【1】万葉クリエートパーク|黒川郡

県内一長い滑り台が楽しめる

万葉クリエートパーク滑り台,宮城,アスレチック,子ども出典:www.village.ohira.miyagi.jp

パーク内の自然を活かして造られた「わんぱくランド」には、スイングネットやクライミングなど17種のアスレチック遊具の他に、県内で一番長いローラー滑り台、人口芝そり滑りがあります。

人口芝そり滑りのゲレンデは、児童用が50メートル、幼児用が30メートルと2つに分かれているので、小さいお子様も安心して遊べます。

アスレチックの他にも、誰でも気軽にゴルフをプレーできるよう工夫されたゴルフコースもあり、家族みんなで楽しめますよ。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2】牧山市民の森|石巻市

リニューアルしてますます楽しい

2014年5月にリニューアルオープン。大型の複合遊具が新設され、以前にも増して家族で楽しめるように整備されています。

アスレチック遊具、長さ約80メートルのローラー滑り台、ターザンロープなどがあり、子ども達は大はしゃぎ。

高さ14メートルの展望台からは、石巻市内が一望できます。

アスレチック遊具はどれも高さはないので、未就学児の小さなお子様でも安心ですよ。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【3】大亀山森林公園|黒川郡

地名に由来した名称のアスレチック

大亀山森林公園アスレチック,宮城,アスレチック,子ども出典:www.town.tomiya.miyagi.jp

フィールドアスレチックは、総延長800メートル、全部で21ヶ所のポイントがあり、それぞれのポイントには、「穀田の米つぶわたり」「富谷の大蛇くぐり」といった町内の地名に由来した名称がついていて面白いです。

人口芝の「ちびっこゲレンデ」は、小学生低学年用と高学年用の2種類に分かれています。

休憩所を兼ねた公園の管理棟の亀亀館(モシモシハウス)は上から見ると大きな亀の形をしていますので是非見てみてくださいね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【4】宮城県民の森|宮城郡

森の中のアスレチックで自然を満喫

宮城県民の森フィールドアスレチック,宮城,アスレチック,子ども出典:mifi.main.jp

森の中に点在するフィールドアスレチックコースは約2000メートル。秋は紅葉が綺麗で、四季折々の草花を楽しむことができます。

アスレチックコースを回りながら、また、18路線ある遊歩道を子どもと一緒に歩きながら、落ち葉や木の実を拾ったり、季節の草花を見つけたりするのも楽しいですよ。

森の中を走る抜けるローラー滑り台も子ども達に人気です。その他にも、ノルディックウォークやクラフト体験など有料イベントを随時開催しています。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

自然の中にあるアスレチックコースでは、普段は気がつかない季節を発見できたりしますね。子どもとの会話もはずむことでしょう。

今回紹介した宮城県のアスレチックスポットには、大型の無料駐車場があり安心です。ぜひお出かけしてみてはいかがでしょうか。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード