ロタリックスとロタテックの違い

ロタリックス,

ロタウイルスをご存知ですか?ロタウイルスは冬場に乳幼児、学童が罹る胃腸炎で最も多い原因の1つです。

ロタウイルスのワクチンとして、ロタリックスとロタテックが知られています。ロタリックスとロタテックのどちらを接種したらいいかわからないという方も多いと思います。

365日年中無休で診療をする小児科クリニック「キャップスクリニック」では、小児科受診前に保護者の皆さんに知ってほしい病気と健康の知識として、以下のように説明をしています。

ロタウイルスとは?接種を推奨するワクチンは?

・ロタウイルスは冬場に乳幼児、学童が罹る胃腸炎で最も多い原因の1つです。特に生後6か月〜2歳までに多く、胃腸炎症状が重症化しやすいウイルスです。

・2歳未満のこどもがロタウイルス腸炎に罹ると10人に1人は入院が必要であり、重症化しやすいため、ワクチンの接種をお勧めします。

・当院では、免疫のつきやすさや接種回数などを考慮して、ロタリックスを推奨しています。

・ロタウイルスワクチンには接種可能な月齢の期限があります。ご注意ください。

ロタリックスを推奨する具体的な理由は?

最終的な効果に関しては大きな違いはありませんのでロタリックスとロタテックのどちらを接種してもかまいませんが、下記の理由により当院はロタリックスを推奨しています。

・ ロタリックスはヒトロタウイルスのため免疫がつきやすい

・ ロタリックスは交差免疫で、G1P(ロタウイルスの種類)以外のロタウイルスにも効果がある

・ロタワクチンを接種する時期は、接種すべき他のワクチンが多く存在し、回数が増えると来院回数も増えてしまう

・ 接種回数(ロタリックス2回、ロタテック3回)が多いとワクチンスケジュールが立てづらい、など

,

※365日年中無休で開院する小児科「キャップスクリニック」提供

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。