台風が過ぎるといよいよ夏真っ盛りになりますよね。前回の都内じゃぶじゃぶ池のご紹介の第2弾をお送りしたいと思います。実は東京都内だけでも大小含め30カ所以上の公園にじゃぶじゃぶ池があり、夏場に開放されています。そのほとんどが無料で利用できるので、この夏に子どもと一緒におでかけしてみないてはないと思います!
 

【1】江戸川総合レクリエーション公園|江戸川区


長さ50mの水のトンネルは都内でも指折りのスケール!


東京メトロ東西線の西葛西駅にほど近い公園は駅前から旧江戸川までおよそ全長3キロに渡って様々な公園施設が立ち並ぶ総合公園です。じゃぶじゃぶ池があるのは園内でも西葛西駅よりの虹の広場内にあります。特長はなんといっても全長50mの水のトンネルです!
 
水がたくさん放出されるとまさに滝のようで、暑い日にはおもいっきり楽しめます。また、水質は水道水を使用しているので心配なさそうです!2014年の開放は、7月1日(火)から8月31日(日)までの2ヶ月間となっています。
 
 

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


江戸川総合レクリエーション公園|江戸川区


 
 

【2】清水坂公園|北区


自然溢れるわき水を使ったじゃぶじゃぶ池!


JR埼京線の十条駅と赤羽駅の間にある公園は区内を南北に走る武蔵野台地の崖地を利用した立体的な造りになっています。20,000平方メートルの広大な敷地に山間の渓流を再現した全長150m、高低差10mの人工の沢があります。沢には毎分およそ5トンもの水が放出され、豊富な水量で夏場の子ども達がおもいっきり水遊びが楽しめるようになっています。
 
水はわき水を使用しているのですが、滅菌処理を施してから放出しているので安心ですよね。2014年は7月20日(日)までの土日と、20日以降から9月23日(火)までは毎日開放しているとのことです。また、第2・4水曜日は清掃のため開放していない点に注意が必要です。
 
 

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


清水坂公園|北区


 
 

【3】豊洲公園|江東区


ららぽーとの隣にあるじゃぶじゃぶ池!


豊洲公園はららぽーと豊洲に隣接し、充実した遊具が設置されている一角にじゃぶじゃぶ池があります。池自体はご紹介する中で比較的コンパクトな部類に入りますが、小さいお子さんが遊ぶ分にはちょうどいいかもしれません。何より隣に商業施設があるので、おでかけの前後に利用するのもおすすめです!
 
豊洲公園のじゃぶじゃぶ池は2014年7月1日(火)から9月7日(日)まで約1ヶ月開放されます。毎週月曜日には清掃のためじゃぶじゃぶ池が利用できないのと台風など天気が悪い日にも水遊びできない点に注意が必要です。
 
 

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


豊洲公園|江東区


 
 

【4】天王公園|荒川区


大滝やせせらぎが気持ちいいじゃぶじゃぶ池!


JR常磐線と東京メトロ日比谷線の南千住駅からほど近い公園は荒川区屈指の広さがり、園内を大滝やせせらぎが流れる夏場に人気のスポットです。池の水深は浅いので小さなお子さんも安心して水遊びができます!
 
天王公園のじゃぶじゃぶ池は2014年7月19日(土)から9月7日(日)まで開放されています。8月7日(木)は清掃のため休みです。施設の利用時間は10:00〜16:00になっている点に注意が必要です。
 
 

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


天王公園|荒川区


 
 

【5】教育の森公園|文京区


都心にありながら、緑ゆたかなじゃぶじゃぶ池!


東京メトロ丸の内線茗荷谷駅からほど近い公園は旧東京教育大学(現筑波大学)の跡地を利用して造られました。都心にありながら、緑ゆたかな園内には水遊びができる大きなじゃぶじゃぶ池があり、夏場大勢の子ども達で賑わっています。
 
教育の森公園のじゃぶじゃぶ池は2014年7月11日(金)から9月10日(水)まで開放されます。毎週木曜日が池の清掃のためお休みなのと、利用時間が9:30から16:00までとなっている点に注意が必要です。
 
 

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


教育の森公園|文京区


 
 

【6】月島第二児童公園|中央区


駅直結!?の便利なじゃぶじゃぶ池!


都営地下鉄大江戸線勝どき駅すぐにある公園はコンパクトながら子どもが遊ぶのに必要な遊具は揃っています。もちろん、園内にはじゃぶじゃぶ池があり、夏場は子ども達にとって人気の水遊び場のひとつになっています。
 
月島第二児童公園のじゃぶじゃぶ池は2014年7月4日(金)から9月7日(日)まで開放されています。毎週火曜日は池の清掃のため午後がお休みとなっています。
 
 

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


月島第二児童公園|中央区


 
 

まとめ


前回に引き続き、東京都内のじゃぶじゃぶ池のある公園を6つご紹介しました。今回、ご紹介した公園についても無料で水遊びができるので、この夏に利用価値は高いと思います。利用の際の注意点としては、おむつを装着しているお子さんは利用ができない場合があります。水遊び用のおむつを装着している場合に限り、じゃぶじゃぶ池に入れるといった公園もあるので、事前に確認をおすすめします。
 
もうすぐお子さんも夏休みに入り、暑い夏に水遊びをしたいなと思いついたら子どもを連れておでかけしてみてはどうですか。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】江戸川総合レクリエーション公園|江戸川区


 

【2】清水坂公園|北区


 

【3】豊洲公園|江東区


 

【4】天王公園|荒川区


 

【5】教育の森公園|文京区


 

【6】月島第二児童公園|中央区

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。