チャイルドシートの法律上の使用義務について

義務年齢はいつからいつまで?

笑顔の赤ちゃんとママ,チャイルドシート,義務,

車に乗る赤ちゃんや子どもを交通事故の被害から守るために、道路交通法上チャイルドシートの使用が義務付けられています。対象は、乳幼児から6歳未満の子どもです。

新生児も抱っこではダメ?

新生児,チャイルドシート,義務,

チャイルドシートの使用が法律上義務付けられている乳幼児の中には、新生児も含まれます。

そのため、新生児であってもマイカー等自家用自動車を利用して病院から退院する場合には、チャイルドシートを使わなければなりません。赤ちゃん用のチャイルドシートを使って、大切な命を守りましょう。

義務の免除規定はあるの?

ミニチュアのタクシー,チャイルドシート,義務,

法律上、チャイルドシートの使用義務が免除される場合もあります。免除されるのは、以下のような場合です。

●座席の構造上、チャイルドシートを固定することができないとき

●定員内で子どもがたくさん乗るときに、チャイルドシートを人数分設置すると全員が乗れなくなってしまうとき

●子どもが怪我や病気等でチャイルドシートをつけることができないとき

●子どもの身体がチャイルドシートに合わないとき(著しく太っている場合など)

●6歳未満でも身体が大きくてシートベルトを安全に使用できるとき

●授乳やおむつの交換のとき

●バス・タクシー等に乗るとき

●怪我をした子どもを病院に連れていくときや、迷子の子どもを保護して警察署まで送るとき

(※参考:神奈川県警察HP)

違反した場合、減点される点数は?罰金もある?

チャイルドシートの使用義務に違反した場合、点数が1点減点されます。反則金や罰金等はありません。

身長が140cmに達するまで使いましょう

身長を測る女の子,チャイルドシート,義務,

チャイルドシートの使用が法律で義務付けられているのは、6歳未満の子どもです。しかし、車のシートベルトが安全に着用できるのは、身長が140cmに達してからです。

子どもの年齢が6歳を過ぎても、身長が140cmに達するまでの間はチャイルドシートを使用して、子どもの安全を守るようにしましょう。

チャイルドシートを正しく取り付けるために

チャイルドシートを安全に使うためには、チャイルドシートをどの座席位置に取り付けるのがいいのでしょうか?

チャイルドシートは、取り付けできる車や座席位置が定められています

積み木の車,チャイルドシート,義務,

チャイルドシートは安全上、取り付けできる車・座席位置・座席条件が定められています。 アップリカについては、下記のリンクから取付適性を簡単に確認することができます。 ぜひ確認して、正しくお使いくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

おすすめは、取付可能車種の条件を満たした2列目後部座席の左側

OKサインをする女性,チャイルドシート,義務,

安全のためにアップリカがおすすめする装着座席位置は、取付可能車種の条件を満たした2列目後部座席の左側です。

その理由として、
①日本の場合、左側走行なので歩道サイドの座席の方が安全に赤ちゃんを乗せ降ろしできる
②駐停車中、運転席斜め後ろ座席の方が赤ちゃんの様子を確認しやすい(※右ハンドル車両に限る)
などがあります。

アップリカでは、フロントエアバックが装着された助手席への取り付けを禁止

助手席でチャイルドシートを使用しているケースを見かけますが、アップリカではフロントエアバックが装着された助手席への取り付けを禁止しています。

安全のために2列目以降の後部座席でのご使用をおすすめしています。ママ・パパの安全運転とともに、正しくご使用くださいね。

チャイルドシートを安全に取り付けるISOFIX(アイソフィックス)固定タイプとは?

チャイルドシートの取り付け方式は2種類

ひとくちにチャイルドシートといっても、その取り付け方には2種類があります。シートベルト固定タイプとISOFIX固定タイプです。

シートベルト固定タイプ

フラディア グロウ シートベルト固定形式,チャイルドシート,義務,出典:www.aprica.jp

ひとつ目は、シートベルト固定タイプです。多くの車種にも対応しているのが利点ですが、装着方法がやや難しく時間がかかるのが難点です。

ISOFIX固定タイプ

ISOFIX形式チャイルドシート,チャイルドシート,義務,出典:www.aprica.jp

もうひとつはISOFIX(アイソフィックス)固定タイプです。車に装備されているISOFIXバーとコネクターで固定します。シートベルトを使わずに、チャイルドシートを確実・カンタンに取り付けることができます(※1)。

JAF・警察の調査によれば、チャイルドシート使用者の半分以上(※2)が誤ったつけ方をしており、中でも最も多いミスが、シートベルト固定タイプでシートベルトの締め付けが緩い、というものです。ISOFIX固定タイプであればこのような締め付けの緩さは起こらず、安心です。

※1 2012年7月以降発売の新車にはISOFIX取付金具の装備が義務化されています。必ず取り付け可能車種を確認してください。
※2 「2015年チャイルドシート使用状況全国調査」JAF・警察庁調べ(n=130)

この記事に関連するリンクはこちら

赤ちゃんとのドライブを楽しむために

ママ・パパが赤ちゃんとのドライブを楽しむポイントを5つにまとめてみました!

【1】1時間を目安に休憩を取りましょう

屋外を散歩するママと赤ちゃん,チャイルドシート,義務,

1時間を目安に休憩を取り、赤ちゃんを1度シートから降ろしてあげてください。長時間、同じ姿勢のままだと大人も疲れてしまいますよね。特にチャイルドシートの中の赤ちゃんは体を自由に動かすことができないので、気分転換をさせてあげてくださいね。

【2】 授乳後すぐのドライブは避けましょう

ミルクを飲む赤ちゃん,チャイルドシート,義務,

授乳後すぐのドライブは避けてあげてください。大人も食後すぐのドライブは、気分が悪くなってしまうこともありますよね。 目安として約30分程度休ませてあげてからおでかけください。

【3】車内で楽しむ工夫をしましょう

車内で楽しむ,チャイルドシート,義務,

長時間、同じ姿勢のままだと大人も疲れてしまいますよね。 おすわりできるようになったら、赤ちゃんは自分で遊んだり、楽しみを見つけたりするようになります。

ドライブが楽しめるよう、大好きなおもちゃや車内でしか遊べないおもちゃなどで、赤ちゃんのドライブへの関心を高めるのも1つの方法です。

また、景色を楽しめるようになったら、いっぱい話しかけて一緒に楽しめるようにしてあげてください。

【4】暑さ、汗かき対策も大切なポイント

アップリカオプション,チャイルドシート,義務,出典:www.aprica.jp

暑さ、汗かき対策も大切です。赤ちゃんはとても汗っかきです。 汗腺の数は大人とほぼ変わらないのに、体が小さく、汗腺の密度が高くなるため、とても暑がりなのです。 赤ちゃんがグズっているときは、暑すぎないかもチェックしてあげてくださいね。

また汗はそのまま放っておくと、カビや臭いの原因になります。けれど、シートカバーを洗って装着脱するのは、大変ですよね。

アップリカでは便利な汗とりマットをご用意しています! 色柄も豊富で、衝突試験でチャイルドシートの性能に影響を及ぼさない事を確認できているので安心です。

ベビーカーなど他の育児用品にも対応している優れものなんですよ。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【5】パパやママも心にゆとりをもちましょう

笑顔の親子,チャイルドシート,義務,

安全なドライブのために、パパやママも心にゆとりをもちましょう。赤ちゃんは結構パパやママの気持ちを読み取っています。パパやママがイライラしていると泣いてしまうなど、悪循環なことしかありません。

時間がなくても、急がば回れ!です。急いでいるときこそ、冷静に対応したいですね。

まとめ

チャイルドシートの正しい取り付け・使用方法を守って、赤ちゃんや子どもと一緒に安全で快適なドライブを楽しんでくださいね。

アップリカのチャイルドシートをプレゼント!

新製品『フラディア グロウ ISOFIX』を3名様に

フラディア グロウ,チャイルドシート,義務,

アップリカの人気製品、平らなベッド型チャイルドシート『フラディア グロウ』からISOFIX固定タイプがついに登場!!

『フラディア グロウ』は、「平らに寝る」→「ゆったり座る」→「しっかり座る」の3ステップに変形可能!生まれてすぐの赤ちゃんから4歳頃まで長く使える、子どもにも、ママ・パパにも嬉しいチャイルドシートなんです。

今回は、そんな『フラディア グロウ ISOFIX』を3名様にプレゼント!ぜひ、ご応募ください!

賞品:『フラディア グロウ ISOFIX』
当選者数:3名様
応募期限:2017年1月4日中
※抽選にあたって簡単なアンケートに回答していただきます。
※アンケート内の質問「当選後に使用写真を送っていただくことはできますか」で「はい」を選んだ方を当選の条件としております。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

この記事はプレママスクエアからの提供コンテンツです