Q1. 子どもは親と同室で寝ている?それとも別室で寝ている?

コズレ会員の中でも、6歳以上のお子さんをお持ちの20名のママパパに、子どもと寝ているのは同室か別室かを聞いてみましたよ。

A1. 「同室」と答えたのが80%!

グラフ1,子ども,ひとり寝,

みなさんに「子どもと寝ているのは同室か別室か」を聞いたところ、

・1位:「同室」(80%)
・2位:「別室」(20%)

という結果になりました。(n=20)

子どものひとり寝に関する口コミ

「同室で布団は別ですが、私の寝るベッドの横にマットレスを置いて寝ています。何度か自分の部屋で寝かせたのですが、なかなか寝付けず泣いていたので同室にしました。同室にしたとたんに隣で寝てることが分かるのか『おやすみなさい』といって、すぐ寝付くようになりました。」(6歳以上の女の子をお持ちのママパパ)

「幼稚園に入園した時から子供部屋を作り1人で寝かせています。寝る際、ベッドまで一緒に行き布団に入るのを見届けてから親は部屋を出る形にしました。最初は寂しがったり、怖がったりしましたが、一緒に寝てくれるお友達といって当時好きだったキャラクターのぬいぐるみをプレゼントしたら喜んで寝る様になりました。」(6歳男の子をお持ちのママパパ)

編集部のコメント

先輩ママパパの口コミによると、同室で寝ているご家庭では布団を別にしてひとり寝させている、別室で寝ている場合には子どもが怖がらないような工夫をするなど、お子さんが安心して眠れるよう配慮しているママパパが多いようですね。

Q2. お子さんはベッドで寝ていますか?

お子さんを寝かせるのはベッドか布団、どちらが良いか悩みますよね。続いて、子どもは「ベッドで寝ているか」かどうかを聞いてみました。さらに、ベッドで寝るときのメリット・デメリット、布団で寝るときのメリット・デメリットについても答えてもらいましたよ。

A2. 「ベッドで寝ていない」が50%!

グラフ2,子ども,ひとり寝,

みなさんに「子どもはベッドで寝ているか」を聞いたところ、

・1位:「ベッドで寝ていない」(50%)
・2位:「ベッドで寝ている」(40%)

という結果になりました。(n=20)

ベッド/布団で寝るときのメリット・デメリット

「メリットは床上げをしなくて良いところです。デメリットはお漏らしをした時、マットレスまでは洗えないので不衛生であることです。3ヶ月くらいまでは寝相が悪く、下に落ちることがあったので、下に何かを敷いたりの対策が必要であったことです。」(6歳以上の男の子をお持ちのママパパ)

「子どもと布団で寝ています。メリットは子どもの寝相が悪いのでベッドだと子どもが落ちる心配があるが、布団だと心配ない。あと1番は、布団を畳めば部屋を広く使える。デメリットは布団を畳む手間がある。起き上がるのが面倒。」(6歳以上の女の子をお持ちのママパパ)

編集部からのコメント

寝る時はベッドで寝ていないお子さんの方がやや多い、ということが分かりました。

ベッドは布団を畳む必要がないがマットレスは洗えないこと、布団は畳まなければいけないが部屋を広く使えるところがメリット・デメリットのようですね。

まとめ

子どものひとり寝についてご紹介しました。

ひとりで寝るかどうかはお子さんの気持ちに任せているご家庭が多いようです。親と同室であっても工夫次第で「おやすみなさい」と言ってひとりで眠れることもあるよう。子どもが安心して眠れる工夫をしてあげることが大切ですね。

また、ベッドで寝かせるかどうかは、生活のしやすさやお部屋の広さなどで決めても良さそうですね。

これから「ひとり寝をさせるか」「ベッドはどうするか」と考えているママパパは、ぜひ参考にしてくださいね。

【調査概要】
期間:2020年3月9日~2020年3月12日
有効回答者数:411名
質問方法:Webアンケート

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード