なんだか秋と言えば季節も涼しくなり親御さんも快適に過ごせますよね。爽やかな気候の中で、なんだかお子様と秋の歌を歌いたくなってきませんか?
 
季節を感じる秋の童謡を特集します。童謡からお子様との仲も深まるので、是非一緒に覚えて歌って下さいね。
 
今回は秋の歌のなかで、子どもに薦めたい童謡4つをご紹介します。
 
秋の歌におすすめな童謡を歌う親子のイメージ画像*写真はイメージです
 
 

【1】里の秋



出典:http://www.youtube.com/embed/e2vkuDPLqYo
 
 
里の秋は川田正子さんの歌で、1番ではふるさとの秋を母親と過ごす様子、2番では夜空の下で遠くにいる父親を思う様子、3番では父親の無事の帰りを願う母子の思いを表していると言われています。お母さんの優しい声で歌うのが理想ですよ。
 
 

【2】赤とんぼ



出典:http://www.youtube.com/embed/lLoSvWK9aJ8
 
 
誰もが知っている赤とんぼの歌。秋になると「とんぼ」が出てくるのを実感することが出来ますよ。一度覚えるとなんだか毎日歌いたくなってしまうメロディーは夕暮れ時に赤とんぼを見て、懐かしい故郷を思い出す意味が込められていますよ。
 
 

【3】小さい秋みつけた



出典:http://www.youtube.com/embed/FwCGwrqtBAU
 
 
サトウハチロー氏の作の童謡です。パパママの教科書に載っていたのを思い出しませんか?教科書に載るぐらいの特別な歌なのに最近あまり歌われなくなってきました。是非思い出しましょうね。お子さんにも歌いやすいリズムが特徴です。
 
 

【4】虫のこえ



出典:http://www.youtube.com/embed/Rkypq9weaKw
 
 
お子様の大好きなメロディですよ。虫さんたちの鳴き声を楽しいリズムに乗って覚えることが出来ますよ。ちんちろちんちろちんちろりんなど子供が歌いやすい繰り返しですので、是非幼児期から一緒に歌っちゃいましょうね!
 
 

まとめ


いかがでしたか?
 
童謡や童話はお子様に様々なメッセージを与えてくれます。おでかけするのも楽しいですが、大半は自宅で過ごす幼少の過ごし方。是非少しでもお子さんに外の世界の楽しさを歌を通して教えてあげて下さいね。
・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。