリーランド教育研究所のバナー

この記事に関連するリンクはこちら

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード