気になる調査のポイントは?

●取り組んでいる習い事1位は前回に引き続き「水泳」
●初めて習い事に取り組んだ年齢では「0歳」が大幅に増加
●1ヶ月の習い事費用は、過半数が1万円以下
●約6割のママパパが習い事で「やり抜く力・強い心」を伸ばしてほしいと思っている

どんな習い事に取り組んでいますか?

取り組んでいる習い事1位は、ダントツ「水泳」

習い事の調査,子ども,習い事,アンケート

前回調査に引き続き、習い事1位は「水泳」(40%)でした。2位も「体操・バレエ・ダンス」(25%)と、体を動かす習い事に人気が集まっています。

人気が高いと思われた「英語」(3%)は順位が下がる変化が見られました。

初めて習い事に取り組んだのは何歳からですか?

初めて習い事に取り組んだ年齢は、0歳が大幅に増加

習い事に初めて取り組んだ年齢調査,子ども,習い事,アンケート

初めて習い事に取り組んだ年齢の1位は「0歳」(35%)でした。

前回調査で1位だった4歳の割合(前回約42%)が大きく減少する一方、0歳の割合(前回約22%)が大幅に増加し、習い事は早期化傾向にあると言えます。

どれくらい習い事にお金をかけていますか?

1ヶ月の習い事総費用は、昨年から大きな変化が見られず

1ヶ月の習い事総費用,子ども,習い事,アンケート

1ヶ月の習い事総費用の質問項目では、前回調査から大きな変化が見られず、過半数が1万円以下と回答しています。

将来、どんな習い事に取り組ませたいですか?

将来取り組ませたい習い事1位は「英語」

将来取り組ませたい習い事調査,子ども,習い事,アンケート

2位の「水泳」(55%)と僅差で、1位は「英語」(56%)でした。

語学力や運動の基礎能力、集中力などの将来的に幅広く役立ちそうな能力が身に着きやすい習い事が上位を占めています。

文部科学省が公表した新学習指導要領で、小学校でのプログラミング教育が必修化されたことから、「プログラミング」(5%)といった専門スキルの習い事にも注目が集まり始めているようです。

習い事を通してどんな素養を伸ばしてほしいですか?

伸ばしたい素養1位は「やりぬく力・強い心」

伸ばしたい素養,子ども,習い事,アンケート

伸ばして欲しい素養1位は「やりぬくちから・強い心を育んで欲しい」で58%でした。

集中力や運動の基礎能力など、継続的な取り組みによって培われる素養を伸ばして欲しいと願うパパママが多いようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子どもにはさまざまな分野の習い事に触れさせてあげたいと思うのが親心だと思います。習い事を通して、子どもが楽しみながら何かを身に着けて、豊かな生活を送るための糧にしてほしいですよね。
今回のアンケートが皆様のお役に立てれば幸いです。

※アンケート実施期間:2017年10月18日~27日
有効回答数:1,222
質問方法:Webアンケート

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。