【1】日立シビックセンターの見どころ

すごく分かりやすい展示物がたくさん!

シャボン玉七変化,日立シビックセンター科学館,天球劇場,おすすめ出典:www.civic.jp

シビックセンター内の8階から10階が科学館となっています。地下1階でチケットを買ってからエレベーターに乗り込みますが、もうこのエレベーターから既にロケット発射の雰囲気がする造りとなっていて、科学館がどんな感じなのか期待でドキドキしてしまいますよ。

子どもが目をキラキラさせて見ている展示はいくつかありますが、その1つが9階にあるサイエンススタジオで行われている巨大シャボン玉実験です。

とにかく今まで見たこともない大きなシャボン玉を、自分も作りたい!やってみたい!!という子どもたちの気持ちが伝わってきて、いつもすごい賑わっています。

家でも作ってみたい!とおねだりする子どももいるかもしれないので、大きなシャボン玉のつくり方をスタッフに確認して帰ってくださいね。

それ以外でのお薦めは、ドリームライド「ブル」です。CG映像に合わせて揺れ動くのですが、とっても楽しくてみんなキャーキャー言って盛り上がりますよ。でも、こちらのアトラクションは、110センチ未満は乗車できないので注意してください。

【2】日立シビックセンター科学館へ行くには

チケットは?お土産は?気になること。

ミュージアムショップ,日立シビックセンター科学館,天球劇場,おすすめ出典:www.civic.jp

日立シビックセンター科学館は、毎月最終月曜日と年末年始が休館で、それ以外でも臨時休館があるので、おでかけする前には確認してください。開館時間は、10時~18時で最終入館は17時となっています。

電車で行かれる場合は、JR常磐線の日立駅で降りてほど近いのところにあるので、迷うこともありませんし、子どもでも歩き疲れるということがないので、おすすめです。

入館料は小中学生320円、高校生以上の大人は520円、幼児は無料なんですよ。天体劇場(プラネタリウム)の入館料も同じで幼児は無料となっているので、小さいうちに何度も足を運んで、科学に興味を持たせるのもいいですね。

小さいうちから地球の不思議に触れて、いろいろな世界に興味を持つようになれば嬉しいですよね。お土産もいろいろ面白そうな物が売っていて、恐竜の卵や、実験グッズ、宇宙食、手作り望遠鏡など、大人も楽しめそうです。

予約要否等の基本情報

【見学条件】個人は予約不要(30名以上の団体は要予約)
【個人・団体】個人、団体可
【営業時間】10:00~18:00(入館は17:00まで)
【所要時間】
【料金】科学館のみ:大人(高校生以上)520円、小中学生・65歳以上および障害者320円、幼児無料
【休業日】毎月最終月曜(祝日等の場合は開館)、年末年始、臨時休館日
【問い合わせ先】0294-24-7731
【住所】茨城県日立市幸町1-21-1
【アクセス】JR常磐線「日立」駅から徒歩3分。常磐自動車道「日立中央IC」より車で8分。
【その他注意事項】なし

まとめ

子連れで行きたくなるおすすめの科学館をご紹介しました!遊んで学べる科学館として、子どもから大人まで広く楽しむことができる日立シビックセンター科学館。大きなシャボン玉や、CG映像に合わせて揺れ動くドリームライド「ブル」には、子どもも喜ぶこと間違いなしです。

今回ご紹介した内容以外にも見所はたくさんございますので、次のおでかけは日立市の日立シビックセンター科学館に行かれてはいかがですか?

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。