プレイジムとは

赤ちゃんが楽しく遊べるスペースを作ってあげよう

TINY LOVE ジミニー・ムーブ&プレイ,プレイジム,プレイマット,選び方出典:amzn.to

プレイジムとは、マットにアーチ上のものが取り付けてあり、そこから色々なおもちゃが吊り下げられているマットのことです。

ねんね期の赤ちゃんも生後3ヶ月くらいになったら、目の前の色んなものを触ってみたくなります。プレイジムがあれば、上から吊り下げられたおもちゃを見て触って楽しむことができます。

メロディーがなるタイプなら音を楽しむこともできますよ!

カラフルでかわいいものが多いので、ママが家事をしているときに1人で遊ばせることができますし、おむつ替えのときもプレイジムがあれば赤ちゃんはご機嫌でしょう。また、プレイジムは赤ちゃんから幼児まで使うことができます。

クッション性があるので床で遊んでも痛くなく、怪我の防止や防音効果があります。

ジョイント式なので敷きたい場所に合わせてお好みの大きさにすることができるのも便利です。

この記事に関連するリンクはこちら

プレイジム・プレイマットの選び方のポイント

赤ちゃんが楽しく快適に遊べるものを選ぼう

プレイジムでねんねしている赤ちゃん,プレイジム,プレイマット,選び方

プレイジムはかわいいものがたくさん有るので、どれにするか悩んでしまいますね。そこで、選ぶ時のポイントをご紹介します。

まず、赤ちゃんが寝ころんで遊ぶものなので、マットは洗えるものを選ぶとよいでしょう。

そして、上から吊るされたおもちゃは、赤ちゃんが触るだけでなく口に入れてしまうことも有りますので、取り外して洗えるものを選ぶといつも清潔にしておけます。

赤ちゃんはカラフルな色や光、音が鳴るものを好むことが多く、赤ちゃんが1人で楽しく過ごせるようなものを選ぶと、ママも家事で目を離さなくてはいけないときに安心です。

プレイマットは撥水加工がされているものなら飲み物をこぼしても安心です。エンボス加工がされているものですと、まだしっかり歩けない子どもでも滑りにくくて安全。

マンションにお住まいの方は、厚みのあるプレイマットを選ぶと、防音効果が高くなるので安心です。

プレイジム・プレイマットのメーカーと主な商品のご紹介

おすすめプレイジム:レインフォレスト デラックスジム/Fisher-Price社

レインフォレスト デラックスジム,プレイジム,プレイマット,選び方出典:amzn.to

イメージがつかめたら、実際にお店やネットショップを利用してプレイジム・プレイマットを探してみましょう。

アメリカ生まれのベビートイブランド、フィッシャープライスはカラフルで楽しいおもちゃが多いので、小さな子どもに人気です。

Fisher-Price社の「フィッシャープライス レインフォレスト デラックスジム」は、動物をモチーフにしたベビージムで、カラフルで仕掛けがたくさんあってとても楽しいです。

つり下がった動物のおもちゃはミラーがついていたり、ビーズの音が鳴ったりするので、赤ちゃんも1人で楽しむことができます!

赤ちゃんが動く振動に反応してライトがついたり音楽が鳴ったりしますので、赤ちゃんはご機嫌で遊べるでしょう。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

おすすめマット:ジョイントマット/CBジャパン

CBジャパン社 ジョイントマット,プレイジム,プレイマット,選び方出典:amzn.to

プレイジムを直接床に敷くのは、転んだり倒れた時に心配ですね。そこで活躍するのが、プレイマットです。

CBジャパン「ジョイントマットシリーズ カラーマット8枚組」は柔らかい素材で種類も充実。取り付け方も簡単なので、安全に床に敷いて遊ばせることができます。

ジョイント式なので、汚れた部分は外して洗うことができて大変便利です。

バラバラにすれば、使わないときはコンパクトに収納できます。防音効果や衝撃吸収効果もありますので、子どもを安心して遊ばせることができるでしょう。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか?最初は寝てばかりの赤ちゃんが、成長につれて起きている時間が増え、活発に動き回るようになり、かわいらしい表情を見せてくれるようになります。

成長がうれしい反面、ママは家事や仕事に追われて、なかなか赤ちゃんにつきっきりになれないのが本音。

プレイジムとプレイマットを上手に活用し、育児と家事を両立して上手に時間をやりくりしたいですね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。