青空が突き抜けるほど眩しい太陽の下。春というよりすでに初夏を感じる爽やかな風の中、茨城県にある長いなが~い滑り台を家族みんなで滑りに行きませんか?
 
茨城県の公園長い滑り台イメージ画像※ 写真はイメージです
 
 

【1】奥日立きららの里|日立市


日本最長の滑り台を親子で楽しめる公園


茨城県の公園奥日立きららの里の画像出典:http://kiraranosato.sakura.ne.jp/suraida.html
 
 
奥日立きららの里は、48ヘクタールもある広々とした敷地の中、豊かな自然を感じながら遊べる自然体験型レクリエーション施設です。
 
おすすめポイント1:全長1,188m(滑走部877m)という日本最長の長いながーい滑り台で遊べます。ブレーキのついたボブスレータイプの乗り物に乗って颯爽と滑れば、そこはもう風の中。緑の中を走り抜けていく感覚にドキドキがとまりません。(※子どもも大人も有料となります。また、4歳以上からの利用となり、小学2年生までは大人の付き添いが必要ですのでご注意下さい。)
 
おすすめポイント2:やまびこ広場にある木製の大型アスレチックで遊べます。アスレチックは子どもが大好きな秘密基地のよう。ターザンロープや滑り台もありますので上下左右、自由自在に楽しめます。
 
おすすめポイント3:ふれあい牧場があります。ポニー、ヤギ、羊がのんびり暮らしているのを間近に見ることができます。また、有料ですがポニーに餌やり体験も!
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


奥日立きららの里


 
 

【2】小貝川ふれあい公園|下妻市


こども広場が充実している花に囲まれた公園


茨城県の公園小貝川ふれあい公園のイメージ画像※ 写真はイメージです
 
 
一級河川である小貝川の水辺を生かし、ネイチャーセンター、こども広場、フラワーゾーン、バーベキュー場などのエリアに分かれ、1日中たっぷりと遊べる公園です。
 
おすすめポイント1:小高い丘からジグザグに降りてくる長いなが~い滑り台で遊べます。地形を生かした滑り台を滑るとその爽快感にハマります。
両手をあげて滑り降りたら、また、もう一度滑りたくなること間違いなし!
 
おすすめポイント2:こども広場には長い滑り台の他にも様々なタイプの滑り台が5台もあります。また、滑り台だけでなく複合遊具が充実しているので、小さな子どもから小学生まで遊具を使ってたっぷりと遊べます。
 
おすすめポイント3:自然観測ゾーンでは、国蝶であるオオムラサキやその他の生物を保護しています。約800mの整備された自然観察路では貴重な自然林の中を散策できるのが魅力です。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


小貝川ふれあい公園


 
 

【3】北山公園|笠間市


360度の大パノラマ展望台がある公園


茨城県の公園北山公園の画像出典:http://www.kasama-kankou.jp/upsys_pro/index.php?mode=detail&code=500
 
 
茨城県観光百選にも選ばれているその景観は、綺麗な水、豊かな緑、可憐な花、澄んだ空気が織りなす自然のコラボレーションを丸ごと堪能できます。
 
おすすめポイント1:全長161mの長いなが~い滑り台で遊べます。直線コースや急カーブなど変化に富んだ滑り台は迫力満点で子どもだけでなく、大人もじゅうぶんに楽しめます。(※休憩施設に専用マットがおいてあるので自由に利用できます。)
 
おすすめポイント2:高さ23mの展望台は360度の大パノラマ。天気が良い日は日光連山や太平洋が見えることも!
 
おすすめポイント3:遊歩道が豊富。白鳥の美しい姿が見ることが出来る白鳥湖周遊コースや新池周遊コースなど森林浴を兼ねて自由に散策できます。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


北山公園


 
 

まとめ


いかがでしたか?どの公園も素敵な笑顔で溢れるなが~い滑り台がある公園ばかりです。緑の中を滑り降りる時のなんとも言えない爽快感は春から夏の休日にぴったりだと思いませんか?
 
滑り台でたくさん遊んだ後はそれぞれの公園の中を自由に散策したり、大型遊具で遊ぶことも出来ます。家族で過ごす自然派な1日もまたかけがえのない思い出になりますよ。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】奥日立きららの里


 

【2】小貝川ふれあい公園


 

【3】北山公園


 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。