福祉大国スウェーデンにとってのイクメンとは?

パパの育児参加は当たり前のこと

スウェーデンの国旗,イクメン,パパ,

北欧にある国スウェーデンは「福祉大国」そして「男女平等」の国家であることで知られています。男女が平等であると評価される理由として、女性労働者の割合が高いことと、男性の育児参加が当たり前の様に行われていることがあげられます。

あるスウェーデン人の父親はテレビの取材の中で「(日本の)イクメンなどという考え方はおかしい。育児は夫婦が共にするものだ」という内容の回答をしていました。

日本の育児観とは根本的に異なり、男性だって育児に参加していこう、男性も育児に参加して当たり前だと国民が考えているのです。

その背景には勿論、子育て支援が充実していることや、女性の社会進出が当たり前の様にできることなど、日本の現状との違いがあるわけです。

日本の現状の子育て環境では難しい部分が多々あるのは承知していますが、筆者の「イクメン講座」を読んでくれたイクメンになろうとしているパパにはぜひ「育児の参加は当たり前だ」という感覚を持って欲しいなと思います。

パパの育児参加を促すパパ・ママ育休プラス

スウェーデンやノルウェーではパパの育児参加を促す為のユニークな制度があり、日本での導入も推進されているようです。それが「パパ・クオータ制度」です!

パパ・クオータ制度では、育児休暇に当てることができる日数の内の何割かについては父親が取るようにする制度のことで、その間にも有給休暇として当てることができる期間が設けられています。

日本でいきなりこうした制度を導入するのは難しいので、「パパ・ママ育休プラス」という、原則の育児休暇1年間は変えずに、父親と母親が同時に育児休暇を使う場合に2ヶ月休暇を伸ばすことができる制度が設けられました。

また「パパ休暇」と呼ばれる、生後8週までに父親が育児休暇を取ることで、再び1歳になるまでの間に育児休暇を取ることができるという制度もあります。

ぜひこうした制度が幅広く普及して、イクメン達がどんどん制度を活用できる社会になっていって欲しいと思います。

この記事に関連するリンクはこちら

本当のイクメンは気配り上手?

ママの状況に合わせて育児参加を!

パパママの子育てイメージ,イクメン,パパ,

真のイクメンとは、ママの状況や状態に合わせて育児に参加をすることができるパパです。福祉大国では夫婦での子育てが当たり前なので、少しイクメンのあり方というものにも違いが現れてきます。

日本はまだ女性の社会進出が困難を伴う現状が残ってしまっていますし、これまで通り主にママが子どもを見るという状況は続くでしょう。そうした社会背景を考えてみた時に、日本で求められるイクメンとはなんなのだろうか?という疑問に至るわけです。

そこで筆者が考えたのは、ママが育児の助けが必要と感じる時に、サポートがしっかりとできるパパこそが今の日本におけるイクメンなのではないかという結論に至りました。

ママの育児を尊重しながら、パパの育児観も合わせた子育てを目指す。その中でママが主体で子どもをみるのも良いですし、パパが主体となることもあるかもしれません。また、時期によって役割が替わるのも素敵な方法だと思います。

保育体験に参加しよう

1日保育でプロの関わりから学んでみましょう

男性保育士,イクメン,パパ,

保育園などの保育施設では「1日保育体験」というものを行っている施設があります。特定の期間に募集する施設もありますし、保護者の要望があればいつでも受け入れる施設もあります。

1日保育では、保育士など子育ての専門家の子どもとの関わり方を間近で見ることができます。また、家庭と保育園での子どもの様子の違いに気付かされることもあるでしょうし、多人数の子どもを少数の大人が安全に見守るシステムに感心することもあるかもしれませんね。

保育補助という形で入ることになりますが、一緒に子どもと遊び、保育士の行う設定保育を体験することができます。食事やトイレ、午睡やおやつそれぞれの場面に合わせた工夫や知恵を学ぶことで、家庭での子育てのコツを学ぶこともできます。

とはいえ、家庭と保育園では環境が違います。体験に参加し保育園で学んだことが正解とは限りませんし、お子さんの個性に合うかどうかも分かりません。あくまでも参考にしていただければ良いと思いますが、貴重な体験になることは間違いがないと思います。

イクメンとして、もう一歩前に進みたいと思ったら、近くの保育園などで体験することが可能かを確認して、参加してみてくださいね。

まとめ

イクメンパパ講座の上級編では、育児の知識や考え方を知った上で、世界との比較や日本ならではのイクメンとしてのあり方について考えてみました。

保育体験などは勇気もいりますし、ハードルが高いかもしれませんが、参加したことによって育児観に変化が現れるかもしれませんし、ママと子育てについて改めて考えるきっかけになるかもしれません。

最後に、RyU先生の支援のモットーである「子育てって楽しい」、「子どもって本当にかわいい」という気持ちを感じながら育児をすることを忘れないで欲しいと思います。

知識や経験があるに越したことはありませんが、我が子がかわいいと感じ、お子さんとの関わりが楽しいと思えていればそれだけで幸福な子育てであることは間違いないと思っています。時に悩み、たくさん学びながらも、肩肘ははらずに子育てを楽しみましょう!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。