(2)子どもが思いがけずはまった工作

【1】「まっくろくろすけ」の美容院

,子ども,工作,園

ハサミを覚えた子供の永遠の憧れは、「美容院ごっこ」ですよね。

お人形の髪の毛を、見事にざんばらに切っちゃう子も。その憧れを叶え、出来上がった作品も、うまくすれば楽しめる「まっくろくろすけ」の美容院です。

「まっくろくろすけ」はご存じ、『となりのトトロ』のキャラクター。ボーボーになったくろすけを、ハサミを使って散髪してあげる工作です。

【1-2】作り方

,子ども,工作,園

① 毛糸を、ボンボンを作る要領で、ぐるぐると巻き取ります。

② 毛糸で真ん中を縛って、ハサミで輪っかの部分を切ります。

③ お子さんに渡します。カットをお願いするのですが、「ここは美容院ですか~?髪の毛が伸びちゃって、カットをお願いします」などと、ちょっとごっこ遊びを入れると好評でした。

④ お子さんがハサミで毛糸をカットします。手を切らないよう注意…(でも、見ていると余計ハラハラしますよね)

⑤ カット完了!白フェルトに黒の油性ペンで目を描き、ボンドではりつけて完成。

後ろに安全ピンを装着し、ブローチにしたり、マグネットを接着して、冷蔵庫に飾るのもお勧めです。

毛糸は数種類を混ぜて使っても、面白いものが出来上がります。ご自宅で余っているもので充分ですし、100円ショップなどで子供と一緒に色を選ぶのも楽しいですよ。

また、いくつも作ると、毛糸くずの山になります。そんな時はもう一品…。

ビニール袋に毛糸くずを詰めて、マジックやシールで目鼻をつけて、透明テルテル坊主の完成。

子供と一緒に毛糸くずを詰め詰め。片付けも兼ねられます。

【2】カッチカチの銀の玉

,子ども,工作,園

自分が5歳か6歳くらいのとき、「俺はこのビー玉を鍛えるんだ」と、来る日も来る日もビー玉を壁にぶつけている同級生がいました。

自分の手で鍛え上げた、何よりも硬いもの。魅力ですね。

そんなお子さんに、アルミホイルで作る銀の玉です。上手く作ると、結構な大きさになり、しかもカッチカチになりますよ。

【2-1】作り方

,子ども,工作,園

① アルミホイルを適当な大きさに切る。

② 丸める。

③ 机などの硬く平らな場所を使って、角を潰し、カッチカチに丸く成形していく。

カッチカチにしていくと、小さくなるので、アルミホイルを切って包み、同じように成形して、大きくしてもよいです。

アルミホイルに輪ゴムや毛糸、タコ糸などを巻き込んで成形すると、クリスマスオーナメントにもなります。

まとめ

子供が思いがけずはまった工作、いかがだったでしょうか。ぜひぜひ、試してみてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。