電気火災はここに注意!

電気ストーブ火災

ストーブ火災,火災,電気,

電気ストーブを点けたまま就寝すると、寝返りの際に掛布団が電気ストーブのガードに接触し、時間の経過とともに過熱され出火することがあります。

<注意点>
◆寝るとき、その場を離れる時はスイッチを切る習慣をつけましょう。
◆電気ストーブの近くに燃えやすい物を置かないようにしましょう。

差込みプラグ火災

プラグ火災,火災,電気,

 コンセントに差込みプラグを差し込んだままにしていると、プラグに埃や湿気が溜まり、微小なスパークを繰り返し出火することがあります。

<注意点>
◆差込みプラグは、使用時以外はコンセントから抜きましょう。
◆長時間差したままのプラグ等は、定期的に点検し乾いた布等で清掃しましょう。発熱等の異常がある場合は交換をしてください。
◆コード部分ではなくプラグ本体を持って抜くようにしましょう。

コード火災

焦げたコード,火災,電気,

コードを足で踏むような場所での使用やタンス・ソファなどの重量物でコードを踏みつけたままでの使用は、コード内部が損傷し出火することがあります。

<注意点>
◆コードが、家具などの下敷きや押しつけ等で傷ついたりしないように注意しましょう。
◆コードを束ねたり、ねじれたままの状態で使用したりしないようにしましょう。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。