【なすの種類別調理方法(1)】白い長なす・下町美人

美白でほっそりうらやましいなす

下町美人 白ナス,なす,子ども,料理出典:PIXTA

一瞬大根?と見間違えるほどの、白くて細長い、美しいなすは白い長なす、下町美人という名前で呼ばれているそうです。

果肉もきめ細やかで、加熱するとフワフワの食感になるそうです。

せっかくなので、この白さをキープしたまま食卓に上げて、家族を驚かせたいですよね。

ポイントは、切ったらすぐに塩水につけておくこと。アクによって変色するのを抑えることができるそうです。

炒める場合は一度素揚げしてからが良いでしょう。揚げびだしや煮物、汁物なら、白だしを使えば色が変わらず綺麗に仕上がります。もちろん、そのまま天ぷらにするのもおすすめです。

一見するとなすとはわからないのを利用して、お子さんの食わず嫌いを直すのにも一役かってくれそうですよね。

皮は硬いのでしま模様に切るか取り除き、一口大にカットして調理しましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【なすの種類別調理方法(2)】米なす

アメリカ生まれの日本育ち

米なす なす 種類,なす,子ども,料理出典:PIXTA

アメリカ産の、大きな丸い「ブラックビューティー」という品種のなすを、日本で改良したものがこの米なすという品種です。

読み方は「こめなす」ではなく、「べいなす」と読みます。

米なすは、へただけでなく茎も葉脈も緑色をしています。日本で露地栽培されているなすは、多くが全体的に黒いので、そこも大きな違いと言えますね。

煮崩れしにくいのが特長で、しっかりなすを食べた感が味わえる、主役になれるなすです。

煮物や焼き物、揚げ物や田楽などがおすすめ。縦半分に切った米なすの断面に格子状に切れ目を入れたら、素揚げして肉味噌をかけるか、味噌マヨソースを塗ってトースターで5分焼くかしてみてください。

なす嫌いな子どもでもこれだけはパクパク食べる、と評判のレシピです。

この記事に関連するリンクはこちら

【なすの種類別調理方法(3)】トロなす

食感と味わいがまさに「トロ」!

トロなす なす 種類,なす,子ども,料理出典:PIXTA

「ヒルナンデス!」でも紹介された、なんとも珍しい名前の「トロなす」。

口の中でとろけてしまうなめらかな食感と、お寿司のトロのような濃厚な味わいをもつことから、この名前がついたと言われているそうです。

おすすめの食べ方は、トロなすのステーキ。2センチ厚に縦にスライスし、両面をオリーブオイルでしっかりと焼きましょう。

たれはかつおぶし+しょうゆ、天つゆ、ポン酢など、お好みで。どんな味でも超美味しいくいただけます。

オイルをバターに替えて、バターしょうゆで食べても間違いないそうです!

トロトロのなすは噛まなくてもいいほど柔らかいので、まだ歯がない赤ちゃんのための離乳食にもいいですよね。

ただトロなすは皮が硬い白なすの系統なので、皮は取り除いて果肉の部分だけをあげましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

いつもスーパーで見るお馴染みのなすではない、おもしろいなすを中心に紹介いたしました。

プレミアムなこだわりのなすで、食欲の秋を楽しんでみてはいかがでしょうか。

カロリー控えめで、ヘルシーなのも嬉しいですよね。いつもと違う食卓で、秋の夜長、家族の会話も弾みますね。

この記事に関連するリンクはこちら

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード