【1】健康*リンゴ酢の牛乳割り*

リンゴ酢と牛乳でマイルドな味わいに

まず始めにご紹介したいアレンジ方法は、リンゴ酢に牛乳を混ぜて飲む方法です。牛乳をメインにリンゴ酢をお好みで入れることによって、リンゴ味の牛乳ジュースが完成します。

プレーンのヨーグルトにフルーツを入れるような感覚と似たようなアレンジ方法です。

牛乳の濃厚な味わいにリンゴの甘味とお酢の酸味がマッチングすることで、特に牛乳が苦手というお子さんでもおいしく飲むことができる一品です。

慣れない方は少量リンゴ酢を混ぜてみて、そこから味を調整しつつ独自のアレンジを生み出すと好きな味に出会うことができます。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】リンゴ酢ドリンク

はちみつを加えて甘み増大!

次にご紹介するのははちみつを混ぜる方法です。牛乳と違い、今度はリンゴ酢がメインとなります。そこにお好みではちみつを混ぜ合わせることによって甘味が増大します。

注意しなければならないのははちみつを入れすぎないことです。はちみつは少量で十分甘味を引き出すことができるので少量で抑えてください。

まだ小さいお子さんは、アナフィラキシーショックなどのおそれもありますので注意しましょう。はちみつと合わせて飲むことで特に女性には美容効果も期待できます。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】三温糖とりんご酢で酸っぱ〜い梅ジュース

梅で和風アレンジ!ジュースの革命

最後にご紹介したいのは梅とのコラボレーションです。あえて梅は種入りにした状態で容器の中に入れ、そこにリンゴ酢とお砂糖を交互に入れていきましょう。

梅とリンゴ酢のマッチングに不安を抱く方も多いと思いますが、これが意外にも合うんです。お好みに合わせてそのまま飲むのも良いでしょう。

他にも、中の梅を砕きながら梅の酸味を強くして飲む方法もおすすめです。お酢の酸味と梅の酸味に加えてリンゴのほんのりとした甘さが癖になる味を引く立たせています。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

飲み方をアレンジをすることで、マンネリ化することなくリンゴ酢を飲むことができますよね。健康のために毎日飲みたい!と思っている方にも今回ご紹介したレシピはとてもおすすめです。

大人だけに限らず、子どもにもジュースのような感覚で飲むことができるので人気絶大になること間違いありません!ぜひご家庭でやってみてください。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード