横浜醤油のおすすめ見学プランと見どころ

工場内での醤油の作り方の過程を見学できます

「横浜醤油」,工場見学,神奈川,出典:www.yokohama-syouyu.com

横浜醤油は住宅地の中にある工場です。小規模の生産ですが、職人の手作り作業の過程をじっくりと見学することができます。

別の場所にある工場でもろみを熟成させる作業を終えたものが、この工場に運ばれます。ここでは熟成させたもろみをさらに美味しくさせるため、もろみをしぼり、加熱作業を行っています。

どの作業もじっくりと時間をかけて行っているため、横浜醤油は他の醤油メーカーのものとは違い、色が濃く、味にコクがあります。醤油づくりしている様子を間近で見学することができますよ。

横浜醤油株式会社の住所、TEL等の基本情報

【住所】
神奈川県横浜市神奈川区松見町3-1-6

【アクセス】
東急東横線 妙蓮寺駅から910m
JR横浜線 大口駅から1040m
東急東横線 菊名駅から1480m

【営業時間】
9:00~17:00(工場見学は営業時間内:要予約)

【定休日】
土日祭日

【お問い合わせ】
045-401-9317

【赤ちゃんデータ】
駐車場 ◯
雨の日 ◯
ベビーカー ◯
売店 ◯
おむつ交換台 ◯

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

工場見学したあとは、お土産を購入!

さまざまな商品が購入できます

醤油の画像,工場見学,神奈川,

横浜醤油の工場を見学したあとは、工場で生産された商品を購入することができます。ご自宅用にプレゼント用に、お土産として購入されてみてはいかがでしょうか。いろいろな種類の商品があります。ここでは、横浜醤油で人気の高い製品をご紹介します。

【1】こいくちしょうゆ(本醸造)金ラベル

老舗が自信を持っておすすめする醤油

こいくち醤油の画像,工場見学,神奈川,出典:www.yokohama-syouyu.com

じっくりと長い時間をかけて熟成させた伝統の製法で作られた、無添加のこいくちしょうゆです。無添加であることはもちろんのこと、味も風味もコクもあるので、料理に使うと味に格段の差がでます。

たとえば豆腐にかけて食べてみると、この醤油本来の美味しさがわかります。価格も350円からとお安めなので、ぜひ試してみては?

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【2】食べる醤油(スタンダード、にんにく、ゆず)

ごはんのおともやパパのお酒のおつまみに

食べる醤油,工場見学,神奈川,出典:www.yokohama-syouyu.com

食べる醤油という、一風変わったものもあります。人気が高く、売り切れることも多いそう!プレーン、にんにく入り、ゆず入りの三種類あります。ごはんの上に乗せて食べたり、生野菜をつけて食べたりと、幅広く使えます。

パパのために、お酒のつまみに買っていってあげるのもいいかも。ぜひ工場見学のときに購入しておきたいですね。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

横浜醤油の見学の申込方法(予約、見学条件)

予約必須!土日祝日は見学不可

横浜醤油の見学,工場見学,神奈川,出典:www.google.co.jp

工場見学はあらかじめ予約が必要です。少人数、グループや団体でも予約ができます。あらかじめ電話やファックス、横浜醤油株式会社のwebサイトの申し込みフォームから申し込みをしておきましょう。

工場見学は土曜日と日曜日、祝日はできませんので、親子で見学をするのなら、平日を選んで申し込みをしておくとよいでしょう。幼稚園や小学校に通っている子どもは、冬休みなどの期間を利用して見学するとよいでしょう。

申し込みの電話受付時間は午前9時から午後5時までです。見学時間は、大体30分~1時間程度です。工場見学はもろみ工場が東北にあるため、見学ができるのは火入れ工程からとなります。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

今回は横浜醤油の工場見学について紹介させていただきました。いかがでしたか?横浜醤油は横浜生まれの醤油で、無添加の手作り醤油です。

醤油の製造過程を見学できる機会なんてあまりありませんよね。おいしくて有名な横浜醤油の工場見学を見ることによって、勉強にもなりますし、楽しめるのではないでしょうか。ぜひ一度みなさんで訪れてみてください。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。