ハーフバースデーの由来と意味は?

日本では生後半年をお祝いするイベント

アメリカ 誕生日お祝い,ハーフバースデー,祝い方,準備出典:PIXTA

ハーフバースデーは、イギリスやアメリカで、夏休み等で学校がお休みの時期に誕生日を迎える友達がお祝いをしてもらえないということで、誕生日の半年前もしくは半年後にお祝いをしよう、という風習が由来になっているそうです。

それが日本では、生後6ヶ月になった赤ちゃんが1歳の半分の年齢になったタイミングでのお祝い、として定着していったようです。

ハーフバースデーで赤ちゃんの成長を祝おう

生後6ヶ月は、寝返りができるようになる、人見知りをするようになる、離乳食が始まるなどたくさんの成長が見られる時期です。

ハーフバースデーは、そんな赤ちゃんの成長を家族みんなでお祝いできる良い機会となります。パパやママだけではなく、おじいちゃんやおばあちゃんなども呼んで特別な日にしてくださいね。

パパ・ママへのご褒美の日にしてみてもOK

赤ちゃんが生まれてから半年のお祝いはもちろんですが、パパ・ママになって半年の記念、ハーフバースデーです。

パパ・ママにとっての「ハーフバースデー」をお祝いしてみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんはまだ食べることができませんが、おいしいケーキを買ってきてみんなで食べる、外食に行って過ごしてみる、というのも思い出に残すことができるイベントとなりますよ。

ハーフバースデーのお祝いアイデアをご紹介します!

離乳食ケーキを作る

離乳食初期でも食べられる食材をケーキに見立てて

ハーフバースデーのケーキ,ハーフバースデー,祝い方,準備出典:hb.afl.rakuten.co.jp

生後6ヶ月の頃だと、ちょうど離乳食を食べ始めている頃ですよね。

いつもの離乳食を子どもの好きなキャラクターの形に盛りつける、おかゆや柔らかく煮たお野菜を使ってケーキのように見立てて作るなどしてみてはいかがでしょうか。

いつものおかゆも、見た目がちょっと違うだけで視覚が発達してきた赤ちゃんも喜んで食べてくれるかもしれませんね。

この記事に関連するリンクはこちら

部屋を飾り付け

デコアイテムを使えば簡単に飾り付けできる

ハーフバースデーの飾りつけ,ハーフバースデー,祝い方,準備

バルーンや、ガーランド、ペーパークラフトでお部屋を飾り付けてしてお祝いをするという方法もあります。

赤ちゃんの視界にも入りやすいはっきりした、赤・緑・青などの原色系の色や、金色や銀色のキラキラした折り紙で「Happy Half Birthday」という文字やキャラクターを作って壁に貼り付けて、お部屋を飾り付けしてホームパーティーを開いてみてはいかがでしょうか。

また、100均で買ってきたアイテムをうまく使って飾り付けをする、という方も多いそうです。お手軽にできるけれど、オリジナルのかわいい飾り付けができるのでおすすめですよ。

家族写真や寝相アートなど記念撮影をする

スタジオでも自宅でも撮影できる

寝相アート,ハーフバースデー,祝い方,準備

ママの顔を認識し始めるこの時期、表情も豊かになってくるので、写真を残すのにもいい時期ではないでしょうか。

写真スタジオではハーフバースデーのプランもあり、かわいい衣装がたくさんあります。スタジオの予約をして撮影しても良いでしょう。

まだお世話も多い時期なので、写真スタジオに行くのは大変という方でも、部屋の飾りつけの前で撮影するだけで、素敵な記念写真になりますよ。

また、まだねんね期のハーフバースデーのお祝いの際におすすめなのが「寝相アート」です。

「ハーフバースデー」という文字を書いた紙や、6ヶ月は1年の2分の1ということで「2分の」だけ文字を作り、1の部分に赤ちゃんを寝かせて2分の1という文字を完成させるというような寝相アートを作ってみるのもおすすめです。

おむつで名前を書いてみたり、衣装を着させてみたり、季節に応じたイベント要素を取り入れてみたり、赤ちゃんが寝ている間に飾り付けしてみたりと、アレンジ次第で様々なことができますよ。

ハーフバースデーのプレゼントは?

知育につながるものがおすすめ

知育おもちゃ 子ども,ハーフバースデー,祝い方,準備出典:PIXTA

ハーフバースデーのお祝いでプレゼントをするといっても、出産祝いでいただいているものでまだ十分で、さらに1歳の誕生日が半年後に控えているので、ハーフバースデーの時のプレゼントというものは特にしない方が多いようです。

もし、プレゼントをあげるのであれば、赤ちゃんの知育にもなる、その月齢に応じた新しい知育玩具や絵本などがおすすめです。

ご自宅でお祝いをするのが決まっていれば、部屋の飾り付けの意味を込めて、バルーンアートをプレゼントする、赤ちゃんはまだ食べられませんが、大人向けにケーキのプレゼントするなども喜ばれますよ。

まとめ

ハーフバースデーの由来やお祝いの仕方についてまとめてみました。

こうやってお祝いする、というような決まりはないようですが、赤ちゃんが生まれて6ヶ月の成長記録として、お祝いしてみてはいかがでしょうか。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。