乳歯の抜ける時期

永久歯への生え変わりは個人差が大きいです

歯医者にいる男の子,乳歯,保存,ケース

一般的に5~6歳以上になると、子どもの歯は乳歯から永久歯に生え変わると言われています。乳歯が抜ける時期や、生え変わる時期は個人差があります。

子どもの歯の成長具合によって、乳歯が抜けるのが早い子と遅い子がいます。そもそも、乳歯が生える時期も子どもによって違うのですから、抜ける時期も違うのは自然なことです。

周りと比較して、乳歯が抜ける時期が早すぎる・遅すぎるとあまり神経質にならなくてもよいと思いますよ。

歯が抜ける時は、特に虫歯や口内トラブルが起きやすいと言われています。この時期は、歯医者さんに定期健診に行かれることをおすすめします。

また、乳歯が抜けそうで抜けず宙ぶらりんな場合も、無理やりに抜かず、一度歯医者さんに診ていただくと安心ですよ。

下の前歯から抜けることが多い

乳歯の中でも一番早めに抜けるのは、下の前歯です。中切歯(ちゅうせっし)と呼ばれています。

早いと幼稚園・保育園時代に抜ける子もいます。中切歯が抜けると、第1大臼歯が生えます。第1大臼歯というと、聞き慣れないかもしれません。別名、6歳臼歯(6さいきゅうし)とも呼ばれる奥歯です。

第1大臼歯が生えてくる頃は、子どものあごの発達も進んでいきます。その後、第2乳臼歯が生えます。

さらに、第1乳臼歯と第2乳臼歯のさらに奥に3本の大臼歯が生えます。中切歯の隣の乳側切歯(にゅうそくせっし)もグラグラしてきます。

小学生になると、毎年少しずつ乳歯が抜けるようになってきます。小学校6年間で乳歯から永久歯へ完全移行が終わると言われています。

乳歯が抜けるしくみ

1. 乳歯の根っこである歯根(しこん)の吸収が始まります。乳歯が抜ける前の準備段階と言える時期です。だいたい4歳頃です。

2. 歯が下から徐々に乳歯を押し上げてきます。

3. 永久歯の頭が乳歯の歯根(乳歯の根っこ)に到達し、歯根を吸収してしまいます。

4. 根っこを失った乳歯はバランスを崩し、グラグラして、やがて抜け落ちます。

乳歯がグラグラした時の注意点

食事面などでサポートしてあげましょう

家族の食事風景,乳歯,保存,ケース

子どもは乳歯が抜ける時、特に抜けるかどうか微妙なグラグラしている時期は、気になって仕方がない状態になります。

歯に触れることを極端に嫌がったり、食事中も硬いものが噛めずイライラしてしまうこともよくあります。

お子さんによっては、自分で無理やり抜こうと試みる場合もあるかもしれません。自己判断での抜歯は、やめましょう。その場合は、歯医者さんで診ていただき、抜歯の判断を仰ぎましょう。

歯のグラグラが気になってしまう子どもに対して、食事面などでママ・パパはサポートしてあげましょう。

具体的には、お肉を細かく切ってあげたり、野菜を茹でて噛みやすい柔らかさにしたり小さめに切ったりなどです。細かく切る時には、キッチンばさみを使うと簡単ですよ。

麺類やおじや、よく煮込んだ野菜スープなど、歯に力を入れなくても食べられるメニューを考えてみてはいかがでしょうか。

乳歯がグラグラしている部分に、食べ物が詰まってしまう場合もあるでしょう。歯間ブラシやつまようじで優しく取ってあげます。

いつも通りに食べられなくて一番、困っているのは子どもです。自分でもどうすればいいのか分からない、もどかしさで一杯なんだと思います。

また、食事中に歯が抜けて一緒に飲み込んでしまう恐れがあるかもと、心配で食事が進まないかもしれません。

頭ごなしに子どもに注意せず、子どもが何に困っているのか、どんなことが不安なのか、注意深く観察し、子どもの言葉に耳を傾けてみましょう。

この時期だけは「よく噛んで食べるように」「早く、食べてね」と注意せず、おおらかな気持ちで見守ってあげましょう。

子どもとの向き合い方

乳歯がグラグラしているのを気にする子どもや、いつも以上に食事に時間がかかることに対して、ママ・パパも敏感に反応してしまうこともあるかもしれません。

「痛くもないのに騒いで大げさだな」と思ったり、「そんなの大丈夫よ。たいしたことないから」と言ったりせずに、子どもの気持ちに寄り添ってあげる言葉をかけるように心がけましょう。

「そうなの。ごはんが思うように食べられなくて、嫌なんだね」
「歯がグラグラしていて、つい気になって触っちゃうんだね」
「早く歯が抜けて、スッキリしたいんだね」

と、子どもの気持ちをママ・パパが代弁してあげるだけで、子どもは「自分の気持ちを分かってくれた」と安心すると思いますよ。

抜けた歯の保存方法は?

屋根の上に投げる?枕の下に置く?

ベッドで眠る姉妹,乳歯,保存,ケース

日本では昔から上の歯は縁の下、下の歯は屋根の上に投げると丈夫な歯が生えてくると言い伝えがあります。

世界中でもいろんな言い伝えがあります。中国では上の歯はベッドやふとんの下、下の歯は屋根にのせると新しい歯が早く生えてくる。

イギリスでは、寝る前に枕の下に抜けた歯を置いておくと、夜中に歯の妖精(tooth fairyトゥース・フェアリー)がやってきて、抜けた歯とコイン(およそ1ポンド)と交換してくれるそうです。

一説には、虫歯の乳歯や、汚れている乳歯はコインと交換してもらえないそうです。そのため、子ども達は、乳歯のうちからきれいな歯をしておこうと頑張るそうですよ。

などなど、方法や言い伝えなど文化に違いがありますが、どの国でも子どもに丈夫な歯が生えてくることを願い、祈っているのですね。

思い出として乳歯ケースに入れて家庭で保管

最近の住宅事情では抜けた歯を投げるということはなかなか難しいですよね。そこで、乳歯ケースを購入して、抜けた乳歯を保存することが多くなっています。

写真をつけることができたり、歯が抜けた日付をいれることができたりとメモリアルグッズとしてお子さんに残してあげることができますよ。

再生医療に役立てることも

最近、乳歯と親知らずには歯の神経「歯髄細胞」が含まれており、再生医療に役立つという研究が進んでいます。

家族や自分のためにお金を払って歯を保存するか、研究のために無償で寄付する献歯もすることができます。献歯は提携の歯医者さんで抜歯することが必須となります。ご興味のある方はご近所の歯医者さんで献歯ができるか調べてみてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

歯の洗浄の方法

洗浄と消毒をしましょう

乳歯ケースと歯ブラシ,乳歯,保存,ケース

最近では日本でも歯を乳歯ケースに入れて、保存する方も増えてきましたね。抜けた乳歯を、そのまま乳歯ケースに入れることはやめましょう。

乳歯には抜けた時についた血や、タンパク質などの汚れが付着しています。乳歯ケースに入れて保存するには、歯の洗浄と消毒が必要です。

オキシドール、入れ物、歯ブラシなどを用意

抜けた歯を洗浄するのに必要なものは

・オキシドール
・コップなどの入れ物
・歯ブラシ
・つまようじ、歯間ブラシ
・コットン

ちなみに、オキシドールを入れるカップは、ペットボトルのふたを利用してもGOOD!! 乳歯1本入れるのにちょうど適したサイズですよ。その上、消毒後、手軽に捨てられるので便利ですよ。

洗浄の手順

1.オキシドールに抜けた歯を一晩浸け置きする
2.取り出した乳歯を歯ブラシで磨きながら流水で洗う
3.乳歯の根元に汚れが残っている場合は、つまようじや、歯間ブラシを使ってかきだす
4.コットンの上でしっかり乾燥させる

実に簡単ですね!ひと手間かけるだけで、乳歯をきれいな状態で保存できますね。

乳歯ケースの種類

素材やデザインは?

木箱イメージ,乳歯,保存,ケース

素材は主に桐箱、木材、プラスチック、陶器が多いです。デザインは長方形、正方形、口の形やお人形型などバリエーションが豊富です。

本のように開くアルバムタイプもありますよ。紙製が多いようです。ほかにも歯が抜けたところに入れるタイプやまとめていれるタイプもあります。

たくさんの種類が販売されているので、親子でお好みのものを選びましょう!

乳歯ケースの選び方

どのように歯を保存するかで選ぼう

ポタリーミニケース (ドール×乳歯ケース×ブルー) MIPODTBL,乳歯,保存,ケース出典:www.amazon.co.jp

全部の歯を保存するなら、ひと目でどの歯が抜けたか分かるようになっている物がいいですね。まとめて乳歯を保存する形でもかまわないようなら、大きめの容器に全部の乳歯を入れるタイプもあります。

子どもの乳歯は、一生ものの宝物。抜けた場所にそのまま保管する乳歯ケースなら、日付を書き記したり、子どもと「次はどこの歯が抜けるのかな?」なんて、順番を予想したりなど、楽しみ方もありますよ。

名入れサービスをしてくれるところもあります。子どもの写真を貼れたり、コメント欄がある場合も…。

乳歯ケースはメモリアルグッズの1つなので、ママ・パパがどんな形で乳歯を保管・保存したいかによって、選ぶケースの種類が変わってきます。

乳歯ケースに保管する際のワンポイントアドバイス

ひと工夫すれば、思い出も広がります

写真を見る女性,乳歯,保存,ケース

・コットンや綿を入れてから乳歯をその上に置きましょう。乳歯がより丁寧な印象になり、かわいらしく保存ができますよ。

・乳歯ケースの裏側などにお子さんに、名前をサインしてもらいましょう。お絵かきが好きな子なら絵も一緒に描いてもらいましょう。

・歯抜けのこどもの顔って、とってもチャーミングですよね。歯の生え変わりの時期ならではの子どもの表情を残しておきましょう。

顔のアップ写真や家族との写真も撮影しておくと良い記念になりそうですね。ちょっとしたひと工夫で、世界でたった1つの乳歯ケースになりますよ。

その年齢ならではの文字や、お絵かき、写真などは乳歯と共に家族の大切な思い出になることでしょう。ぜひ、お試しくださいね。

おすすめの乳歯ケースをご紹介します

【1】乳歯入れ ティース君|おもしろ名札工房

アクリル板に抜けた日にちをペンで書ける

乳歯入れ 乳歯ケース 《ティース君》 桐の乳歯ボックス (スマイルティース君),乳歯,保存,ケース出典:www.amazon.co.jp

丸みを帯びた歯の形の乳歯ケースです。歯が抜けた日付が記録できるアクリル板がついています。アクリル板は、磁石付きで中蓋として機能しています。

せっかく入れた歯が、ふとした時にこぼれ落ちてしまり、他の歯と混ざってしまうことも防げるので、大変便利です。

ケースに名前を入れることができます。ひらがな、カタカナ、ローマ字、漢字で表記OKです。素材は、高級天然桐です。

桐ケースはご存知の方も多いと思いますが軽く、虫がつきにくく長期保存に適している、燃えにくく吸水性が高いなどの特徴があり、品質管理に優れている素材です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥3,780
*メーカー:おもしろ名札工房
*カラー:名入れ有

商品の特徴
*■サイズ:110,×105×30ミリ■素材:桐,アクリル,磁石 脱脂綿 備考:研磨仕上げ(手仕上げ) 専用箱入り

口コミ

・比較的強力な磁石付きの中蓋もあるので、入れた乳歯がバラバラにならないので便利です。

・説明書がついているので、抜けた歯の保存の仕方も分かり助かりました。

・歯列が分かりやすく、抜けた日付を書き込める上、かわいいデザインが気に入っています。

【2】桐箱乳歯ケース|Solby

歯のイラストがキュート

ソルビー(Solby) 乳歯ケース たまて歯庫 (日付/名前記入用アクリル板付) 桐箱製 防虫効果 NZSB102001,乳歯,保存,ケース出典:www.amazon.co.jp

Solby(ソルビー) 桐箱乳歯ケース・たまて歯庫も、桐箱の乳歯ケースです。表情が豊かな歯のイラストがキュートですね。

大小の穴に、前歯と奥歯を分けて保管ができます。桐製なので、防虫効果や湿度を一定に保ってくれます。 透明プラスチックの内フタ付きなので、歯が抜けた日も記入OKです。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 2,160
*メーカー:Solby

商品の特徴
*【本体サイズ】W17.5×D2.0×H5.5 【製造国】日本国 【素材】桐材、ポリプロピレン

口コミ

・しまいやすく、場所を取らないので気にいっています。

・しっかりとした作りでかわいいので、大切にしたいと思います。

【3】乳歯ケースプレミアム|ビーグラッドストア

シンプルでかわいい木製乳歯ケース

乳歯ケースプレミアム【高級桐天然木使用】/抜けた年月日・お名前記入用アクリル板付 (王冠),乳歯,保存,ケース出典:www.amazon.co.jp

たまご型のまあるいフォルムでコロンとした印象がかわいらしい乳歯ケース。こちらも桐箱です。お名前と抜けた日付が書けるアクリル板がついています。

お姫さまと王子さまをイメージした王冠とティアラと、2つの箔押しのデザインがあります。男の子と、女の子でデザインを変えてもいいですね。

職人の手による磨き上げた桐の木の質感は、定評があります。なめらかでソフトな手触りですよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 3,880
*メーカー:ビーグラッド

商品の特徴
*用途:高級桐材を使用した楕円型のかわいい乳歯保存ケース。歯が抜けた年齢と日付、お名前が書ける透明アクリル板付のプレミアム仕様の新製品です。
*製造・素材:日本製/桐、アクリル板(乳歯飛出し保護・乳歯抜け日/お名前を記載)
*商品サイズ:幅9cm×縦11.5cm×高さ2.3cm
*重量:50g【セット内容/本体・アクリル板】

口コミ

・ぬくもりと、柔らかさを感じる桐の木は、感触もなめらか。たまご型の形もかわいらしいです。

・ティアラのワンポイントがキュートで、おしゃれなデザインの乳歯ケースです。

・透明アクリル板が蓋になり、歯が抜けた年齢と日付、子どもの名前が書けるのでとても便利です。

【4】KAOKU 乳歯ケース |Tevlaphee

ふたに写真が入れられる

KAOKU 乳歯ケース 乳歯入れ 赤ちゃん用 乳歯ボックス 記念 トゥースボックス 木製 写真入れ可能 名前と抜けた日シール付き(日本語表記) 乾燥用綿付き うぶ毛を入れるミニボトル付き 男の子 女の子 (木製),乳歯,保存,ケース出典:www.amazon.co.jp

高級けやき材の乳歯ケースです。大小の穴に、歯ごとにしまえ、日付も書くことができます。産毛を入れることのできるミニボトルと、乳歯の出し入れに便利なピンセット付きです。蝶番で開閉する宝箱のようなデザインで人気があります。

箱に写真を入れることができるので、最初の歯が抜けた日の記念に写真を撮って貼るとさらに、素敵な思い出になりますね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥1,599
*メーカー:Tevlaphee

口コミ

・脱脂綿やピンセットが付属されていたので、扱いやすかったです。

・歯が抜けた日付を入れることができるので、子どもの成長記録として役に立っています。

【5】乳歯ケースブック|ベビートゥースアルバム

三面見開きで見やすい絵本のような乳歯ケース

ベビートゥースアルバム Baby Tooth Album 「リニューアル版」 ストロベリーショートケーキ Strawberry Shortcake 乳歯ケース 乳歯入れ,乳歯,保存,ケース出典:www.amazon.co.jp

ベビートゥースアルバムは三面見開きの乳歯入れアルバム。紙製ですが、ふたはマグネット、内ふたはプラスチックでできています。

歯の他に写真も入れることができますよ。本のような形なので、一見乳歯ケースに見えないかもしれませんね。

本棚に立てかけてるなど、収納や保管場所もコンパクトに収まりますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥2,980
*メーカー:ベビートゥースアルバム
*カラー:ストロベリーショートケーキ

商品の特徴
*[販売元] アメリカ (日本国内にて全数検査済み) [本体サイズ] 縦17.2×横15.2×厚み2.4cm
*クリスマスプレゼントや誕生日プレゼント、入園祝い、卒園祝い、入学祝い等の贈り物やギフトにもどうぞ。

【6】プチたまて歯庫 だいじにねんね|Solby

桐製の乳歯ケース

Solby プチたまて歯庫/だいじにねんね/ブルー 【乳歯ケース】NZSB105001,乳歯,保存,ケース出典:www.amazon.co.jp

記念すべき1本目の抜けた乳歯をしまえるケースです。「だいじにねんね」という商品名が優しい響きですね。乳歯がずっとここでおやすみしているようです。

全部の歯をしまうこともできますので、抜けた日を別の紙に書いておいてもいいですね。色はピンクとブルーの2色。箱は桐箱です。

「よくぞ ぬけてくれました」というメッセージと歯のイラストが付いたキラキラのシールがセットされています。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 918
*メーカー:Solby
*カラー:ブルー

商品の特徴
*[本体サイズ] W4.5×D4.5×H4.5
*[製造国] 日本
*[素材] 桐材

口コミ

・手にちょうど乗る大きさです。乳歯も全部入りそうです。

・アパート住まいなので、上に投げたり下に埋めたりすることができず、こちらの乳歯ケースで抜けた歯を保管しています。

【7】乳歯のおうち|株式会社P&A

にっこりかわいいおかお

【木製】 乳歯のおうち イエロー,乳歯,保存,ケース出典:www.amazon.co.jp

木製のケースです。蓋が帽子の形になっています。色がイエローとオレンジの2色で、ゴムパッキンがついている蓋なので保存に適しています。

歯の大きさに個人差がありますが、およそ15~20本の乳歯が保存できます。ディスプレイして飾れそうですね。

乳歯ケース以外にも、ベビーリングケースやアクセサリーや小物を収納することもできるので、いろんな用途で使えますよ。

乳歯をはじめ、子どもの思い出の品や、小さな宝物などを入れて、いくつか並べてもGOOD!! デザインがかわいい上、コンパクトサイズのため、インテリア感覚で飾っておけますね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥630
*メーカー:株式会社P&A
*カラー:イエロー

商品の特徴
*【乳歯の収納本数】 乳歯の大きさには個人差がありますが、約15~20本の乳歯が収納できます
*【サイズ(縦×横×高さ)】 約3×3.5×4.5cm

口コミ

・前歯だけ、最初の数本を保存するにはちょうど良いサイズです。1本だけ歯を入れても、全部入れることもできます。

・お手頃価格で、作りも丁寧。かわいいデザインなので、飾っておいても違和感がなく見せる収納で置いておけます。

【8】キンダーシュピール 乳歯入れ|丸和貿易

種類が豊富

丸和貿易 乳歯ケース キンダーシュピール Boy グリーン,乳歯,保存,ケース出典:www.amazon.co.jp

ぷっくりとしたあたたかみのある木製のケースです。男の子と女の子、蓋部分の帽子の色が違います。それぞれあって3色ずつ、全部で6種類あります。

たくさん兄弟がいても、色別にすれば誰のケースか分かりやすいですね。好きな色を子どもに選んでもらっても記念になりそうですね。

その頃、好きだった色と、理由を別紙に書いて一緒に入れておくのはいかがですか?

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 518
*メーカー:丸和貿易
*カラー:グリーン

商品の特徴
*[本体サイズ] サイズ:約5.3×4.4×5cm
*[製造国] 中華人民共和国
*[素材] ウッド

口コミ

・蓋におさえがついていて、きちんと閉まります。デザインがかわいく、木のぬくもりがあります。

【9】乳歯のお部屋 2|野村歯研

インパクトあり!

はぐき型の乳歯ケース,乳歯,保存,ケース出典:amzn.to

まるで本物の口の中のような形をしたケースです。一瞬、入れ歯!?と思う方もいるかも…。プラスチック樹脂製で半透明。

抜けたところと同じ場所に歯を入れられます。どこの歯が抜けたのかがすぐ分かりますよ。 お色はピンク、ブルー、オレンジ、ブラック、ホワイトの全5色です。

木製の乳歯ケースもいいけれど、もう少しリーズナブルな価格でお探しの方、周りのお友達とは違った乳歯ケースがいい方には、特におすすめします。

プラスチックなので、シールでデコレーションしたり、子どもに自由にシールを貼ってもらったり。オリジナルの乳歯ケースを作ることもできるでしょう。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥1,080
*メーカー:野村歯研
*カラー:ピンク
*商品サイズ:5cm x 5cm x 3cm

商品の特徴
*[製造国] 日本
*[セット内容・付属品] ミニピンセット・なまえシール・日付けシール

口コミ

・リーズナブルな価格で、歯1本1本の仕切りがあり入れるのも簡単。プラスチック製のため軽くていいです。

・手のひらサイズでコンパクトです。プラスチック製なので、水に濡れたり洗面台に置いたりしても気になりません。

・産毛を記念に入れたることもでき、真ん中の空きスペースも収納として使えます。

【10】メモリアルボックス(乳歯ケース・へその緒ケースセット)|ビーグラッドストア

職人さんが丁寧に作っているので、出産祝いにもおすすめ!

メモリアルボックス(乳歯ケース・へその緒ケースセット)【高級桐天然木使用】,乳歯,保存,ケース出典:www.amazon.co.jp

こちらの大きなボックスには、へその緒ケースと乳歯ケースが入っていて、母子手帳をしまうこともできます。蓋の裏側には写真も入れることができ、とっておきたいものをこれひとつに入れることができますよ。

職人さんがひとつひとつ手作りで作った高級桐のボックスなので、出産祝いなどのプレゼントにしてもいいですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 8,640
*メーカー:ビーグラッドストア

商品の特徴
*サイズ:縦21.5×横23.5×厚さ4.5cm ※母子手帳サイズは縦20cm、横11cmの手帳であれば保存することが可能です。
*商品重量:350g
*生産国:日本製(高級天然桐使用)
*セット内容:桐箱(母子手帳入れ部分あり)・乳歯ケース・へその緒ケース

口コミ

・すべての箱が桐で作られていて、洗練された作りとなっています。横に母子手帳を入れることができたり、蓋に写真を入れられたりと使い勝手がよく、ずっと保存することができます。

・子どもの成長記録を集約することができるセットです。

【11】乳歯記録帳|MUDORA run party

記録だけ取りたい方に

「乳歯記録帳」 思い出 記録 日記 手帳 子ども ダイアリー 歯 紙 プレゼント ギフト 祝い,乳歯,保存,ケース出典:www.amazon.co.jp

乳歯ケースに収納するのは、面倒だな…でも、歯が抜けた頃の子どもの成長記録を残しておきたいとお考えの方もいると思います。

そんな方は、専用の記録紙、乳歯記録帳はいかがでしょうか。乳歯ケースと一緒に、歯の記録もきちんと残したいというママ・パパにもおすすめです。

上質紙なので軽く、母子手帳に一緒にはさんでおけるサイズですよ。初めて乳歯が抜ける時の子どもの様子や、気持ちなど忘れてしまいがちな成長のシーンを言葉で残してあげませんか?

「食事に1時間以上かかってがんばって完食!」
「抜けた歯をずっと、眺めていました」など。

きっと大きく成長した時に、当時の頃を懐かしく思い返すことでしょう。乳歯記録帳があれば家族の良い思い出として、ずっと残しておけますね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥324
*サイズ:10センチ×10センチ

乳歯ケースを手作りするママも!

100円ショップの箱と粘土で簡単乳歯ケースが作れる!

もくねんさん 300g 木粉粘土 ねん土,乳歯,保存,ケース出典:www.amazon.co.jp

歯が抜けてから乳歯ケースを通販で注文すると、到着までに時間がかかりますよね。そんな時には100均で売られている材料で簡単に乳歯ケースを作ることができます。

準備するものは箱と粘土だけ。普通の粘土でもよいですが、100均に売られている木の粉から作られている粘土を使うと、木のような見た目でかわいいケースができますよ。

箱に粘土を入れて平らにならします。あとは、上10、下10の合計20の穴をあけるだけ。前歯と奥歯は大きさが違いますので、どの歯を入れるのかを考えながら、穴の大きさを調整してください。

デコレーションしたい場合には、ビーズなどを使い、上からボンドで固めるようにしましょう。抜けた乳歯を洗浄している間に簡単に作ることができますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

歯が抜ける時期には個人差があります。ついつい周りの友達と我が子を比べてしまい、抜けるのが早いや遅いなど、一喜一憂してしまいますよね。

子どもも自分の友達や、周りの友達が抜け出すと、「次は自分の番なのでは!?」「いつ抜けるのかな」とドキドキするようです。

歯の生え変わりは、1回だけ。その1回をお子さんといっしょに楽しめる成長のライフイベントととらえれば、お子さんも歯が抜けることも怖くないかもしれませんよ。

大人の歯が生えてきたら、歯の健康や虫歯についてももう一度、子どもと勉強してもいいかもしれません。歯磨きに向かう姿勢が変わり、仕上げ磨きも協力的になってくれるといいですね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。