小学校受験問題に挑戦!
メリーランド教育研究所による解説と、取り組み方のアドバイスをお届けします。

今回は「重さ比べ」に関する問題です。この問題では、論理的に物事をとらえる思考力が問われます。天秤(シーソー)から読み取れる情報を1つずつ理解すること。そして、複数の情報を統合、整理することで答えに辿り着けます。

それでは、問題を見てみましょう!

問題1

易しい問題です

小学校受験の重さくらべ問題1,小学校受験,定番,問題

子どもへの発問はこちら。
「野菜の重さ比べをしました。一番重い野菜はどれでしょう。下の□の中から選び、○をつけましょう」

※小学校受験では、幼児は文章を読めない前提で行われるため、ほとんどの発問が口頭で行われます。この通りに読み上げて発問しましょう。

正解はこちらです

小学校受験の重さくらべ問題1解答,小学校受験,定番,問題

最初から全ての野菜を気にすると、頭が混乱してしまいます。まずは一つのものに注目して考えてみましょう。

【考え方1】
まずは、①で下がっているナスに注目してみましょう。
・①では「ナスはトマトよりも重い」
・③では「ナスはタマネギよりも重い」
つまり、「ナスは他のどの野菜よりも重い」ということがわかります。

【考え方2】
今度はタマネギに注目した場合を考えてみましょう。
・②では「タマネギはトマトよりも重い」
・③では「(トマトよりも重い)タマネギよりも、ナスの方が重い」
これで、「トマト<タマネギ<ナス」という順で重くなることがわかりますね。

【考え方3】
では、トマトではどうでしょうか。
・①では「トマトはナスよりも軽い」
・②では「トマトはタマネギよりも軽い」
これでは、「トマトが1番軽い」ことはわかっても、タマネギとナスのどちらがより重いかはわかりません。③も見てみる必要がありますね。
・③では「ナスはタマネギより重い」
ここで、ナスが1番重いことがわかります。

どの野菜に注目しても答えには辿り着けましたが、「重いものをさがす」問題では、天秤が下がっているものに注目すると答えを見つけやすいでしょう。

問題2

難易度があがります

小学校受験の重さくらべ問題2,小学校受験,定番,問題

子どもへの発問は先ほどと同じです。
「野菜の重さ比べをしました。一番重い野菜はどれでしょう。下の□の中から選び、○をつけましょう」

野菜が一つ増えていますね。さぁ、解けるでしょうか。

正解はこちら

小学校受験の重さくらべ問題2解答,小学校受験,定番,問題

考え方は先ほどと同じです。数が増えても、順序良く考えていけば答えに辿り着けます。少しずつ、頭の中での順位付けに慣れていきましょう。

ここで気をつけなければならないのが、「直感的に重そうなもの」が正解とは限らないということです。今回はいかにも重たそうな「カボチャ」は正解ではありませんでした。
同様に、「ゾウより重いネズミ」や「クジラより重いメダカ」なんていう問題が出されることもあります。
イメージにとらわれず、与えられた情報から答を導きましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回の問題は「重さ比べ」でしたが、他にも「早さ比べ」や「ジャンケンの勝ち負け」など、出題頻度の高い「比較」の問題でした。それらは基本的には同じ問題なのに、比べ方が「天秤(シーソー)」ではなくなると、とたんに解けなくなってしまう子どもは少なくありません。

これは、「重さ比べ」の解き方をテクニックとして覚えてしまっているから。本当に大事なことは、実物を手にしている感覚で考えられるかどうかです。ペーパー上の問題を解くヒントは、日常の生活や遊びの中にあります。

スーパーの野菜を手に取り、「この中で一番重いのはどれ?」と質問するなど、具体的な経験を通じて理解を深められるよう、心がけて接してみてください。

この記事に関連するリンクはこちら



    メリーランドが保育園をつくりました。
    こどもと幼児園のバナー


    メッセージはFacebookページまで!
    メリーランドのFBページ


    メリーランド教育研究所のWebサイト
    メリーランド教育研究所のバナー

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード