日に日にあたたかさを増しているように感じることが多くなりましたね。まだまだ春は遠いようだけど、季節はそろそろ変わろうとしています。
そんな季節の移り変わりとともに周りの草木もだんだんと姿を変えていくのがこの季節の楽しみでもあったりします。春に向けてきれいな花々も蕾を開こうとしています。
そこで今回は、移り行く四季折々の美しさを肌で感じられるような植物園の特集です。身近だからこそ見過ごしていた草木の美しさを実感しなおしたり、また普段では見ることのできない植物たちに出会えたりもしますよ。愛知県内に絞っていろいろな植物園をご紹介いたします。

【1】東山動植物園|名古屋市

7000種もの植物を展示!温室や世界遺産の「合掌造りの家」も!


花見をしに名古屋の東山動植物園におでかけの画像01出典:http://nk.xtone.jp/archives/higashiyama-zoo.html
愛知県にてファミリーの人気レジャースポットとなっている東山動物園。その東山動物園と同じ敷地内に植物園が存在しています。
こちらで展示されている植物の数はなんと7000種類にも及ぶほかに、温室や世界遺産となった岐阜県白川郷から移築した「合掌造りの家」があります。
植物園は自然林を生かした展示となっているので、季節ごとに異なる木々や草花の姿を感じることができます。そのほかに見本園や薬草の道などの散策コースが用意されています。

ハイビスカスなど季節を問わず美しさを誇る温室の花々!


花見をしに名古屋の東山動植物園におでかけの画像02出典:http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/05_plant/05_05shisetsu/index.html
温室内の「サンギャラリー」ではハイビスカスやブーゲンビリアといった熱帯の花々を季節を問わず目に入れることができます。寒さが厳しい季節に熱帯の植物を目で楽しむと、なんだか気分転換になるかもしれませんね。
さらに「サガロ温室」では世界最大級と言われるサボテン、弁慶柱(サガロ)を展示。そのほか水辺の植物の様子をうかがえる「水生植物園」や「ハワイアンハウス」「中南米産植物温室」など、異なる環境でさまざまな姿を見せる植物の生態を知ることができます。

これから見頃の桜もいっぱいに楽しめる「見本園」!


花見をしに名古屋の東山動植物園におでかけの画像03出典:http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/05_plant/05_05shisetsu/index.html
バラ園、椿園、アメリカ産植物見本園、中国産植物園林、そして桜の回廊と、季節によっても原産地によっても異なる個性的な美しさを誇るお花たちでいっぱいの見本園。
これからの時期は桜の回廊が見頃。おなじみ「染井吉野」から珍しい黄色い桜「浅黄」まで100種1000本の桜が3月上旬から4月中旬まで楽しむことができます。植物園をお散歩しながらお花見というのもいいかもしれないですね。

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


東山動植物園


【2】知立(ちりゅう)公園花しょうぶ園|知立市

毎年5月25日から行われる「知立公園花しょうぶ祭」が地元で人気!


花見をしに名古屋・知立公園におでかけの画像01出典:http://www.city.chiryu.aichi.jp/0000000925.html
名鉄知立(ちりゅう)駅より徒歩10分のところにある知立公園。こちらは花しょうぶの名所として地元の人たちに長く愛されてきたスポットです。
この花しょうぶは明治神宮より御下賜いただいたもので、明治天皇と昭憲皇太后御遺愛の名品種の数々が植えられています。
毎年5月25日から6月20日までは知立公園花しょうぶ祭が開催され、15万人もの観光客が全国より訪れているそうです。お茶会やからくり人形の実演が行われる以外にも期間中は毎夜9時までライトアップが行われるので、夜の花しょうぶ園の雰囲気を感じてみるのもいいかもしれません。
一番の見ごろは6月10日頃だそうなので、いまから計画を考えてみるのも楽しそうですよ。

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


知立公園花しょうぶ園


【3】豊橋総合動植物園・のんほいパーク|豊橋市


動植物園・博物館・遊園地がいっぺんに楽しめる珍しいレジャースポット!


花見をしに名古屋・豊橋ののんほいパークにおでかけの画像01出典:http://www.toyohaku.gr.jp/tzb/index.html
豊橋ののんほいパークは、植物園・動物園・自然史博物館・遊園地の4つをひとまとめに楽しめる珍しいスポットです。
小さなお子さんでも誰もが楽しめる動物園や遊園地でいっぱい遊んだあとに、勉強に興味の出てきたお年頃のお子さんたちも楽しめる植物園に博物館と、どんな年代のファミリーにも楽しんでもらえること間違いなしです。

セグウェイで動植物園を一周!セグウェイガイドツアー!


花見をしに名古屋・豊橋ののんほいパークにおでかけの画像02出典:http://www.toyohaku.gr.jp/tzb/event/segway.html
広い動植物園内をセグウェイですいすい走りながら楽しんでみませんか?のんほいパークでは「セグウェイガイドツアー」が行われています。
初めて乗るセグウェイ、果たして乗りこなせるのかな…という方でも大丈夫。出発前に専門インストラクターからしっかり乗車講習を受けられます。
いつもよりすぐ遠くに行ける分、いつもだと気付かなかったのんほいパークの魅力を再発見できるかもしれません。
参加対象は16歳以上。毎週土・日と祝日に開催されています。

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


豊橋総合動植物園・のんほいパーク


まとめ


いかがでしたか?今回は季節の変化をより肌で感じられるような、愛知県内の植物園についてまとめてみました。
毎年気が付けば当たりの景色が気付かないうちに変わっていく…そんなことは多いですが、たまにはお子さんと身近な自然のことについてもっと詳しく知ってみるのも楽しそうですよね。
植物園は小さなお子さんとはお散歩気分で、ちょっと大きなお子さんとは研究気分で楽しめるので、年齢を問わずに親子で楽しめる場所だと思いますよ。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】東山動植物園


【2】知立公園花しょうぶ園


【3】豊橋総合動植物園・のんほいパーク


「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。