【1】腕に輝くブレスレット

2つの材料で手軽にできます

ビーズ,100均,手作り,アクセサリー

このブレスレットは、繋ぐだけで完成しちゃうのにかわいく仕上がるブレスレットなんですよ。

【材料】
・好きなビーズ
・伸びるテグス

以上2つだけ。どちらも100均で揃えられますよ。

【作り方】
1.子どもの手首に合わせて、長さが13~14センチになるように、好きなビーズを並べます。

2.並べたビーズを伸びるテグスに通していきます。

3.伸びるテグスを結んで、結び目をビーズの中に隠し、余ったテグスを切ります。

以上で完成です!ほんの10分もあれば完成しちゃいますよ。

コツはバランス良く左右対称に並べること!

ビーズ ブレスレット 作り方 手作り,100均,手作り,アクセサリー

作る時のコツはバランス良く、大きさが違うビーズやお花やハートのビーズをつなげること。伸びるテグスは細いものよりも0.6㎜~0.8㎜のものを使うと、不恰好に伸びづらく安心です。

100均には色々な形や大きさのビーズが入っているパックがあります。その1セットで簡単に作れるのがうれしいですよね。

バザーの商品としても喜ばれそうです。簡単なので、子どもと一緒に作って楽しむのもいいですね。

【2】ビーズボールのヘアゴム

幼稚園にもつけていけちゃうヘアゴム

ビーズ ゴム 作り方 手作り,100均,手作り,アクセサリー

髪の長い女の子にヘアゴムは欠かせませんよね。こちらは、12個のビーズで作るビーズボールを使ったヘアゴムです。

【材料】
・ビーズ 12個×2=24個
・テグス
・ヘアゴム 

以上3つだけです。

【作り方】
1.ビーズをテグスに通して12個のビーズボールを作る

2.ビーズボールをヘアゴムに通して結ぶ

以上で完成です!

とはいっても、12個のビーズボールってどうやって作るの?と思うかもしれませんが、意外と簡単にできちゃうんですよ。

作る時のポイント

図のように、テグスにビーズを通していって、最後にテグスを結ぶとあっという間にボールの形になります。テグスは2号か3号を使うときれいに作れますよ。

【作る時のコツ】
・しっかりとテグスを引き締めながらビーズを通すこと。
・テグスを結んだあと、全てのビーズにもう一度テグスを通して引き締めること。

この2つのポイントでグッとボールが硬くなり、形の整ったヘアゴムになります。

ビーズを変えればアレンジ自在です

ビーズボールのヘアゴム,100均,手作り,アクセサリー

ビーズのサイズを変えればビーズボールの大きさも変わりますし、何色か使って作ればカラフルなビーズボールにもなるので、作り方は一緒でも随分と雰囲気が変わりますよ。

一見難しそうに見えますが一度できれば、次からはあっという間に作れるのでぜひお試しあれ。ピンや金具などを使っていないので、園児が安心して使用できるアイテムです。

【3】くるみボタンのヘアゴム

余っている布やはぎれで簡単に!

くるみボタン,100均,手作り,アクセサリー出典:amzn.to

幼稚園や学校の入園・入学準備の時に作った、巾着やバックのあまり生地はありませんか?その余った生地を使って簡単に作れるのが、このくるみボタンのヘアゴムです。

【材料】
・くるみボタン
・生地
・ヘアゴム
・ボンド(必要に応じて)

以上4つのみです。

【作り方】
1.ボタンより一回り大きく生地を切る

2.くるみボタンの型に生地とボタンを入れてぐっと押さえる

3.完成したくるみボタンをヘアゴムに通す

以上で完成です。

生地次第で親子揃って使えます

くるみボタンのヘアゴム,100均,手作り,アクセサリー出典:PIXTA

くるみボタンのキットも100均に売っているので、リーズナブルに作成できるアイテムです。キットによって、ボンドを使うものと使わないものがあります。

ボタンの大きさを変えてみたり、レースのリボンをパーツとしてつけたり、ビーズを貼ってみたりとアレンジは自由自在。

子どもにとっても、見慣れたお気に入りの生地で作られたヘアゴムはうれしいものですよね。

まとめ

どの作品も、短時間&低予算でできるものばかりです。しかも、それでいて見た目もかわいく、子どもには喜ばれるアクセサリーなのでおすすめです。

バザー用だけでなく我が子用にも、ぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか?

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。